オトメン(乙男) 第7巻 (花とゆめCOMICS)

  • 751人登録
  • 3.53評価
    • (40)
    • (41)
    • (116)
    • (7)
    • (2)
  • 21レビュー
著者 : 菅野文
  • 白泉社 (2009年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592187370

オトメン(乙男) 第7巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 充太の話がとっても良くて、思わずウルっときてしまった。作者さん、こんなキュンキュンする話も書けるんですね(笑)
    それにしても、ちょいちょいでてくる紫の人。完全にガラスの仮面を思い出させて、苦笑い。
    りょうちゃんは本当に転校する、わけないか〜。

  • 都塚さん、本当に転校しちゃうのかな? 飛鳥さんが幽霊のヨリコさんを救うシーンは面白かったです★

  • サイン会の話はなんか感動した!
    結局ひっつかなかったっていうのがよかったw

  • 一話完結だったり、話を長々と引っ張らないところが好きです。
    絵もきれいすぎる。みんなかっこいい!
    合宿話でのホラー絵は深夜に読んでいたので結構怖かったです。

  • 2009年8月21日購入・読了。

  • 肝心のラブストーリーがあっさりして、起きる事件も薄味だ。

  • 結構恋愛要素が多いのかなーと思いきや、コメディ要素の方が強いように思いました。1〜7巻まで読了。

  • 充太、なんか残念だったねぇ。

  • これは、楽しい、ってか楽しすぎる!!
    思い込みだとか、勘違いをふんだんに使ってて笑えるよ、

  • 剣道部の主将を務める男の中の男・正宗飛鳥は、実はとっても乙女らしいものが大好きなオトメン(乙男)だった!!
    といっても、男の人が好きな訳ではなくあくまで乙女チックなものが大好きなだけの男の子。
    そんな彼が、格闘技を教え込まれ男よりも男らしい転校生・都塚りょうに恋をする。

    とにかく、飛鳥ちゃんのオトメンっぷりを存分に楽しむのが面白いマンガです。
    そこら辺の女の子より女の子してます。
    これを見るたびに、「あたいももっとがんばらなきゃ・・・」となぜか落ち込むmakoです。(笑)
    2009年の夏についにドラマ化決定!!

    ……ですが。
    まだ続いているにもかかわらず、読むのを断念しました。(笑)

全21件中 1 - 10件を表示

菅野文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

オトメン(乙男) 第7巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オトメン(乙男) 第7巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オトメン(乙男) 第7巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

オトメン(乙男) 第7巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする