獣王星―完全版 (1) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)

  • 373人登録
  • 3.68評価
    • (56)
    • (45)
    • (120)
    • (3)
    • (1)
  • 54レビュー
著者 : 樹なつみ
  • 白泉社 (2006年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592187615

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
樹 なつみ
有効な右矢印 無効な右矢印

獣王星―完全版 (1) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 樹なつみ先生、これまで読んできた作品が
    趣味に合わなかっただけだったのか
    そんなに惹かれなかったのですが、
    この作品は文句なく面白かったです。
    あ~何でこの作品から出会わなかったのか。
    ちょっと勉強し直してきますw
    設定・キャラクター共に素晴らしいです。
    最後がちょっと切ないですけど、
    でも最後まで納得の作品でした。
    良い作品と巡り合えて幸せです。

  • 完全版3巻読みました。
    後半が駆け足だったのが残念だったなぁ。
    折角だからトールがもっと何を考えていたか知りたかった。

  • 完全版で、3巻まで立ち読みで読了。
    絵が古かったしテンポも古かったけど、でも樹なつみらしい素敵な漫画でした。
    でもちょっとふわふわしてたかなー・・・

    ふわふわというか・・・そこが面白かったといえば面白かったんだけど、キャラはたってるけど流れが唐突でついていききれないというか。
    ざーっと早く読んじゃったっていうのもあるけど、そうでなくても多分、少し展開が速い?
    ラーイのことや、ティズのことも、出来事がいきなり起こってそれを回収しきった!というくらいキャラに寄り添って心情を舐め尽くしたいのに、シンクロする前にキャラの方が成長しちゃう みたいな。
    時間の流れも途中でガツンと切れちゃうし、状況が変わるの速い。
    最後の展開も怒涛すぎる感じ。

    多分これは、樹なつみの、手が頭の中に追いついてないんだろうなって思った。
    まだ漫画ってものを自分の手で自在に生み出せるようになっていない。
    自分の世界観や物語と取っ組み合いしているのに、慣れない道具使っているって感じがする。
    面白いんだけどね!
    ラストのラストは、あのトーイの変化は、個人的にはちょっといまいちだったかなー。

  • 2011/06/22:コミックレンタルにて全3巻読了。

  • シリーズ読了。普通に少女マンガの枠を超えて面白い。

  • あれこれ言ってられない環境での生き方。

    男のタイプ。女のタイプ。
    劇場型のストーリなので見飽きない。
    完全版ならば三巻完結です。

  • 面白くて大好きな話だ。だからこそ駆け足で話が進むのが悲しい。
    心からまっすぐに思いを寄せてくれる人。
    どうしようもなく惹かれる人。離れてから気づく大切な人。
    すれ違いが痛い。

  • 神アニメから派生。

    いろいろ書きすぎるとネタバレになるので自重します。
    ファンタジーだから仕方ないのか、ちょっと現代では考えられない思考回路に時々つっこみたくなることも。笑

    でも、ストーリーはきちんとしていて圧巻。
    3巻に収録されているザギの過去編「DEATH GAME」もいいです。

    ザギいけめん。

全54件中 1 - 10件を表示

獣王星―完全版 (1) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

獣王星―完全版 (1) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

獣王星―完全版 (1) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

獣王星―完全版 (1) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)はこんなマンガです

獣王星―完全版 (1) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする