心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 425人登録
  • 3.46評価
    • (26)
    • (41)
    • (108)
    • (7)
    • (1)
  • 37レビュー
  • 白泉社 (2007年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592187752

心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大分前に原作を読んで、なんとなく漫画の方も読んでみたくなって、まずASUKAコミックスの方を読み、からのこちら。
    作画の方が好きなので読めて良かった。
    ストーリーも登場人物も、原作のイメージよりあっさりめな印象になってるかな。
    こちらも好きな感じ。

    個人的にはトンネルの話は好きだったので、漫画で見られてよかったです。

  • ただ無くなった方の想いを見る、

    それはとても強い心が必要ですね。

  • 頁数の都合でデビュー作の「メール×トモダチ」が収録されている。

    私は神永学さんの原作未読なので、単純に都戸さんがこういう系統の作品描くのかと意外な気がした。
    2巻とも神永さんのコメントが載ってる。

  • 小説を読んでから漫画版を読んだが、あまり新鮮味がなかった。絵のタッチは綺麗。

  • 全2巻・全巻購入済

  • 2011/07/07:コミックレンタルにて全2巻読了。

  • 神永学原作の『心霊探偵八雲シリーズ』のコミック版。
    イラスト綺麗で八雲の男前度がUPしてます(笑)

    小説のボリュームから考えたら相当カットされていますが、「小説がどうしても苦手で…」という人が『心霊探偵八雲シリーズ』を読むきっかけになればいいと思います。
    でも小説の方がより面白くて内容も濃いので、ぜひとも小説版も読んでほしいです!(私は小説→コミック版)

    内容:FILE1開かずの間、FILE2トンネルの闇の途中までです。

  • 多様にメディアミクスされてる本作の中でもとても完成度が低いもの。チラリと見たドラマも、2ページくらいしか読んでない小説もそこそこ面白そうだったのに。完全に原作だのみで、コマ割から何から面白くない。「八雲」に入りやすいかなーと思って手にしてみたけど、これしか読んでない人は原作の方がまだ面白そうだって事に気づけるのだろうか…?

  • こちらの八雲設定も好き。

  • 原作は未読ですが、カバーの八雲くんの赤い目が素敵♪と思って久々に表紙買いしました。

    中身は、よくも悪くも少女漫画ですね〜。八雲くんは、はまるほどではなかったけど、なかなか好感度高し♪内容は少々薄めに感じました。もう少しストーリーが掘り下げされてもいいのになぁ…、犯人丸わかりだよ〜。

    しかし、私やっぱりホラーは苦手めのようで…。血を流す幽霊怖いよぉ…しくしく。

全37件中 1 - 10件を表示

心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする