心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 425人登録
  • 3.46評価
    • (26)
    • (41)
    • (108)
    • (7)
    • (1)
  • 37レビュー
  • 白泉社 (2007年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592187752

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
日丸屋 秀和
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 大分前に原作を読んで、なんとなく漫画の方も読んでみたくなって、まずASUKAコミックスの方を読み、からのこちら。
    作画の方が好きなので読めて良かった。
    ストーリーも登場人物も、原作のイメージよりあっさりめな印象になってるかな。
    こちらも好きな感じ。

    個人的にはトンネルの話は好きだったので、漫画で見られてよかったです。

  • ただ無くなった方の想いを見る、

    それはとても強い心が必要ですね。

  • 頁数の都合でデビュー作の「メール×トモダチ」が収録されている。

    私は神永学さんの原作未読なので、単純に都戸さんがこういう系統の作品描くのかと意外な気がした。
    2巻とも神永さんのコメントが載ってる。

  • 小説を読んでから漫画版を読んだが、あまり新鮮味がなかった。絵のタッチは綺麗。

  • 全2巻・全巻購入済

  • 2011/07/07:コミックレンタルにて全2巻読了。

  • 神永学原作の『心霊探偵八雲シリーズ』のコミック版。
    イラスト綺麗で八雲の男前度がUPしてます(笑)

    小説のボリュームから考えたら相当カットされていますが、「小説がどうしても苦手で…」という人が『心霊探偵八雲シリーズ』を読むきっかけになればいいと思います。
    でも小説の方がより面白くて内容も濃いので、ぜひとも小説版も読んでほしいです!(私は小説→コミック版)

    内容:FILE1開かずの間、FILE2トンネルの闇の途中までです。

  • 多様にメディアミクスされてる本作の中でもとても完成度が低いもの。チラリと見たドラマも、2ページくらいしか読んでない小説もそこそこ面白そうだったのに。完全に原作だのみで、コマ割から何から面白くない。「八雲」に入りやすいかなーと思って手にしてみたけど、これしか読んでない人は原作の方がまだ面白そうだって事に気づけるのだろうか…?

  • こちらの八雲設定も好き。

  • 原作は未読ですが、カバーの八雲くんの赤い目が素敵♪と思って久々に表紙買いしました。

    中身は、よくも悪くも少女漫画ですね〜。八雲くんは、はまるほどではなかったけど、なかなか好感度高し♪内容は少々薄めに感じました。もう少しストーリーが掘り下げされてもいいのになぁ…、犯人丸わかりだよ〜。

    しかし、私やっぱりホラーは苦手めのようで…。血を流す幽霊怖いよぉ…しくしく。

  • 原作に忠実で、絵もキレイ。漫画だから感じることのできるものもあると思います。

  • 小説「心霊探偵八雲」の花とゆめコミック版
    ASUKA版に比べてクオリティーが低いと感じました。
    絵も、八雲が幼く感じられる書き方で、あまり陰が無い感じ・・・

  • おススメされたのは同作家さんのオリジナル作品だったのですが、八雲のコミカライズもされてるときいて購入。

    原作未読ですが、読みやすくて面白かったです。
    こういう推理もので男女コンビって設定がツボなので、彼らの関係性の変化が非常に気になります。
    原作も読んでみようかなー。

  • 八雲の少女まんが版です。私が八雲にはまったきっかけです。原作にかぎりなくそっていて、かつ、少女マンガの雰囲気をそこなわないそんな作品です。小説読むのに、少し迷っている人はオススメです。八雲の世界観を体験してみて、その次は原作へはまってください(笑)
    八雲は少女マンガ的なかっこよさで、晴香はこっちも少女マンガ的なかわいさです。原作にある幽霊の怖さや重みは少ないかもしれないけど、言葉では言い表せない雰囲気は掴めると思います。
    神永先生が本の中で書かれていたように、女性は出かける際にバッグを必ず持って出るみたいに、文字ではかかれない所をマンガはフォローしてくれてます。逆にコミックでは顔の表情とかしぐさは描けますが、人の細かい心理描写までは描けません。そう言った意味で両方読めると言うのはすごくありがたいことです。
    本音を言うと、都戸さんでまだまだ先を描いてほしいとも思いました。

  • 八雲がかっこいい!
    晴香ちゃんがかわいい!

    原作にそってうまい具合に書かれています

    やっぱり八雲と晴香ちゃんのコンビはとても好きです

    巻末の短編マンガもいい感じです

  • 美麗な絵によるホラーシーンが迫力!な、漫画版1巻!!
    原作の小説を読んでいましたが、視覚的に人物の表情や動作が追えて
    十分に楽しめました!!

    何気に、晴香ちゃんのトラウマに関する話がぽつぽつあるんですけど
    そのサイドストーリー的な部分が好きだったりしますw

  • 心霊探偵八雲のコミカライズ版
    ずっと気になっている作品だったので
    読むきっかけになりました。

  • この改変の仕方は許容範囲以内なのでは?
    オリシナルの読み切りイイなぁ~他の作品も読んでみたい。

  • 心霊探偵八雲のマンガ版。
    絵も綺麗だし、少女マンガ的ツボも押さえてあってよかった。
    ただ後藤刑事はちょっと幼い感じがした。

  • 小説同様、面白い

  • 残念ながら私にはヒロインが無理
    やたら少女漫画っぽいのは何だと思ったら花とゆめだったのか
    たぶん小説版の方が面白い
    そして小説版の方が八雲がエロい

  • 八雲w
    すき。

  • 少女漫画でいいのか、これは…?

    絵が丁寧で、内容が分かりやすい。

  • “「僕の左目が 赤いのは 生まれつきなんだ」
    ―――…?
    「普段は コンタクトで 色を変えて 隠してる さっき殴られた時 落ちたんだろうな ……
    こんな気味の 悪い目で …」
    「何だぁ よかった〜 ケガだと 思って びっくり しちゃった」
    「…よかった? 赤い目が気味悪く ないのか…?」
    「どうして? 青い目の人だって いるわけだし 片方ずつ 目の色が違う 猫とかも 普通に いるじゃない
    片方だけ 赤いのも キレイよね」”

    原作とちょこまか違うところがあった。
    八雲かっこいー。
    メール×トモダチもよかった。

    “「あっ ねえ 名前教えて 本当の名前!
    よかったら また 会えないかな ボタンひとつじゃ 切れない友達に なりたいの」
    「まだ 分からない?」”

  • 心霊探偵八雲 マンガ版

全37件中 1 - 25件を表示

心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (花とゆめCOMICSスペシャル)はこんなマンガです

ツイートする