花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 365人登録
  • 3.64評価
    • (36)
    • (39)
    • (81)
    • (5)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 中条比紗也
  • 白泉社 (2007年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592187875

花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 憧れのハイジャンパー佐野泉に会うために、アメリカから男子校に転入してきた女の子芦屋瑞樹の話。

    色々とご都合主義なんだけど、絵が綺麗だし、なんだかんだで読みふけってしまう。

    続編というか、番外編が発売になってて懐かしくて勢いで買ってしまいました。
    以前単行本を持っていたのにいつの間にか手放していたので再購入です。

    無理矢理だなぁ〜とか、寒いセリフだなぁ〜とか思うんですが、ニヤけてしまうんですよね〜(´∀`)

  • ドラマでタイトルを聞いたことがあったので何気なく手に取りました。

    ヒロインの女の子が天然で愛らしく、楽しく読めました。

  • 全13巻

  • ドラマの内容が原作そのままだとは思って欲しくない。

  • 女の子が性別偽り男子校へ。
    今やアリガチな設定だけど。
    でも、それなりに面白いと思う。

    少女漫画家によく見られるけど、一つの作品を描いてるうちにどんどんどんどん絵柄やコマ割りが変わる。
    中条比紗也も同じく。
    第一話と最終話を読み比べれば一目瞭然。

    真っ黒・・・とまではいかないけど限りなく黒に近かった原稿が、だんだん白ーくなってくる。
    ほんと、びっくりするくらい。
    こんなもんなのか?

    ドラマ化は、まったくもって最悪。
    なんで漫画をドラマにする必要があるの?
    何よりストーリーがぶっ飛びすぎてる。
    ありえなさ過ぎる。

    最近漫画や小説の映画化・ドラマ化が多過ぎです。
    なんか残念。

  • 愛蔵版を購入しました^^
    絶対あり得ない設定だったけどTV版でもかなり期待出来て良かった。
    日本版はもちろんのこと韓国版も最高でした!

  • 実際にはそんなことあるわけないだろー!?
    だけど、漫画だからいいんです!

    佐野のドキドキ感がいい。

  • これまた王道な少女漫画の設定だけど、
    高校のころ大好きだったなぁ。
    ドラマ化されたときに、あまりのイケメン押しにちょっと
    辟易した(爆)。

  • 腐った私がダイスキな少女マンガその2。

  • 何度、読んでも胸キュンだよね☆ (笑。

全31件中 1 - 10件を表示

中条比紗也の作品

花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)に関連する談話室の質問

花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)に関連するまとめ

花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)のコミック

花ざかりの君たちへ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)のKindle版

ツイートする