君とひみつの花園 (花とゆめCOMICS)

  • 255人登録
  • 3.42評価
    • (15)
    • (28)
    • (78)
    • (3)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 林みかせ
  • 白泉社 (2006年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592188407

君とひみつの花園 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全3巻。
    男兄弟の中で男よりも男らしく育ったナツ。しかし好きな人に『自分よりも強い』『自分よりもかっこいい』『自分よりももてる』と散々フラれまくり、全寮制のお嬢様学校に通い女らしくなることを決意する。そこであったのは、とても可愛らしい自分の理想のような女の子。しかし、その可愛らしい女の子は、実は男なのです…。

    藤の女装姿は本当にかわいい。これぞ、女の子!って感じ。ナツはナツで違った可愛いらしさを持っていて、それでいてカッコいいってなんだこの子!
    ナツにも藤にも、読んでいてとてもキュンキュンしました。この方のお話は女心が本当によくわかってるなぁ。

  • 第1〜3話+読切「ラブリーデイズ」収録。兄3人の影響で男らしく育った綾瀬ナツ(漢字変換できず)は、女らしくなるため全寮制の名門校、私立星稜女学館へ入学。そこで出会ったルームメイトの紺野藤緒は、歌舞伎の修業としてやってきた男の子だった。/設定が在り来りと思い避けていた本作。藤の過去はシリアスなものの、全体的にほのぼのしていて大好きです(*´∇`*)別の意味で男女にモテるナツが素敵(笑)読切も物凄く可愛い♪初めて本誌に掲載した作品らしい、今でも好きだというファンの気持ちわかります〜!

  • 2006/05/01購入・読了・2013/08/15再読。

    最初、勿論1巻から読んだのですが、その時の感想が「微妙」の一言でした。
    オトコっぽい女の子と女っぽいオトコノコが出るあたりにあまり新鮮味もなく、ストーリー展開、ページをめくった時のドキドキ感が少なく、あまり良くなかったなー続刊しても読むかなあといった感じでした。

    ところが、2年後、3巻を読んだ時には驚きました。

    その5年後、ようやく2巻を読んでいないことに気づきました。

    ・・・・・・(´・ω・`)
    先生、いろんな意味でごめんなさい。

  • 訳ありとコンプレックス持ちの2人の女子寮物語(成長物語)。
    2人が抱えてる物が卒業する頃には無くなっていると良いよね…
    ナツの前向きに頑張る姿は応援したくなる。

  • 【再読】売るか残すかの判断のための再読。女版藤可愛い。男版はギャップがありすぎて苦手w でもナツの方が可愛くて好き。可愛くて格好いいとか最高すぎる。巻末の短編も可愛くて良かった。

  • 二人ともイロイロと可愛いくてきゅんきゅんする。
    男装女装好きな人は是非!

  • 全3巻。ヒロインが男装してサバイバル参加してる所好き

  • よくアリ設定。でも、キャラ立ち。

  • 全3巻

  • 君とひみつの花園 (花とゆめCOMICS)
    林 みかせ
    白泉社(2006-05-02)

全23件中 1 - 10件を表示

君とひみつの花園 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

林みかせの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
南 マキ
有効な右矢印 無効な右矢印

君とひみつの花園 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

君とひみつの花園 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする