WジュリエットII (1) (花とゆめCOMICS)

  • 504人登録
  • 3.50評価
    • (39)
    • (59)
    • (151)
    • (5)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 絵夢羅
  • 白泉社 (2006年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592188575

WジュリエットII (1) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 番外編を収録の続編刊行スタート。
    双子の兄ちゃん達が妹Loveだったのが好きだったので、それぞれにお相手が出来たのがやっぱり寂しいなぁ…

  • 見ての通り続編です!
    本当にこのシリーズは嬉しい!!

  • 本編のその後の番外編が収録されたWジュリⅡ。
    新婚さんな真と糸のラブラブっぷりににやにや。結局負ける糸が可愛らしくて甘々で安心する。
    Wジュリのカップルでは悠斗&茜の穏やかさが好きで、映画「グランドサン」のオーディションの回が1巻の中で好き。やる気のない監督に対する糸のキレっぷりもスカッとした。
    時先輩&伸子カップルは正反対なタイプなのに、猛獣を手懐けるチワワという構図がたまらなくツボ。結局勝てない時先輩と、実はたくましい伸子のやりとりが良い。

  • この人漫画下手になったね。あれ、前もこんなに下手だったっけ? 最初の数ページでテンションがた落ちですよ。一度ヒット飛ばした作家(&担当編集者)が以降低迷すると、過去の栄光に縋って起死回生・名誉回復したくなるのは常としても…これは駄目だろ、絵夢羅さん。真と糸の設定がそれなりに活きていた前作の良さがまるでない。白●社もさ…、切ねぇよこんなのは

  • 本編である『Wジュリエット』はまったくの未読ですが、作者が好きなのでいきなりⅡに手を出してみました。
    でも、ちゃんと楽しめる。おもしろいです!
    続編というよりも、番外編、脇キャラのその後を描いた短編(読み切り)が集まっているので読みやすい。
    そこに主人公カップルのいちゃいちゃが適度に入っているので、バランスが良い感じ♪
    そして、主人公カップルが結婚してるっていうのがまたいい。安心して読めます。 

  • 表紙がすき。きれい。
    糸さんのまっすぐさと真の一途っぷりが健在で、なおかつ幸せなストーリー。
    それぞれのキャラクターの恋を楽しめる1冊。

  • Wジュリエットのサイドストーリー。

  • たまたま手にとってみたのですよね。
    Wジュリ本編を読んだのははるか昔、忘却の彼方なのですが。
    マコトがかっこいいですよね。そして甘いですよね。

    このイチャイチャぶりを平然と書けるのが
    花とゆめなのでしょうねー。
    なんというか、BL的なイチャイチャ感を感じます。
    なんでだろう? と思ったのですが、
    完全なる受容というのもそうだろうし、書き手が
    「ここまで書いても別に読者はひかないだろう」みたいな
    余裕のあらわれもそうなんだろうなあ、と。
    BL的、というよりは同人誌的なのかなあ。
    完結するまでが大事な「りぼん」とか、
    もっと生々しい付き合いを書いていきたい「デザート」とか
    そのあたりとは一線を画するのでしょうねえ。

    そんな、ファンタジーなイチャイチャっぷりが
    思う存分楽しめます。

  • 楽しさを教えてくれた

  • 2巻も有り!

全39件中 1 - 10件を表示

絵夢羅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

WジュリエットII (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

WジュリエットII (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする