水玉ファブリック (花とゆめCOMICS)

  • 227人登録
  • 3.37評価
    • (14)
    • (17)
    • (67)
    • (3)
    • (2)
  • 17レビュー
著者 : 林みかせ
  • 白泉社 (2007年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592188582

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

水玉ファブリック (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集。
    「導きの杖」と「星に願いを。」がお気に入り作品。
    この作者さんは、星が好きなんだろうなぁ…
    うそカノのヒロインは、天文部に所属しているよね。

  • 失恋して自信のない主人公が、ショップモデルをやることで少しずつ前向きになっていく姿に、あぁ頑張ろうって思った。

    新体操の特技が活かされたかっこいい結末がいい。

  • 【再読】売るか残すかの判断のための再読。前2本が好き。続きも読んでみたい。この作者の描くキャラみんな可愛すぎる。そしてキラキラ微笑ましい。

  • 2013/09/11購入・09/23読了。

    【水玉ファブリック】
    田上がアホ過ぎて頼が可哀想

    【杣木(そまぎ)さんちの恋愛事情】
    新しい家族を作っていく様子が良い。続きが読みたい

    【導きの杖】
    魂を満足させることの難しさが分かる

    【星に願いを。】
    両思いなのかな?季和が椛をどう思っているのかが分からなかった。

  • 背は高いけど、可愛い服が大好きな高校生、深川頼。私服登校の日、好きな人の「似合わない」の一言に傷つき、トラウマに…。ところがそんな頼が、ショーモデルをすることになり!?
    表題作他三編収録+書き下ろしの読み切り傑作集。


    祈り花で気に入ったのでどうかなと購入。割りとハートフルだったり切なかったりで、よい短編集でした。
    個人的には星に願いをが切なくて好き。あと表題の水玉ファブリックも結構好き。こういうコンプレックスものはどう持ち上げるかが楽しい。

  • 可愛い絵柄ですが、登場人物たちに陰があり、ノスタルジックな作品集でした。
    この方のモノローグ、大好きです。
    ピアノ弾きの少女が出てくる「導きの杖」と、北極星に名前を付ける「星に願いを」が琴線に触れました。

  • みかせさんの書く切なさが好き。

  • ふんわりほんわかなお話が4つ。

    「そまぎさん家の恋愛事情」が可愛くて良い。
    ラストが特に可愛い。
    「星に願いを」も好き。
    冬は苦手だけど、白い息を吐きながら満点の星空を見上げるのはなんだかすごく素敵だなぁ。

  • 短編集。表題作、ツンデレのツン発言とわかってから不憫でなりません。この作者さんのキャラは何かしら大きな不幸ごとが多い気がします。あと星に願いをが特によかったです。ハッピーでも悲しくても未来がわからないほうがいいと思える終わり方でした。

  • 絵がとてもほんわかしておってかわいらしかったです。
    ストーリーも可愛かったな。
    なんかとにかく「かわいい」のです。
    女の子なら誰だってコンプレックスがあるもんだ。

全17件中 1 - 10件を表示

水玉ファブリック (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

水玉ファブリック (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

水玉ファブリック (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水玉ファブリック (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

水玉ファブリック (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする