OZ 完全収録版1

  • 711人登録
  • 4.00評価
    • (174)
    • (86)
    • (169)
    • (2)
    • (1)
  • 122レビュー
著者 : 樹なつみ
  • 白泉社 (2004年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592188827

OZ 完全収録版1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2021年、第三次大戦後の荒廃した世界が舞台。少女と傭兵とサイバノイドは「飢えも戦いもない」という幻の科学都市、OZを目指すが…?全5巻。


    巻数は少なくても内容はしっかりしていて、まさに理想的な漫画でした。1990年代の作品なので15年以上は経っているのですが、今読んでも文句なしに面白いです。

    どのキャラも魅力的ですが、特に主人公のムトーはかっこよかった…!チャランポランなのに、どこか律儀。実力があるのに、下士官止まり。10代に見えるけど、実は22歳なムトー軍曹。そんなアンバランスなところが彼の魅力です。

  • 3巻で完結だと思って(書店にそれだけしかなかったので)買ったら実は5巻完結で、一部品切れだったという……。なのでこの版で3巻まで読んで、残りはジェッツコミックス版を図書館で借りて補完したわけ。ああ最後まで読めてよかった……。
    すっごいカッコイイ。面白い。最後まで読んで最初から読み返してみたら、メインキャラクターの変貌ぶりにびっくりする。読んでる途中は自然に感じたのにな。それくらいキャラクターが徐々に変化していく様子が丁寧に描かれてたり、要所要所のエピソードが痺れるかっこよさだったりするんだが(1024とネイトはいいね~)、基本プロットが1本ぴしっと通ってて、終盤に伏線が回収されておーっと思ったりする。
    こんど舞台になるみたいだし、コミックスの増刷を…お願いします白泉社様。
    ロボットの技術も進歩したし、冷戦は終わった。それでも「人間ってなんだ」とは今も問い続けられていて答えはたぶんそう簡単に出ない。
    「人間に近づく事とは…より不完全なものへとなっていく事なのでしょうか…」1019が言う場面は印象的。まさに正鵠を得ているのかも。

    男も女も機械も無造作にタラしこむ童顔軍人・ムトーのキャラ造形はほんとちょっとズルイ。作中、私はヴィアンカに共感する点が多々ありましたねえ(笑)。世が世なら彼女がいちばん幸せになれるタイプなのに、戦国時代に生まれたばっかりに。

  • 電子無料。前に舞台で観たけど読んでくうちに段々思い出してきた。19が可愛いんだよね。

  • 全5巻読了。第三次大戦の核ミサイルにより植物は枯死し全世界で内乱多発。その大戦前に一つの頭脳集団が造った飢えも戦いもない最先端の科学都市「OZ」。そこを目指す中で成長する少女。より人間へと近づいていくAI。初めての(多分…)恋をする軍曹。SF的で少女漫画的な美しいエンディング。読み始めると止まらない。息子に読みなさいと薦められる正しい漫画。息子いないけど。ちなみに完全版は主に背景・トーンワークを加筆修正したそう。

  • ムトーもかっこいいけどなんだかネイトがすごく好きだったりする。ラストは感動。

  • 私の漫画史に衝撃と変革をもたらした作品。出逢えた幸運に大感謝。

  • 全4巻。完全版全5巻。

    SF、OZ(オズ)=ファンタジー、傭兵など、心惹かれるポイントが多数ありながらも、サクサクとスムーズに物語が進むので読みやすいです。
    樹なつみ作品の中で一番好きです。

  • 小学生で読んだ作品。
    樹なつみを集めたくて完全版で購入。
    十何年振りに読み返したがやっぱり面白い!!

  • 世界が核によって崩壊したその後・・・のお話。それが1990年。たしかにそれ以前、いつかは第三次世界大戦が起こり、核兵器によって人は滅びるのではないか・・・21世紀なんて夢のまた夢・・・みたいな話はいくつもありました。しかし、色々なことはありつつも人は滅びることもなくこうして営みを続けている。不思議な気がします。傭兵の武藤。天才少女フィリシア。フィリシアの兄リオンが作った1019と1021。傭兵仲間のネイト。フィリシアノ姉、ヴィアンカ。OZを目指す旅ヘ

  • オズの魔法使いにそれとなくなぞらえた登場人物。少女漫画ですが立派なSFもの。お薦めしたい。機械と心、少女と傭兵。

全122件中 1 - 10件を表示

OZ 完全収録版1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

OZ 完全収録版1を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする