いっしょにねようよ 第6巻 (花とゆめCOMICS)

  • 556人登録
  • 4.02評価
    • (60)
    • (80)
    • (45)
    • (4)
    • (1)
  • 63レビュー
著者 : 高尾滋
  • 白泉社 (2012年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592190264

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

いっしょにねようよ 第6巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いちこの「抱きしめてよ...っ!」というセリフの重さ。一巻から夢中で読んできたわたしにはなによりも響いた。

  • 完結巻。
    ほかの高尾作品に比べてちょっと物足りない。

  • ぶたれている古白が、いちこちゃんを思い出して笑むところがすごく心にきた。

  • 多分、少女漫画の王道。家出した15歳少女を拾ったのは、仮面の少年。連れ込まれたお屋敷には多士済々な住人が揃っていて…。

    一子ちゃんのトラウマと始終お面をかぶっている古白くんの設定がどちらもぶっ飛んでいて、最初は「えー?」と思っていたのですが、最初の1冊であっさりマス目が一つ進んで、主客のはっきりした分かり易い話になったと思います。一子の良くできたお母さんぶりと、ちょいちょい顔を出す危うさが、きらきらと素敵でした。でも古白には最後まで感情移入しづらかったです。うーん。

    ともあれ、実に王道に人間関係が混じり合い、結び合って、全6巻綺麗にまとまっています。サブキャラ達の心模様ももう少し深めてほしかったけど、これくらいの余韻を残して終わる方が潔かったのかもしれません。終盤全く出てこなかった一子姉、結構好きだったんだけどなあ(苦笑)。

  • なんと終わってしまった。

    いつか続きを描いてくださると信じています。

  • 最終巻…もっと一子たちを見ていたかった。仮面を取った古白、もっと大人っぽいイメージが…。2話扉絵の裏にあるイラストより童顔になっている気がします。天を仰ぐ古白と、一子を抱きしめる古白、それぞれの場面にとても感動しました。33話をトムくんのために使ってくれたのも嬉しい!最終話ラストといい、高尾さんの作品は愛が溢れていて素敵。古白の幽霊が見える理由や春香の過去や新たな三角関係(!)などが気になりますが、これ以上語らない方が良いのかも。

  • いっしょにねようよ読了!高尾滋は最強だな!もやもやしつつ、これからも前途多難なんだろうけど、読後感がただただ堪りません。

  • 驚くほどにほんわ〜り、ほんわ〜かしたお話でした。絵のタッチもあるんですかねえ?
    高尾滋先生の作品はこれが初めてだったのもあり、古白くんの顔は想像していたものとは違ったんですが、よくよく考えるとイメージ通りでした。

  • もうちょっと続き見たかったなぁ

  • どの作品も素晴らしいよね、絵も可愛らしくって魅力的です☆
    作品の中の1つ1つのシーンが好きすぎて困る。
    話の展開も予想を上回ってくれて、さらに好きな展開で締めてくれるので個人的にはハズレの少ない作品です。
    ふんわりほっこりできます。

全63件中 1 - 10件を表示

いっしょにねようよ 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いっしょにねようよ 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いっしょにねようよ 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

いっしょにねようよ 第6巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする