姫君と三匹の獣 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 120人登録
  • 3.33評価
    • (7)
    • (7)
    • (19)
    • (6)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : ミユキ蜜蜂
  • 白泉社 (2009年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592190318

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

姫君と三匹の獣 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 珍しく、書店の店頭でジャケ買いした作品です。
    「超大型新人、誕生!!」って帯が付いてて、王女の相手が好きな黒髪クール系だったので、興味を惹かれました。

    確かに、新人の割に絵がきれい。
    三獣士も名前がちょっと安易な感じはしましたけど、コメディもあったりと、なかなか面白く読めました。

    まあ、最初の設定で、王女が賊とすんなり旅に出られたり、鴉の、人間じゃないでしょ?って感じの跳躍力や、そんなもん盗んでどうするの?ってところなどは違和感を感じることもありましたけど、まあ漫画ですしね(^^ゞ

    このまま宝を探しに旅に出ると、話を広げすぎてグダグダになってしまいそうですので、そこそこでまとまって完結するといいなと思います。

  • 10/03/19

    2巻が発売されたので、1巻を買ってみた。
    深窓の令嬢。王国の姫が盗賊団の一人と出会い、城を出て見分を広めよう。って話し。

    キャプテンレッドを思い出したわ。

  • 2009/9/23購入・9/28読了。

    良くも悪くも平和に暮らしていたお姫様・バイオレットが、3人構成の盗賊団「三獣士」と一緒に世界中を冒険して経験を深めようとする物語(予定)。
    まだ隣町ですがきっとそうなるでしょう!

    ザ・花とゆめって確か物凄く分厚い漫画雑誌だった記憶があるので、其れに掲載されていた此方の漫画も、話数が二つの割りにボリューム満点です。

    話の感想*
    なんか重臣シド、ストーカーの域に入ってませんか?(汗
    お姫様、一人っ子だからか物凄く大切にされているのは分かるんですが、なんかもう過保護の域を超えてストーカーチック。
    しかし格好良いのでストーカーに見えない…矢張り外見って大事だよね(何

    個人的には烏くんとバイオレットの仲を応援したい所存で在ります。
    次巻が早くも楽しみです!

  • 本日発売のコミック。
    新人さんらしいけど結構面白かった。
    イラストもきれいです。

全7件中 1 - 7件を表示

姫君と三匹の獣 第1巻 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

姫君と三匹の獣 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

姫君と三匹の獣 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

姫君と三匹の獣 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

姫君と三匹の獣 第1巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする