姫君と三匹の獣 4 (花とゆめCOMICS)

  • 65人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (4)
    • (9)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : ミユキ蜜蜂
  • 白泉社 (2011年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592190349

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

姫君と三匹の獣 4 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • めでたく完結。
    ちょっとびっくりな終わり方でした。

  • 2011/04/21購入・07/02読了

    「百宝の王」の正体が分かる一冊。
    それにしても、アルバフォレスは何故「百宝の王」を
    さっさと処分しようとせずにバイオレットに託したのだろう。
    娘に正体を知らせたかったからなのか。

    久々に見られたシドが可愛らしかった。
    鴉とバイオレットのラブラブっぷりが良かった。
    ルイが両親を好きすぎるところが、凄く羨ましいというか可愛かった。
    朽縄とルナールが身を落ち着かせていたのがなんとも。

  • 11/04/19購入
    完結→売却予定

  • "百宝の王"を探し求めてフェルグス大陸へ辿り着いたバイオレットと三獣士。その他で、幻の毒草"銀染花"にまつわる鴉の過去と能力の秘密が明らかに!そして、亡き父がバイオレットに遺した想いとは―!?王女と盗賊のアドベンチャーロマン、完結!

  • 最終巻です。

    鴉の過去が明らかになり、なぜ驚異的な脚力を持っていたかの原因が分かりました。毒なんですね。
    ジャックとの関係もはっきりして、バイオレットの父王が探していたというお宝も分かりました。

    腹黒王子様との結婚が一瞬で破談になって、鴉と結婚できたみたいですけど、ということは、鴉が王様ってことなんでしょうか?
    (女王の夫?)

    すぐに子供もできたようで、これまでのクールな鴉とラブラブ鴉のギャップがちょっと大きいです。

    ちょっと後半展開が早い感じがしましたが、ハッピーエンドで終わったんで、良しとしましょう。

全5件中 1 - 5件を表示

姫君と三匹の獣 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

姫君と三匹の獣 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

姫君と三匹の獣 4 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

姫君と三匹の獣 4 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする