暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)

  • 623人登録
  • 4.33評価
    • (77)
    • (63)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 草凪みずほ
  • 白泉社 (2011年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592190875

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 阿波の人々を救ってほっと一息ついた矢先、宿敵スウォンと遭遇。
    新たな仲間ジェハを率いて一行は阿波の都を後にする。

    バトってばっかりだったせいか、惚れ薬のお話が本編じゃなくて番外編のように思える。
    木の陰からジェハに熱い視線を送るシンアがかわいいです。

  • 36-41

    阿波編終了。クムジをユナが射て終わるのは意外だったけどスッキリした終わり方だった。
    戦闘が終わった後の阿波の街で、ユナはスウォンとまさかの再会。生きてるのがばれた…。
    ジェハも晴れて旅の仲間に。最後はほれ薬(白龍の鱗)を巡ってのコメディ編。

  • 2014/12/09
    【好き】悪徳支配者:クムジを倒し、緑龍:ジェハがヨナ一行に仲間入り。 スウォンとヨナが街角で邂逅、動揺する。 ホレ薬が旅の日常に笑いと少しの切なさを提供。 出所があの白龍の婆さまだったというオチ(笑) 「川で洗濯している旦那さま」になっているハク、好きな人を口説けとヨナに言われるハク…あぁやっぱり不憫だ萌える(笑)

  • ※感想は第15巻のレビューに。

  • ほもやめてぇえええ!!!!ゼェハァ
    キジャは純粋でかわいいねえ

  • The heroine that I didn't like at the beggining of the series has developed into a character that can now give me chills of excitement. A dull and naive princess, who was powerless when on her own, has grown into a fierce girl with fire in her eyes that burns as deep as her desire to learn about and protect the country she's grown up in and comrades she's gained in it. I see this kind of character development a lot in the heros of a shounen manga, but I rarely see it in a female character, especially the heroine of a shoujo. I'm eager to continue watching her as she develops her own morals and decides what it is she wants to do.

  • 第36〜41話収録。緑龍編後半→あの人との再会→ギャグ回でした。クムジをやっつけるのは、ヨナ!可愛く格好良いヒロイン…本当に好きです。海賊との別れ方も良かった〜、船長の再登場を求む。例のあの人は驚きました…。これが今後どう転ぶのやら。ヨナが最後に頼りにするのがハクというのが良いね、二人の関係好き!最後のギャグ回、家で読んで良かったです(笑)キジャの純粋な所可愛すぎるっ!シンアの行動に爆笑!癒されました。本編と関係ないけれど、1人と1匹の出会いも爆笑でした。ぷきゅー良いキャラしてるわー。

  • 66ページの4コマで盛大に噴いてしまった。そういう出会い方なんだ…(笑)シンア可愛い。

  • スウォンとの再会

  • 【請求記号】 726.1/ク-4/7
    【登録番号】 11752
    【資料ID】 1001011752

全31件中 1 - 10件を表示

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

草凪みずほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする