暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)

  • 620人登録
  • 4.32評価
    • (76)
    • (63)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 草凪みずほ
  • 白泉社 (2011年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592190875

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 阿波の人々を救ってほっと一息ついた矢先、宿敵スウォンと遭遇。
    新たな仲間ジェハを率いて一行は阿波の都を後にする。

    バトってばっかりだったせいか、惚れ薬のお話が本編じゃなくて番外編のように思える。
    木の陰からジェハに熱い視線を送るシンアがかわいいです。

  • 36-41

    阿波編終了。クムジをユナが射て終わるのは意外だったけどスッキリした終わり方だった。
    戦闘が終わった後の阿波の街で、ユナはスウォンとまさかの再会。生きてるのがばれた…。
    ジェハも晴れて旅の仲間に。最後はほれ薬(白龍の鱗)を巡ってのコメディ編。

  • 2014/12/09
    【好き】悪徳支配者:クムジを倒し、緑龍:ジェハがヨナ一行に仲間入り。 スウォンとヨナが街角で邂逅、動揺する。 ホレ薬が旅の日常に笑いと少しの切なさを提供。 出所があの白龍の婆さまだったというオチ(笑) 「川で洗濯している旦那さま」になっているハク、好きな人を口説けとヨナに言われるハク…あぁやっぱり不憫だ萌える(笑)

  • ※感想は第15巻のレビューに。

  • ほもやめてぇえええ!!!!ゼェハァ
    キジャは純粋でかわいいねえ

  • The heroine that I didn't like at the beggining of the series has developed into a character that can now give me chills of excitement. A dull and naive princess, who was powerless when on her own, has grown into a fierce girl with fire in her eyes that burns as deep as her desire to learn about and protect the country she's grown up in and comrades she's gained in it. I see this kind of character development a lot in the heros of a shounen manga, but I rarely see it in a female character, especially the heroine of a shoujo. I'm eager to continue watching her as she develops her own morals and decides what it is she wants to do.

  • 第36〜41話収録。緑龍編後半→あの人との再会→ギャグ回でした。クムジをやっつけるのは、ヨナ!可愛く格好良いヒロイン…本当に好きです。海賊との別れ方も良かった〜、船長の再登場を求む。例のあの人は驚きました…。これが今後どう転ぶのやら。ヨナが最後に頼りにするのがハクというのが良いね、二人の関係好き!最後のギャグ回、家で読んで良かったです(笑)キジャの純粋な所可愛すぎるっ!シンアの行動に爆笑!癒されました。本編と関係ないけれど、1人と1匹の出会いも爆笑でした。ぷきゅー良いキャラしてるわー。

  • 66ページの4コマで盛大に噴いてしまった。そういう出会い方なんだ…(笑)シンア可愛い。

  • スウォンとの再会

  • 【請求記号】 726.1/ク-4/7
    【登録番号】 11752
    【資料ID】 1001011752


  • 1、
    這集的優娜超帥氣!!
    而且…少女漫畫中會讓「治癒系的女主角」真的「動手殺了人」
    我著實的嚇一大跳…@@;;;;

    不過戰爭中,殺人不可避免。
    若總讓旁邊角色雙手染血,而自己裝清白無辜~那樣我會很厭惡……
    不過又不過,或許庫吉沒死?
    呃,胸口中箭+落海,應該是死了吧@@;;;;
    那幕中~所有角色,除了拉弓的優娜以外,都傻眼了…我也是@@;;;;
    而且第一次殺人的隔天清晨,優娜並沒有感到深沉的恐懼感…
    唔,這人果然不是凡人@@


    2、
    蘇芳終於再度出現!!!!
    太久沒看到正經臉孔的他,我一時完全忘了他是誰XDDD
    心之音是:「咦~新角色?」XDDDD
    優娜當時應該是想裝傻吧!可是無法阻止自己生理上反射的顫抖…
    是說~後來哈克知道發生什麼事嗎?
    感覺優娜不會自己說(應該不想再提到蘇芳這個名字~)
    不過哈克應該從村民那會得知,王都有人來訪~


    3、
    第41話~我還以為是番外篇@@;
    輕鬆的「白龍鱗片」故事。不過也帶到了本作中著墨尚少的感情戲@@
    因為第一男主角在壓抑感情,第一女主角則還沒有心力考慮到這點。
    是說白龍幾歲了?哈克?青龍?

    嗯…來查一下好了~反正我全有買嘛@@
    (只是漫畫放臥室,電腦在書房~常常懶得走去找書XD)

    Vol.1 第1話:背景字幕說~優娜15歲,差5天16歲
           優娜心之音說,堂兄蘇芳大自己3歲=18歲
           陛下說哈克18歲(和蘇芳同年)
    Vol.2 第1頁扉頁~旁邊小字寫優娜11歲,哈克13歲
    Vol.3 第16話,白龍季夏遇到優娜前,因為滿20歲被逼婚
    Vol.4 第19話,露營時,討論如何找青龍~優娜摸悠的頭
          悠說可以別把我當小孩嗎?我們只差1歲耶。旁邊小字寫15歲。
       第23話,背景字幕,14年前青龍4歲。所以現年18歲。
    Vol.6 第32話,採完千樹草後,哈克嘲笑綠龍杰巴老了10歲
            旁邊箭頭寫「現在25歲」。

    總結: 悠    15歲
        優 娜  16歲
        哈 克  18歲
        蘇 芳  18歲
        青龍席安 18歲
        白龍季夏 20歲
        綠龍杰巴 25歲

    夥伴的年紀越來越大!且綠龍最老!!!
    (不過全部年紀還是都比我小XD;;;)

    話說在少女月刊連載的漫畫,自稱美男子的角色,竟然可以設定到25歲
    這點也挺難得的@@;;;(我高中時看《獵人》,覺得雷歐力超老的呢…XDD)
    杜野亞希說,花茶店那篇,原本店長想設定20多說~被編輯打槍@@;
    為了使「讀者自我套入主角」之類的理由~最後變成高中生店長…
    是輕鬆愉快啦…不過合理性與很多手法就都不能用了orz




    4、
    是說唯一剩下的是黃龍吧!
    這種尋寶…「尋找夥伴」的故事,若目標對象只是嬰兒,
    或行將就木的95歲老婆婆…那故事會變成怎樣XD!?
    還要等優娜留長頭髮~回高華國起義倒閣哩!(vol.1的第一幕)

    再,因為是少女漫~主角與讀者群是女性~所以龍群都是男性@@
    雖然不太願意承認這點~不過這部應該算是女性向後宮吧|||orz
    不過悠、席安和杰巴對優娜的感情應該還不到「愛情」@@
    硬要說~或許算是「生活沒目標」、「找事做打發時間」那樣?
    明顯對優娜有意思的,應該只有哈克和季夏@@
    且明顯的第1男主角是哈克。擁有免死金牌青梅竹馬XD 季夏全無希望XD
    蘇芳則城府太深+出場次數與內心戲場面不夠,無法判斷真心。
      

  • 7巻すごく好き。
    力がないヨナとユンが頑張った。
    シンアとアオの出会い可愛すぎる。

  • 悪徳領主・クムジに支配された阿波を救うため、緑龍・ジェハが身を寄せる海賊に協力することになったヨナたち。
    ヨナはユンと共に人身売買の取引現場に潜入し、ハクたちに合図の花火を上げることに成功するが、敵に囲まれてしまい…。

    ユンくんが漢を見せた!(笑)
    ボコボコにされたけど、いざという時ほんと頼りになったなぁと。
    そして意外にもヨナがクムジにとどめをさすことになろうとは。
    今回は守られるだけではなかったですね。

    そしてまさかここでスウォンと再会だなんて。
    てっきり忘れ…いや忘れてませんよ!(笑)
    でもそれくらい遠い昔のような気がします…。
    相変わらずスウォンがやろうとしてることは謎でしたが。
    お互い何もせずに別れちゃったけどいいのかな、とも思いつつ。

    最後の惚れ薬の話も、久しぶりのコメディ全開で笑いました(笑)
    うん、やっぱりたまにはこういうのも必要!

  • 悪徳領主・クムジに支配された阿波を救うため、緑龍・ジェハが身を寄せる海賊に協力することになったヨナ達。
    ヨナはユンと共に人身売買の取引現場に潜入!
    ハク達が船上で戦う中、合図の花火を上げることに成功するも、敵に囲まれてしまい…。

    阿波での戦い完結編。とにかくこの街ではヨナ頑張ったなぁと。
    ついでにユンもすごく頑張ってくれました。女装したユンは可愛すぎると思う。
    そして不意打ちで現れるスウォンが心臓に悪すぎますね。マジで何故こんなところに!て感じ。
    仲間的にはジェハがいい感じのムードメーカーとして加わってくれたおかげでますます一行が面白い感じになりました。
    息抜きの惚れ薬の話は大いに笑いました。
    ジェハが意気込んでヨナを狙い、その結果のオチに凄い笑った。シンアは本当にさり気なく面白いから困る。
    そういえば途中にシンアとアオの出会い4コマがありましたが、あれも爆笑でしたね。
    いい話になりそうだったのになー的な(笑)

  • 阿波での一件が落着。
    船団でヨナがクムジに放った射姿に、これが姫の表情かと震え
    丸で獲物を喰らう獣の様な瞳でした。

    時折ヨナが見せるこの表情は国内を揺るがそうとする予感がします。

  • めっちゃおもろーぃヽ(*´∀`)ノ

  • ジェハ巻w阿波の話すごく好きだーv

  • だんだん少年漫画っぽくなってきましたが、相変わらす面白い。
    ヨナ姫が健気で可愛いです。

    だけどラストのほれ薬のエピソードは思いっきり笑わされました。
    緊張のあとのギャグ、という緩急もなかなかよいテンポのストーリーでした。

  • 前巻の続きで、クムジの船に囮として潜入した、ヨナとユン。なかなかうまくいかないけど、合図の花火をあげることができて、危ないところをジェハに助けられます。お姫様の危機にかけつけるのは、ハクかと思っていたので、意外に思いました。クムジに矢をいかけたりするときのヨナの顔がなんともいえませんね。

    クムジの件は解決し、ジェハも仲間になって、楽しい旅になりそうです。けっこう、ジェハの性格、好きです。

    そんな中、父の敵のスウォンと再会。スウォンは、ヨナが死んだものと思っていたみたいですけど、なんか思っていたのと様子が違いました。力ずくでヨナを手に入れたい!って感じはしないんですよね。ちょっと忘れてましたけど、彼との今後も気になるところです。

    最後は、惚れ薬、白龍の鱗のお話ですが、ジェハじゃないけど、ハクに飲ませてみたかったー。ヨナに迫るハク・・・、想像つかないなぁ。

  • 軽く流した化け物に含まれる意味に深さにごふっときた。
    船長かっこいいよ…!

    個人的には、倒したところで別にひっかかりも何もあんまり思わないのね、とは思ったけども。
    まだまだ序盤な気がします。
    ほんと削られることなく全部かききってほしいと思う。

  • 2011 11/23読了。WonderGooで購入。
    ヨナたち一行は港湾都市に圧政を敷く領主を海賊たちと協力して倒す。
    その晩はひとしきり宴会で盛り上がるも、翌日ヨナは思わぬ人物と出くわし・・・。
    そして縛られることを嫌う緑龍は・・・と、盛りだくさんの巻。
    ヨナがずっと練習してきた弓で敵の首領を射殺すシーンが印象的。
    そうなったのに、それでも・・・という、再会のシーンもまた。

  • 間のずばばばな四コマがわたしに大ヒットでした。そして、そんなユン君が大好きです。船長とジェハのやり取りもたまらぬでした。「女の口説き方を知らないのかい?」という船長の言葉でジェハがこんな感じに成長したのかなとか思ったらもう・・・・・・。後半のモテ期なジェハさんには、すごく腹筋が鍛えられました。シリアスな部分とところどころの笑わせてくれる部分が相変わらずたまらず好きです。

  • 偶然の再会の下りがなかなか良かったです。ちょっとテンションあがった。

  • 巻を増すごとにヨナの目力に圧倒されます。
    ギガン船長の台詞がいちいちカッコイイんですけど!

全31件中 1 - 25件を表示

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする