ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 9 (花とゆめCOMICS)

  • 453人登録
  • 3.99評価
    • (40)
    • (55)
    • (29)
    • (3)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2010年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592190936

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 9 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 結構、みんなの感想を気にしているということが「1/4のたわごと」に書いてあったのですが、人の感想見ても、あんまりそれにこだわらずにかいて欲しいと思います。
    読者って、勝手なものだから。
    声の大きな読者と作者が一緒になって走って、いい結果になったことって、あんまり知らない……。

    いいひ……

    今は、見たくないものを突きつけられたと感じても、それが実は大切なものだったことに気づくこともあるかもしれません。

    好きなキャラクターが、自分の思い通りに動かないのが悲しいのはわかるけど、それは、作者に直接お願いして変えてもらうものではないと思います。

    あと、サイコメトリーは、のぞきと一緒なので、本人の許可なしにしてはいけないと思います。

  • とっても暖かくなる物語。連の中学時代の読み切りの「キミは友達」、最高に良かった!少年時代にあまりの重荷を背負ってしまった連がこうやって人との出会いを重ね、そして見守られてきたのかと思うと感無量。

  • ひさびさの新刊です。
    アメリカのEPIAに向かった蓮とカチコですが、こっそり裏で動く輪が凄すぎます。携帯に細工をして、合い言葉で会話ができるようにしたり、EPIAのマザーコンピュータをハッキングしたり、ESPが枯れたように見せるカプセル作ったり・・・・、どこまでが輪なのか紫苑なのか?って感じもしましたけど、人間離れしすぎてます。

    未来路さんは今回ちょっと、へたれっぷりが際立ってますが、紫苑を目の前にしてのボケとかいいですね。関西弁っていうかは京都弁ですか。なんかボケてるときに使われるとなごみます。あと、今回カチコのママ、パメラも大いに出てきましたが、パメラに一人残されたあとの未来路のしょんぼり姿も涙を誘います(^^ゞ

    最後に短編で、中学生くらいの輪と同級生の話が入っているんですけど、なんかしんみりしちゃいました。たまに輪の昔のエピソードを見ると、ぼく地球世代としては、懐かしくなりますね。

  • 蓮と輪とカチコのアメリカ行き!
    パメラとカチコの誕生秘話とかもすごく興味あったし、何より今回は輪君が大活躍なので、個人的には大満足☆
    EPIAのホストコンピュータに浸入するんだけど、あれはまあ、ESPでもあるけど、ハッキングとかの能力もハンパないよね。
    あれは前世の記憶。エンジニアだったシオンのせいななのかな。とにかく輪くんが小林輪っぽくてかっこいいww
    そして優しい。
    ミクロがヘタレなのは今回のでようわかりましたw
    パメラとカチコ、次の巻は母娘の話になるかな。楽しみだなぁ。
    あとこの巻には、14歳の輪君を描いた外伝が入ってて、すっごいよかった(´∀`)
    綸すきーにはたまらん!

  • やっぱり輪がかっこいい!

    2010.12定価購入  /  2010.12.12読了

  • コアなぼく地球Fanからは良い感想ってあんまり聞かないけれど
    我はこれはこれでいいんじゃないかと…。
    惰性で読んでるところもあるけどやっぱり輪が大好き。
    輪がDQNであればあるほどいいねーw
    結局今のところ(多分)地球最強の超能力者である輪がどうなるかその行く末が気になるところ。
    いや、どうにもしない気もするけどさ、本人やる気ないし。
    家族や身の回りが幸せならそれでいい、みたいな輪がいいなぁ。
    地球云々みたいなスケールの大きいことはもうあえて考えてないつーか。
    いいから仕事しろ、輪。

  • 子供たちの為に、と輪の体を借りて暴走気味な行動を起こす紫苑が心配。パメラとカチコの再会は和んだ。未来路が今のヘタレ人生に別れを告げられるか、気になる。短編の輪中学生編も良かった。コウの本編登場に期待。

  • 本編もよかったけど、収録されてる番外編?がすごくよかった!輪にも普通に友達として理解してくれる人間がいてくれて救われたなあ…

  • 輪君がとてもカッコイイ!徹底的なやさしさに涙が出る。ソルの言葉も意味深です。番外編も良かった、二人の再開を望みます。

  • キャーシオンサンカッコイイーv

  • 輪くんがすごく優しくてびっくり。
    陰でいろいろしてるのがかっこいいです。

  • 輪君が(というかシオンが)活躍してる!ソルの顔がなんだかかっこよくなっていました。読みきりも良かったです。こうやって補完してくれるのうれしいですね。

  • カチコ母豪快だなぁw

  • 『ぼく地球』世代には床ローリングモノの次世代編。(;´Д`*)ハァハァ
    前巻あたりでは「むむむ展開に微妙に無理がありませんか日渡先生;;」とちょっと思ったりもしたんですが、9巻を読んで納得!
    っつーか、今頃になってやっと紫苑と輪の関係がしみじみ理解できました(10数年越しか?;;)
    巻末のスピンオフ的短編のおかげもあるかもしれない。この短編がまた切なくていいんだ!
    それにしてもパメラかっこいいネー(´∀`*)
    続きが楽しみだ。('-'。)(。'-')。ワクワク

  • 輪くん、久々に頑張りました。そして、ダークな紫苑も出て来て、ちょっとドキドキワクワク。楽しい。

  • カチコ母に会いに、ボストンへ。
    頭が良すぎる(考えすぎる)輪、色々予測して暗躍中w

    番外編。中学生の輪と読唇術のできる友人のお話。

  • おもしろかった!
    番外編も含め、結構好き

  • ソルくんが意外にも純情で、誤解していてゴメンって気分です。
    この巻はボク球ファンにはおいしすぎます。紫苑のかっこよさといったら・・・ 木蓮だけだというところといい、Mくんをいじめるところといい・・・
    堪能させていただきました。

  • 未来路くんの優柔不断なところ、結構好きみたいです(笑)。
    倫や紫苑みたいに力ずくで道を切り開いて行く行動力にはものすごく憧れるし、こういう人が傍に居たら自分もきっと影響を受けてしまうだろうなという気もしますが、他人の気持ちを優先してしまうあまりに自分が臆病になってしまう未来路くんだって、魅力的だと思うんですよ。

  • すごく良かった。このまま連くんにはいつまでも、良い意味で子どもでいて欲しい。普通の子ども、というのが彼の魅力だと思います。
    逆にぼく地球ファンとしては、輪くんは凄い存在でいて欲しいし、活躍しないと寂しいので、輪くんの優しさと凄さが伝わる活躍で良かったです◎ 加えて、番外も含め、紫苑と輪がお互いを大切に思ってるのが伝わって嬉しくなりました。
    ジェフとパメラとの再会シーンのカチコの笑顔が、気持ちがよく伝わってきてこっちまで嬉しくなりました。

  • 輪が親身になると身を削って頑張るっていうのはわかる気はするんですが、なんかトンデモ発明家ですねー。まぁ、ぼく地球の時も設計図とか描いてたしそのへんは気にしない方向でw
    パメラさんが男前なかっこいい人で、カチコとお互いに大喜びしてる姿が印象的でした。
    しかし、女性のプライベートルームにこっそり入り込むとかはなんだかなー。ホントにトラブル体質な主人公で(苦笑)。

    輪の学生の頃のエピソードとか見てると、紫苑さん割といろんな人に目撃されてる気がしますw

  • パメラとの再開シーン、二人の全開の笑顔にほろり。
    輪がこっそりかっこよかった。

    巻末の中学生日記(笑)の輪がめっちゃかわいい件。

  • 輪クンを心底「良いヤツ」と初めて思えた巻。

  • カチコ編。
    輪が紫苑と重なってカッコよくなりつつあるなぁ。と、思ったかも。

    個人的には、巻末の短編の方がよかったかな。次世代編と本編とをつなぐ間の話は、割と読んでみたい。まあ、蛇足と言えば蛇足なんだろうが。

全27件中 1 - 25件を表示

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 9 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 9 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 9 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 9 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 9 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 9 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする