ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)

  • 302人登録
  • 4.04評価
    • (26)
    • (33)
    • (21)
    • (1)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2013年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592190974

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 電車で読んでても泣いてしまう。あそこで、あのおっさん出すのは、ほんと反則であります。泣け!いうてるようなもんであります。
    多感な思春期に、ぼく地球を読んだことは、私の人生の中でもかなり大きなことだった。
    月を観れば泣けてくるし(おい)、生きることについて深く考えさせられるし、一緒にいて心地いい人は前世で何かあったのかも…とか思っちゃうし(おい)。
    でもねぇ、ほんと読んでよかった。私の中の良いものの主軸を作ってくれた物語だった気がするのだ。
    誰かがいつもそばにいてくれることが、如何に奇跡であるか、幸せであるか、深く考えさせられたからね。
    輪くんも蓮くんも、それぞれが戦っています。なんか巻き込まれてる奴もいるけど(苦笑)。次で決着でしょうか。紫苑、戻ってきておくれ!!

  • 三巻に渡るイレギュラーバウンド未だ終わらず。しかも気になる終り方。どうなるんだー。
    ラズローとキャーが出てきたら涙腺崩壊するわ。装丁が変わっちゃったのは寂しいな。花ゆめコミックス一目見たらすぐに見つけられたのに、ちょっと探しちゃった。

  • 友人より。

    懐かしのマンガの続編。微妙に知ってたけど、まじまじと読むのは初。
    キャーの姿を見て、涙が止まらなかったのはナイショ。

  • モードとおばあちゃんが出てきた時は嬉しさのあまり涙目になりました。紫苑とラズロが会えたらどんな会話をするのかとても気になります。

  • キャーとラズロが出た時点で目の前ぼやけてきた。
    キャーかわいいよー

  • キャーとの再会が嬉しいな。

  • キャーが見れたのは、嬉しかった〜‼︎
    輪がどうなってしまうかは、
    心配やけども。続き気になるまま、
    次巻になってしまった(;'A`)

  • 過去も未来も今も、その当人にとっては「今」で「今しかない」、っていうのはなんかしっくりきた。まさかのラズロとキャー!大好きだったよ~でもなんか絵が変わっているので、ちょっと違和感あったけど…

  • キラキラネームやっぱつっこまれたんだ。漫画だからいいとは思うけど、最近色んな所で区別が出来てないから難しいかも。

  • 皆が一体になって輪くんと紫苑を救おうとしている。
    苦しい子供時代を送ってきた紫苑が今皆にこんなにも愛されている事が本当に嬉しい。

全32件中 1 - 10件を表示

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

輪は遥か時の壁を越えて、紫苑を連れ戻すことを決意。そして、辿り着いた場所で出会ったのは──!? 「ぼく地球」次世代編の第13巻。 2013年9月刊。

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする