ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 15 (花とゆめCOMICS)

  • 218人登録
  • 3.95評価
    • (16)
    • (26)
    • (16)
    • (0)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2015年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592190998

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 15 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出先で読んでいたのですが、紫苑とラズロとキャーのシーンは泣けてまいった…その後の木蓮とモードも。やっぱり前世の人間関係が絡むと泣ける。幸せな展開に涙が出る~。
    これで2ndステージ終了で、次は3rdステージだそう。もう30年近くの付き合いだから、どんな内容になっても「ぼく地球」シリーズが終わるのは考えられない。続けてくれて良かった~

  • 最終回になった15巻。次回からは、ぼくは地球と歌うというタイトルになって、新たにスタートするとのこと。マザーに侵入したことを特定されてしまったので、その話も回収されてないしね。しかし、今回も涙なしには読めません。買ってすぐ読んで、町中でうるうるしてしまった。人前では読めません。次からも楽しみだなー!

  • ぼく地球の次世代シリーズ完結。
    作者様が柱のスペースで仰っておられますが、新シリーズが始まるそうです。

    ぼく月は当初は蓮の好奇心旺盛な子供らしさに付いていけず、親となった輪ありすを楽しむことに念頭を置いていましたが、かなり大人になったなと思える巻でした。

    作者様が「書きたい!」と筆を進められるストーリーは確かに魅力的で面白いのですが、最終的に輪や紫苑木蓮達が主人公っぽくなって見えたのでぼく地球そのものが壮大な伏線になったようで残念でした……。
    ぼく地球を彩る主要で大事な人物たちなんですけどね……。

    紫苑とラズロ達の再会は我慢してても涙がこみ上げるけど、木蓮のくだり、そして蓮の前世まで食い込んでくると世界は意外と狭かったのか……と冷めてしまいました。
    しかしながらぼく地球の長期連載を見事に終えられた作者様だけあって、ラストの終わり方は余韻があってすごくきれいでした。
    短編は時系列が分からないままでしたが、紫苑の楽しそうな様子可愛かったです。
    雨の後の虹を思い浮かべられるような気がしました。

  • ちょうどモクレンの花が咲く頃に最終巻が発売される…… なんてウツクシイ

    輪くんとありすの愛息子の蓮くんのすこしふしぎな冒険と日常の物語と思わせて
    実は紫苑と木蓮がしっかりと地球に転生するまでの話として完結
    本当におめでとうございます

    え、そうなの? と驚く新事実もあったけれど
    もしかしたら次シリーズの伏線なのかもなーと思ったり

    発売予定でタイトルに(完)の字がついているのを見た時、ついに終わってしまうのかと寂しく思ったけれど
    まだ続きが読めると知って、とても嬉しい

    大きくなった蓮や小林ファミリーのことも気になるけれど
    やっぱり未来路とカチコちゃん親子のその後がとても気になるので、ぜひぜひ話に盛り込んでいただけたら嬉しいです!
    先生、よろしくお願いします!

  • 前巻までの流れがおぼろげなまま読み始めたのに泣きました。 ラズロとキャーはヤバい。 キャーの絵は昔の方がかわいかったけど。「幸せになりなさい」で、昔の紫苑がわーっと思い出されて。やっぱり本編が好きだー!次世代はファンタジー 要素が強いと言うか…道徳的というか。まぁなんだかんだ言っても続きも追いかけちゃうんだ ろうなぁ。

  • 友人より。

    ヤバい... 涙が止まらない。
    皆生きてて良かったよ~(一部ニュアンスが難しいけど)
    続編もあるのか。読んでみたいな。

  • やっと読めた!良かった( ´͈ ᗨ `͈ )
    なんかいろいろやっと落ち着いた
    って、感じ( ´͈ ᗨ `͈ )
    懐かしい面々が出てきて、
    昔のを読み返したくなった(笑)

  • 急展開で終わっちゃった。
    シオンとラズロ&キャーのシーン。
    あれが描きたくって、この続編考えたのでは…とか裏読みしつつ、ティッシュ片手に読んでました。
    ボク地球があったからこその、この15巻の感動かなーとも思いますが。
    とりあえず、気持ちよい終わり方してくれたので好き。

  • 14巻まで一気読みしてからの、時間を置いて15巻だったので、正直なんであんな緊迫した状況から始まってるのか思い出せなかったけれど、懐かしの方々オールスターとの再会にはジーンと来てしまう。
    まさか木蓮のお父さんまで出てくるとは・・・あの人好き。
    途中ちょっとくどいなぁ〜と思うこともあったけど、続編としてはなかなかの出来だった。
    次のシリーズもあるみたいな描き方だったけど、これ以上前世との因縁を持ってくるのもどうなのかと思うので、成長したカチコちゃんと蓮の恋物語あたりか?

全26件中 1 - 10件を表示

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 15 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 15 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 15 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

『生死の境』で行き交う皆の想い…。前世を巡る感動の再会が果たされる中、遂に蓮の前世が明らかに!? その人物とは…?特別編「雨の日のピクニック」も収録して、「ぼく地球」次世代編、堂々完結!!
2015年3月刊。

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 15 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 15 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする