赤髪の白雪姫 6 (花とゆめCOMICS)

  • 968人登録
  • 4.32評価
    • (132)
    • (95)
    • (43)
    • (0)
    • (1)
  • 68レビュー
  • 白泉社 (2011年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592191056

赤髪の白雪姫 6 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  •  白雪受難編。
     ゼン王子の行く先には、未来にも、その走る先にも白雪がいる。そのゼンに白雪は惚れ直すんだよ。可愛いったらありしゃしない。ああ少女マンガだなぁ…。

     一方、鈍くさいラジ王子。
     アニメーション版の最大の見せ場は原作では少し控えめかあ。これは残念だ、全く……。

  • タンバルンの山賊vs海賊の対立は、正直よくわからなかった。でも、白雪を助けるために敵との間に颯爽と立ちはだかったゼンの背中が最高に格好良かったので、細かいことはこの際どうでもいい。ほんともう、王子様なんなの…格好良すぎて胸が苦しい。王子様が登場するマンガは星の数ほどあるけれど、メンタルも含めて、これだけ王子らしく格好良く描いているマンガは稀有だと思う。いや、本当の王子がどういう人なのか知らないけど、「皆が夢見る王子様」はここにいるよ…!助けた後に二人きりになった時のゼンと白雪の抱擁も、なんどページを前後したかわからない。最高だ、、、。先生ありがとうございます。

  • ゼンが兄上に自分の想いを伝える所が、良かったです♪
    本当にカッコイイよ‼︎
    ラジ王子も成長している姿も描かれたり、双子が可愛かったりと見所が沢山ですね。
    オビの淡い恋心の行く末も気になります。

  • 木々嬢綺麗格好いい……! っつか、オビもミツヒデもゼンもついでにラジも、みんな格好よすぎっ!!

  • 何度も言うけどオビがたまりません♪

    オビの言動がツボだったり出番が多かったりする巻はついつい★5つつけちゃいます(笑)

    そして今回は木々がかっこ良かった&木々を心配するミツヒデの姿も良かった╰(*´︶`*)╯

    彼等は本当に信頼しあってますねえ。

  • ラジ王子がかっこいい……だと……?

  • それぞれの想いを胸に迎えた、舞踏会の夜。抵抗虚しく、遂に白雪は美少年に攫われてしまう。クラリネスの城で知らせを受け取ったゼンは、白雪救助のためにタンバルンヘ向かう。一方オビはタンバルンから単独で白雪の後を追い、山中で居場所を突き止めるが、既に白雪は別の何者かに美少年ごと攫われた後で…⁉

  • この人のさ~絵は好きなんだけどさ~なんか展開が下手な気が…(´^ω^`)
    "王家の友人"の称号を与えられた者だ!!←脱馬鹿かあいい

  • 鉤爪にさらわれた白雪を助けに来たゼンと、
    その後2人きりのシーンはニヤニヤする(笑)

  • 美少年が意外にも敵ではなさそうな。つーか、もっとヤバイ感じに。ゼン王子もかっこいいけど、オビももちろんかっこいい。ラジ王子もかっこいい。しかし、木々さんがめっちゃかっこいい。

  • 白雪はオビと共にタンバルンの城に滞在中。
    一方、白雪を狙う謎の輩を捜索するゼン達は、彼らに白雪の居場所がばれた事を知る。
    白雪の身を案じたゼンはイザナの反対を押し切って自らタンバルンを目指す!
    しかし夜会の日、ついに白雪の身に危険が!

    表紙がダブル王子。まさかラジ王子が表紙に出てくる日があるとはなぁ。
    一話では本当にろくでもない王子だったけど、このタンバルン滞在でかなり気持ちが変化していってて、ちょっとカッコ良く見えてきた。
    攫われた白雪の捜索に協力する姿は感動もの(ダメ王子の成長を感じる)
    あとオビも今回いつにもまして思いつめた顔がカッコ良かったです。
    責任感じてるオビ大変素敵。
    山賊に海賊まで出てきてどうなるかと思ったけど、何とか治まりそうで一安心。
    ラストのマジギレ気味なゼンのいい笑顔が最高でした。

  • “『——…いや 前にも似たような事2回もあったし
    なんてことないんだけどね』”

    どきどき。
    髪下ろし木々さん素敵すぎ。
    ラジ王子が段々好きになるよ!ほんと!!
    ずっと付き合ってるサカキさんが良いなぁ。

    “「海賊ども!聞こえるか!!
    貴様らが手を出した赤髪の娘はこのタンバルンで唯一人
    "王家の友人"の称号を与えられた者だ!!
    このまま逃げられると思わぬことだな」
    「……友人…そのような称号があったとは 初めて耳にしました」
    「今作ったのだ!動揺させる作戦だ
    だが嘘ではない」
    「それはおめでとうございます」”

  • 太久沒看了,都忘了前情,但前情提要的內容一大段又都是廢話…orz 那種簡單的主角群人物關係當然還記得啦……讀者還是有一點記憶力的好不好|||orz 要提醒的應該是,與本集有關的主要配角吧!畢竟橫跨2個國家的幻想故事,又發展到Vol.6了,角色數量實在是很多欸!唉,哪天尖端79折以下時才全部買下,自己打個人物關係圖好的@@;

    來說劇情。因為我都忘得差不多了,連封面2人是誰都認不出來XD(其中1人還是男主角XDD) 黑白與彩色的差距當然也是原因啦!畢竟單行本的扉頁都是黑白的~@@ 根本沒有那個FU~

    桀找到歐畢的那隻鳥我原本還想說超威的!作者繼續利用之前鋪過的劇情來埋梗這招不錯。讓故事不會像看完即可忘光光零散短篇。

    話說這集得的發展越來越像女性向後宮了XD 帥氣型的女主角已經變成治癒系那類的了(汗) 感覺秋月空太的編劇習慣有點慢慢在改變…雖然說那也是當然的啦……畢竟這部《赤髮白雪姬》是秋月的第1本單行本~連載到現在耶!尚未定型的新人,加上長時間多年的連載,會改變也是當然的~@@

    我挺喜歡秋月在這部作品的CG彩稿,感覺很輕賞舒服。秋月不會刻意的賣弄電腦特效,讓CG也能呈現水彩般的舒爽~。所以扉頁變成單色讓我覺得好可惜~@@;(若是另位最近我在追作品的漫畫家~杜野亞希,則是彩稿單色印刷反而較好看XD|||)

    「海之勾爪」女頭目的1號表情挺有趣的。

    木木很帥。真是女性的偶像!歐畢應該是目前最喜歡的角色~因為很有趣(再加上我習慣性的會同情沒希望的男角XD)

  • ラジ王子の成長過程を楽しんでる。

  • うわあ王子'sかっこいい…ラジをかっこいいと思う時が来るとは!やるじゃん!あとやっぱゼンかっこいいなあ。キレたゼンやばいです。白雪もヒロインとして可愛くてやっぱ前向きさがかっこよくて愛しいなあ。

  • 本屋さんで「キュン死にします!!」というpopに惹かれ一気に購入。
    ゼンと白雪のほのぼのラブストーリーに癒されます。

    ほかのキャラも面白く、番外編や4コマがもっと読みたいww

  • ラジ王子がびっくりするほどかっこよくなった。

    というか、ここにきてラジ王子に一番萌えを感じるんですけど私おかしいのかな。

    オビもかっこいいけど、マダオの成長に胸熱。

  • 5巻が後ろ姿で、6巻にはゼンとのツーショット…じわじわくるラジに噴いた(^q^)だけど、表紙に出られるくらいには成長したと思うw

  • 白雪を探す謎の人物の正体とその目的は?ラジ王子は王子として何をどうすべきなのか決断出来るのか?ゼンは王子として、また恋人として白雪を守れるのか?風雲急を告げる6巻ですが、次巻までどうなるの?!と言う程厳しい状況では待たされません。一番のピンチはとりあえず脱したところで以下まて次巻!正直単行本派は次が出るまでが長いので助かりました……。
    オビはもちろん、ミツヒデや木々も、まさかのラジ王子も恰好良いです。最初の巻の馬鹿王子っぷりはもはやありません。迷いながら戸惑いながらも、成長しております。何だか愛しくなってきた…。でもやっぱりゼンが恰好良いですね。今回は今までと違って本当になす術もなかった白雪が、我慢出来ず鳴き出すシーンは胸が痛い。次巻でのゼン王子の報復に期待です。

  • とっても良かった!やっぱり好きだ。ゼンが本当にかっこよかったです。凛としてるし男らしいし肝が座ってるというか譲らない。譲らない為にできる事とその努力。それに相応しくありたいと上を向く白雪もいいなと思います。ぎりぎりまでちゃんと自分で立ってて強いなと思いました。最後はきゅんとしました。で、ゼンは行っちゃうんだなー。こわいこわい。抑えてたからそれはもう仕方ないですね。怒りを内側に抑えてしまうゼンと、軌道修正するミツヒデ木々の主従関係もいいですよね。最後、白雪の側にもっといてあげてもいいのよと思いつつ(笑)それだとでもゼンと白雪じゃないもんね。そんな2人だから好きなんだし。ひとまずは白雪が無事戻れてほっとしました。
    オビは前巻に引き続きちょと切ないですね。更に護りきれず。オビとゼンは少し似てるよなぁと思いました。表に出さない怒りというか。静かにふつふつと切れる感じ。同じだからオビの気持ちが理解出来るんだろうなと。山の頭領はさすがに観察眼あるんだなとか思いました。本当はそんな顔してるんだなって台詞。そういう何気ない台詞で物語構成していく力量もすごいなと思います。
    ラジ王子が段々かわいくなってきましたね。そして木々つよい(笑)合間漫画が。ミツヒデ…(笑)

  • 白雪のために怒り心頭なゼンとオビが格好良くて! オビが素敵すぎていっそ切なくなる。

  • ふむふむ、話が佳境に入ってきましたね!オビがかわいい回でしたねー。必死で。ゼンの周りの人たちも素敵だ。ミツヒデと木々がゼンの背中を思いっきり叩くところ、いいですよね!よく理解している人たちが周りにいることは素敵だ。でも話の流れがおぼろげなのでまた読み直さないとw

  • 白雪はオビと共にタンバルンの城に滞在していた。
    ラジ王子との関係も少しずつ変化していく中、夜会当日、白雪は噂の「美少年」と対峙する――。
    一方、白雪を狙う輩を探していたゼンも、彼女の居場所が知られてしまったことを案じ、兄王子イザナの反対を押し切ってタンバルンへと向かうが…。

    すんごく盛り上がってるんだけど、詰め込み過ぎ&スピード展開でじゃっかんもったいない気が…。
    新しくステキなキャラがどんどん登場してるのに、あっという間に展開が進んでしまうので、ちょっとついていくのが大変でした。
    もうちょっとゆっくり丁寧に進んでも良かったんじゃないかなぁと思いつつも、この巻の最後でちゃんとゼンと再会できたのは見事。

    そしてオビファンとしては嬉しいんだか、悲しいんだか複雑な巻でもありました。
    ずっと正装なのも嬉しいのに、お姫ちゃんナイスアシストだよ! それがキッカケで2Pも悶々としてくれたよ!!(笑)
    白雪がさらわれた後の殺伐とした雰囲気もステキですが、でも最後はやっぱりまるっとゼンに持っていかれたのでそこはちょっと複雑なんだなぁ…。

    あと個人的にはミツヒデ×木々が!!
    もうどっちなんですかこの二人は!(笑)
    絶対ただの相棒なだけじゃないような、でも全然甘い雰囲気もなくてウガウガします。ウガウガします!!(笑)

    ラジ王子も当初に比べれば素晴らしい成長を…!
    でもどっこもかしこも白雪争奪戦の様相をていしてきたので、ほんとの意味で今「ヒロイン」だよね白雪…(笑)

  • もう脳内で何回オビと連呼したことか。白雪とオビの服がすてき。
    いろんなオビが見れました。個人的にはナイトポジションのくせに倒れるオビが一押しです←

    あとで加筆します

全68件中 1 - 25件を表示

赤髪の白雪姫 6 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

赤髪の白雪姫 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

赤髪の白雪姫 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤髪の白雪姫 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤髪の白雪姫 6 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする