フィルムガール 2 (花とゆめCOMICS)

  • 187人登録
  • 3.62評価
    • (9)
    • (14)
    • (14)
    • (4)
    • (1)
  • 7レビュー
  • 白泉社 (2011年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592191575

フィルムガール 2 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • アイドルオタクで元引きこもりのモデルと、地味に生きようとする元キッズモデルの女子高生。面白かった。

    ただ、アイドルオタクではなく、ヒロインの追っかけという設定ができれば良かったな…。

    あと、書き下ろし?がどうなんだろう…何故ヒロインの写真まで手放す必要があるの?ハッピーエンドだよね?これ。

  • 全二巻。

    元『キッズモデル』の鳴。
    当時の大人の裏発言『鳴は地味だから』で傷つき、モデルを辞めて地味〜に生きてきた。
    が。
    現モデル(当時の『ヒッキー&オタク』であった)司朗に引っ張られ、再度カメラの前へ立つ事へ。
    どんどん 周りを引きつけるようになる鳴。
    まるで羽化していくようです。
    単身赴任から帰って来た父親に反対されるが、納得してもらう。
    司朗も『クール・セクシー』からショーデビューしていく。

    何だかんだいいながら、良いカンジでほんわか、馴染んでる。
    これから二人とも頑張れ!

    司朗的には面白くない場面も多々ありますが・・・(^_^;)
    応援!

    二巻の後編には2作品短編掲載。

  • 人気モデル司朗の紹介で、再びモデルとしての道を歩み出した地味ガール中村鳴。司朗が実はアイドルオタクであることを、ライバルの三純に知られてしまい…!? 凸凹モデルライフ完結巻!! 読み切り「暗夜行路」「ワンダフル・カフェにようこそ」併録。

  • ネガティブな二人がかわいい
    特に大事件が起きるわけでもないのだけれど、コツコツ生きている二人のおはなし

  • ようやくの完結ですね。
    一言で言えば司朗よかったねぇ…。
    鳴にとってもすごく未来ある終わり方だったのですがなんだか一押し足りないなと思ってみたり。
    1巻がかなりはまったのでそのせいかしら?

全7件中 1 - 7件を表示

フィルムガール 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フィルムガール 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フィルムガール 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フィルムガール 2 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする