狼陛下の花嫁 3 (花とゆめCOMICS)

  • 495人登録
  • 3.79評価
    • (27)
    • (67)
    • (52)
    • (2)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 可歌まと
  • 白泉社 (2010年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592191636

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

狼陛下の花嫁 3 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うわ――相変わらずのほほんとしてるなぁ。この世界の人達。
    悪者役の人も本当の意味で悪者ではない(笑)続きが気になるというよりこののほほん状態を読んで楽しみたい。癒される。
    言葉遣いとか世界観とかあまり史実に忠実ではないかもしれないけれど、このお話ではそういうことを問題にしてはいけない。ベタといえばベタだけど、これはこれで王道を進んでいてイイ。じわじわ来る感じだなぁ。

  • 黎翔は狼陛下も子犬も素だって言うけど、子犬は計算なんじゃないかと思えてきたw

  • ライバルと幼なじみ登場とかベタでよろしいです

  • 再読。正妃第一候補の紅珠と仲良くなったり、実家に帰省したり、面白い3巻です。ライバルが出てこようが陛下が揺らぐどころか夕鈴しか見てないので、安心してニヤニヤしながら読めるラブコメ。押し倒した時はどうしようかと悶えました。押し倒してる時に狼から無邪気な子犬に変わるとは…陛下、ずるいです!いつも楽しみな巻末おまけ漫画で、夕鈴のくしゃみにときめく陛下は何度読んでも笑ってしまうw

  • 冷酷非情な狼陛下の臨時花嫁役になった夕鈴の前に、正妃の第一候補・紅珠が現れる。
    可愛らしい紅珠に応援したくなる夕鈴だったが、彼女に対する陛下の態度は冷たく…。

    夕鈴の気持ちも分かるんだけどね、君はいい子ちゃん過ぎるよ…!
    でも陛下が警戒するほど大したことは特になく。
    相変わらず夕鈴ピンチの時は空気を読んで助けに来てくれる陛下が素敵です。
    でも氾家はこれだけで終わらないような気がしないでもないけれど、どうなんだろう。

    そして素敵な幼なじみくんがモロ好みです。
    上司連れて里帰りってちょっと理由としてはどうなの?とか多忙な王様が王宮抜けて外泊とかまずくね?とかツッコミどころはちょこちょこあるんですが…。

  • ああ面白かったです。おもしろかったです!(大事なことなので二回(ry
    夕鈴ほんとにいいキャラだなあ(笑)
    あとまさかの夕鈴の味方が増えたのに驚きました。あの子意外とたらしよね……!!(笑)

    なんかここに来て新キャラが増えたこともあって陛下→←夕鈴っていう構図が確定しつつありますけど、
    夕鈴はいまいち自覚してない(というか必死にストップかけてる)
    陛下は好ましいと思っていても、独占欲なのかよく判らないっていう感じで微妙にズレてんですよねこの二人。
    夕鈴は狼陛下も演技じゃなく「素」なんだって気付いたらその辺りすっげぇ楽しそうだなあと思いますが(その前に「陛下は夕鈴に対して本気ではない」っていう前提も崩してもらわないといけないんですけど)問題は陛下だよなあ。
    李順に「支障があるなら即手放す」って言っていたのは多分今でも有効なんでしょうし、その手放すものってきっと夕鈴っていうよりは夕鈴を好ましく思っている自分の感情なんだろうなあっていうか。

    きっとあるよねー、今後そういうの。それを首根っこつかんで引っぱたいてそんな理由じゃ離れないとでも言って欲しいところですけど夕鈴。
    ということで、これ地味に続きが気になるからうっかり本誌買いそうで困ります(笑)次は春かあ、遠いな~。

  • 狼陛下、だんだんハマってきた。二重人格?の狼陛下はもちろんだけど、おつきのメガネもだんだんキャラが立ってきた。大臣の娘の氾紅珠ちゃんも可愛くて良い。

  • ※感想は第14巻のレビューに。

  • バイト妃をしている夕鈴も可愛いけど、下町での素の夕鈴が1番可愛い(笑)
    几鍔と夕鈴の絡みがもっと見たいな♪

  • 9-13
    特別編

全33件中 1 - 10件を表示

狼陛下の花嫁 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 3 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする