狼陛下の花嫁 4 (花とゆめCOMICS)

  • 474人登録
  • 3.84評価
    • (30)
    • (61)
    • (43)
    • (3)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 可歌まと
  • 白泉社 (2011年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592191643

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

狼陛下の花嫁 4 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  •  狼派です。(どうでもいいです)
     うわさの王子秘密の姫君で可歌さんにはまった月野ですので、一言言わせてください。
     これが長期連載になるのに、なんであれはならなかった・・・っ
     面白いのですが、リアリティがないので、切ないです。つか、「寵姫」に離宮にくっついてくる女官が一人もいないってどうなのよ。——とかつっこんでしまいました。
     つっこみにいそがしくて内容はスルーです。
     リアリティ求めるなら、某彩○国の方が面白いので、これはこれでこの道でいいと思うのですが、なんかもう少しだけでいいのでリアリティください。
     恋愛モノとして物足りない、と思っていたのですが、夕鈴がちょっと陛下を意識してます!!
     どうしよう、すごい進歩!(笑)
     ただ、陛下の方は某宦官に向かって「おまえの希望を叶える気はない」とおっしゃってますので、どうなるんさ、と思わないでもないのですがね。
     まぁ、宦官の希望ってのが夕鈴が寵姫に、ってところで、陛下の希望が「皇后」なら、希望とちゃうことになるので、そういう方向で裏切って欲しいと思ってます。
     まぁあり得ない設定は設定として、
     夕鈴の弟、無事試験に合格して登城したら「あれ、あのお后様、姉さんににてる・・・」的再会を楽しみしてます。(収束つかなそうですが)

  • 花ゆめで今(個人的に)一番アツい狼陛下の第四巻。
    前巻から続く休暇編、薬でパニック編、温泉編。プラス、夕鈴の弟、青慎視点特別編。

    休暇編はもうちょっと狼部分をプッシュして欲しかったなー。狼好きなミヤミヤとしてはちょっと物足りない。続く薬パニック編も同じく。…でもこっちは紅珠が可愛かったから、まぁいーか。

    でねでね、温泉編のね、宴の席で女官を追及する陛下が好きなんよ! 特にあの口元のアップ! かっ…こいい…! てゆーか全編に渡り狼陛下が多くて…きゃあ、いやぁん! って感じです。

    特別編は、多分作中で一番の常識人、青慎のあたふたぶりが可愛くて仕方ない。空気の読める本当にいい子なの…! でもちょっと早とちりさん。笑
    あ、あと「コネは欲しい?」の陛下が微妙に狼入ってて好きです!

    それから巻末オマケでアニキの惚れた。これは無自覚…なのか? それとも本当に妹扱いなのか? でもアニキ以外に陛下と夕鈴を争ってくれそーなキャラいないしなぁ。…しかしマジで愛が深いよ…!
    後は、青慎宛ての手紙のコマの小さい夕鈴と、最後の落ち込んでる子犬陛下が可愛い。特に陛下。目と口と眉と犬耳と肩の絶妙なバランス!

  • 夕鈴の幼馴染の男に陛下がヤキモチ焼いちゃったり、夕鈴のワガママ聞いて温泉連れてったり、陛下の愛情にドキドキの4巻。このマンガの上手なところは、幼馴染もただの当て馬じゃなくて、多分、陛下のところに来なかったら夕鈴と結ばれてたのは彼だったんだろうなーと思わせてくれる人間関係をさらっと見せてくるところ。最後まで正面切って「好き」な気持ちを夕鈴、幼馴染両方に自覚させないのも良い。陛下の前だけじゃない、夕鈴の持つホームを描いたのもイイ。ちゃんと自立した女を描いてくれる白泉社大好き。

  • ※感想は第14巻のレビューに。

  • 狼陛下のお嫁さんをイジメるって、勇者だよ…
    お嫁さんが優しい人だった事に感謝した方がいいよ、本当に…
    それにしても、温泉を満喫している夕鈴は可愛かったよ。
    私が青慎の立場なら、義理の兄になるなら几鍔がいいですね。

  • 第14〜18話+特別編(夕鈴の弟・青慎視点の話)+巻末オマケ「下町その後」収録。
    几鍔のキャラ良いね、不憫兄貴ポジション好きだよ(笑)青慎の言う通り、娘溺愛の父親のように見える。二人とも近いうちに再登場するのかも。あと、方淵の変な生真面目さ、こういうの好きという人が多そう。四コマの温泉通に噴いた。柱書きにあるように、夕鈴の故郷から戻ったと思ったらほぼ間が空かずに温泉がある離宮へと向かっていて、何となく騒々しい。これ離宮から後宮へ戻ったら、仕事溜まってるからと陛下は働きづめになりそうだ。本末転倒(笑)

  • 子犬陛下万歳\(^o^)/
    夕鈴は狼陛下にどんどん乱されていくなぁ

  • 方淵の陛下崇拝はキテいる。笑
    薬も飲まずに保管とか、あの男、面白い。

    今回の温泉旅行でも、夕鈴の力量を見せつけるいい機会となったな。彼女の頭の回転、見習いたい。

  • 温泉編。
    陛下とケンカできる夕鈴最強!

  • バイト休暇終了したので、しばらく男幼馴染の出番無しかー。
    あと温泉行きたくなってしょうがない。

  • どこまでいっても振り回されてに百面相のお嬢さん。そりゃこんな娘さんがいたら、目は離せないし手放せないよね……。基本同じことをしているだけともいえるけど、この魅力はなんだろう。

  • あれー?三角関係的な展開かと思えば几鍔って本当に夕鈴に恋愛感情ない…?むしろ父性…(^^)?いや、それはそれで萌えなくも…w

  • 再読。媚薬騒動と温泉編。本当に媚薬飲んだとしたら、陛下は無敵だと思う。温泉編では夕鈴が陛下のために提案してて健気なのに、陛下は微妙な反応。陛下は単にわがままを叶えたかったんですね。李順さんの意外すぎるスキルにはただただ驚くばかり。陛下の側近にはまず必要ないスキルだと思うのですがw父親より父親な几鍔と、ブラコンな夕鈴、温泉通な方淵など、それぞれのキャラの意外な一面が見られて楽しいおまけでした!

  • 「狼陛下」の花嫁役バイトの初休暇も、あと残り一日。
    借金返済&仕送りのため、夕鈴は後宮での仕事に一層励もうと決意を新たにする。
    しかし、彼女の幼なじみ・几鍔(きがく)は夕鈴の上司としてついてきた李翔(=陛下)の正体を訝しんでいて…。

    大根の特売で釣られてさらわれるヒロインって新しいなぁ(笑)
    でも結局、几鍔の心配は恋愛的な意味でではなく、お父さん的役割な意味でだったんですねー(笑)
    まぁでも陛下強いから大丈夫でしょう。

    そして温泉!
    養生のために行ったのに、まったく養生のためにならなかったという(笑)
    温泉いっても陰謀がモクモクしてるって、陛下はほんと心休まる場所がないような。あ、いやでも陛下にとっては夕鈴が傍にいればいいのか(笑)

    個人的には、夕鈴の弟くんの短編が面白かったです。
    しかも夕鈴ってばブラコンかい!(笑)

  • バイトの花嫁と狼と恐れられる国王の中華風恋愛物語。

    第14話
    実家に里帰り中でキガクの子分にキガクとくっつけようと画策されるけれど陛下が現れて夕鈴を連れて帰ったの巻。
    キガクは夕鈴のこと好きだろうけど恋愛とは違うような。もしくは自覚がないのかも。もっとこれぞ当て馬的なやつはいないのだろうか。

    第15話
    紅珠からもらって陛下にあげた栄養剤が実は媚薬で方淵に渡ってしまったけれど取り戻したと思ったら陛下が飲むふりをしたの巻。
    夕鈴の自覚の前兆ぽい。思い通りにならない恋は楽しいかな。でも結果がわかっているような恋よりはいいのだろう。

    第16話
    陛下を休ませるために温泉旅行にいきたいとわがままを言うものの、陛下はちっとも休んでくれなくて果実酒を飲んで酔っ払たと思ったら同衾していましたの巻。
    夕鈴から回り。陛下のためと張り切るのはいいけど、陛下が望んでいることをしてあげなきゃねえ…。押し付けがましいというか、そこが夕鈴らしいんだけれど。

    第17話
    同衾の恥ずかしさのあまり心が乱されるものの、温泉めぐりをするが女官に世話を焼かれる陛下を見てもやもやしつつも女官から嫌がらせを受けて湯あたりで倒れてしまいつつも陛下が温泉に着たくなかった理由を知って少しだけ心が近づいたの巻。
    どうしたら喜んでくれるかもわからない、というのはちょっと切ないなあ。一緒に寝るのはNGなあたり、鈴も陛下を男として意識はしているんだなあ。

    第18話
    秘湯に行ったら陛下と閉じ込められて女官に無視されていることはなんとなくいえなくて宴で女官の不手際を陛下が責めようとしたときに夕鈴がかばい立てして大団円の巻。

  • 絵はともかく、話がなかなか面白いと最初は思った。
    最近だいぶぐだってきている感じがする。

  • 狼陛下は子犬モードでも周囲への支配力は変わらないんじゃ…。
    下町兄貴過保護!
    惚れ薬とかベタなものがでてきたけど展開は別に普通だった。
    なんともいえないバランス!
    温泉行きたくなるなー。夕鈴は酔い方もかわいいww
    寝起きのシーンが好きです。4コマも。

  • 2011/04/08購入・06/26読了

    下町編・離宮編。
    かなりのドタバタ劇を見ることが出来ました。
    面白かった。
    青慎可愛い。

  • 相変わらず夕鈴は可愛い。
    しかし陛下の態度は、夕鈴を困らせるってどうして陛下だけわかってないんだ・・・。
    頑張れ夕鈴。

  • 狼陛下の臨時花嫁である夕鈴の初休暇。里帰りについてきた陛下にハラハラしながらも、ついに休暇もあと1日。そんな中、幼なじみの几鍔が夕鈴のつれてきた上司の正体を訝しみ──。

    前巻からの里帰り編が終わり、温泉旅行編まで。
    個人的にお気に入りだった几鍔があっさりフェードアウトしちゃってちょい残念かな。
    間の惚れ薬騒動はともかく、温泉旅行編はちょっと夕鈴の空回りっぷりが目立って可哀想というか何というか。いい加減陛下の演技の有無とか、そもそも陛下の気持ちとか、気付いてもバチは当たらないような?
    というか夕鈴も陛下も割と何も言わずに自己完結で色々考えたり行動するから、もう少しお互いに理解することが必要なのかも。
    何はともあれ相変わらずドタバタしてて面白いけど、進展はあんまりないかな。

  • 新刊ですね!
    なんか時々絵が荒れてる。左向きの斜め顔苦手なのかな?

  • 陛下的な意味で地味に動いたような気がするけどどうなんだろう……? でもなんか陛下って、いざとなったら「狼陛下は妃を捨てた」って風に切り捨ててしまうつもりだから、今みたいに構い倒している気がするんですよねえ。
    マジといえばマジだけど、夕鈴を傷付けてでも捨てられるし、そのくらいの自分の辛さは、当たり前だし平気だから享受するつもりだっつーか。うーん。

    まあでもぼちぼち終りに向けて話がどうにかならないと、最近ちょっと堂々巡りなかんじはするな……すきですけどね!ね!!

    そういえば、前皇帝の兄上はどうなったんだっけ死んだんだっけ? 死んでなかったらクライマックスで出てきそうですよねなんとなく……。

  • なかなか面白かったです。
    前巻から引き続きの里帰り編と惚れ薬編、温泉編と番外編の里帰りの時の裏話です。

    惚れ薬編は、結局飲まなかったんですけど、陛下か夕鈴のどっちかが飲んで、相手に迫ってるとことかも見たかったです。

    温泉編で、いじめられた夕鈴のために女官を叱責する狼陛下。本気で怒っているところ、かっこいーです。子犬陛下もいいんですけど、やっぱ狼陛下がいいです。もっと出て来て欲しい。

    番外編は、青慎の目線で陛下がかなり怪しい人に映ってましたけど、彼が官吏になったとき、陛下に会ったら驚くんだろうなって思ったら、ちょいにやけちゃいました。

    ツンデレもいいけど、そろそろラブ度UPを期待してます。

全30件中 1 - 25件を表示

狼陛下の花嫁 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 4 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする