狼陛下の花嫁 7 (花とゆめCOMICS)

  • 385人登録
  • 3.89評価
    • (26)
    • (59)
    • (37)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 可歌まと
  • 白泉社 (2012年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592191674

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

狼陛下の花嫁 7 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 休載もなく、早くも7巻!宴の夜の小話とおばば様登場編。ちまっとしていて可愛いですよね、おばば様。
    今回も夕鈴が夕鈴らしく突っ走りつつ、陛下も陛下なりに妬いたり攻めたりで色々満足です。
    描き下ろし4コマが充実していて、青慎視点の下町の夫婦を描いた4コマがツボすぎた。そうか、夕鈴無自覚か。いいですね、自然とイチャイチャしてるの。
    予告の1ページ前の2ショットも垂涎ものでした。妄想が膨らむ!

  • もうこの2人にハマってきてヤバイ。ぶっとんだバイトお妃様の夕鈴も、それに振り回される陛下もとても可愛い。ギャグパートも巻が進むにつれてテンポよくなってきて、ラブコメとして最高じゃないのかな。

  • ※感想は第14巻のレビューに。

  • 狼陛下、お嫁さんの事が大好きなんですね。お嫁さんに実家に帰りたいと言われ、あわあわしている陛下は本気で困っているよね。
    下町で、夕鈴が元気に几鍔と喧嘩している姿を見ていると、「このカップリングも悪くない。」と思ってしまいます。

  • 夕鈴、実家に緊急帰宅する回。
    事件が勃発して実家に戻ったせいか、いつもよりラブコメ感は抑え気味だったような・・・
    夕鈴の陛下調査が面白かった。

  • 花の宴も無事終了…かと思いきや、夕鈴の怒りも収まらぬまま陛下と二人きりの宴が開始!?
    怒りの理由を問い質そうと狼陛下は夕鈴に迫る。
    そんな宴が終了し落ち着きを取り戻した後宮に、夕鈴の父親の失態の知らせが…。

    あの怪しすぎる予言の人は宰相だったという…ていうか暗すぎないかこの宰相。
    花の宴も終わって一安心な夕鈴だけど、ここでお父さんがやってくれました。
    クレーマーに捕まっちゃった感じですね。
    まぁでも何だかんだおばば様とも和解できそうで何より。
    助けにきた人が一番怖いという稀有な展開が笑えた。

  • 几鍔のばあさん、食わせ者だな。。
    人のいい夕鈴はそういうところに気付けないから、利用されるだけされるんだけど。
    陛下がやきもきするのがよくわかる。後宮に入れておきたいわな、そりゃ。。

  • 花の宴も無事終了…と思いきや、夕鈴の碇も収まらぬまま、陛下と二人きりの宴が開始!?
    怒りの理由を問いただそうと狼陛下は夕鈴に迫り…。

    陛下、ほんっとに夕鈴のこと好きだよね。
    ということがよく分かる巻でした(笑) いや前からそうだったけど。
    個人的には几鍔くん再登場が嬉しかったなぁ~。
    でも結局陛下に全部持っていかれちゃったけどね(笑)

  • 腹黒陛下、これから陛下がどんな行動に出るのか楽しみ~(´∀`)

  • 購入して読了。
    たぶん発売日には・・・。

  • 狼陛下 in 下町、第二弾。

  • 2012/09/05購入・10/28読了。

    狼陛下はどういう意図でああいう行動をとっているのか謎だ…。

  • 花の宴も無事に終了した所で今度は下町で事件発生!?
    夕鈴のダメ父が几家のおばば様に失態をやらかして、その後始末のために小間使いをすることになって後宮に帰れなくなった!!??そんな夕鈴の元に狼陛下がお忍びでやってきて・・・。

    何か巻を増すごとにいちゃつき度が上がっているような(笑)狼陛下、私が好きですよ。子犬陛下よりも。そして夕鈴のテンパり具合も面白くて可愛い♪7巻では新たな新キャラも登場してます。そして夕鈴はプロ妃になれるのか??・・・プロ妃て(笑)

  • 陛下が積極的!!どうしちゃったんでしょう(笑)
    でも、ゆうりんは相変わらずうまくかわします。
    続きが気になる。

  • 今回はページの都合か、巻末のおまけ漫画とかがなくてちょっと寂しかったなー、と。
    ま、あいだにちょこちょこ挟まってたけど。

    夕鈴と陛下の距離は相変わらず付かず離れずで、やきもきするんだけど、実は双方でどうにか近づけないかともがいてるのが何とも言えず。

    この二人、ホントに意思の疎通が出来るようになるのかなぁ。
    出来て欲しいけど、このままのドタバタも面白いんだよね。

  • 花の宴も終わって、日常に戻ったと思ったら下町帰郷編へ突入。この巻では黎翔のアプローチもかなりグイグイきてます。黎翔が2歩近付くと夕鈴が一歩半下がるみたいな感じで本当に少しづつですが近づいていってる感じかな?このもどかしい関係がこのマンガの面白い所なんだけど、もう少し進展もほしい所かなぁ。次巻も楽しみです(*´∇`*)

  • 陛下は夕鈴にアプローチしまくってるのに、夕鈴の頑なさにちょっと飽きてきました。そろそろ狼陛下にも慣れてくれて、甘い感じで進んでくれていいのになぁ。夕鈴がずっと背中を逆立てた猫みたいです。

    下町話は、几鍔のおばあちゃんがインパクト大ですけど、なんか最後は夕鈴を気に入って、几鍔の嫁にって言い出しそうです。陛下は下町では役人だし、割り込んできそう。おばあちゃんと老師を対面させても面白いかも。

    新キャラの克右は、敵じゃなくて味方だったんですね。彼が王宮で妃の夕鈴と会ったときの反応はちょっと楽しみかも。

  • 無自覚でイチャついてるくせに、噛み合わないな~^^

  • どうでもいいんですけど、几鍔ってかなりいい人だな。面倒見のよいガキ大将みたいな! そして夕鈴とのあいだにまったくもって恋愛感情がない感じの掛け合い漫才が、なんでしょうね、兄妹みたいで。しっかりしようと頑張っているけどちょっと抜けてる妹をはらはらしながら口をだしてしまう兄のようで。

    陛下と夕鈴の今後はどうなるんだろうと思いつつ、ちょっとづつ陛下のバックグラウンドがちらちらみえてきました。
    今回新キャラの克右さんが「後宮の悪女」と対面したとき、どんな感じかが楽しみです。
    あと、方淵と水月のコンビは、案外いい感じかと。二人とも素直だから、父親達よりも気安いコンビかと・・・いや、でもこの二人が家を継いだら、大丈夫なのかな。おもに水月にーちゃん。

  • 夕鈴真面目だからなかなか陛下との距離が縮まらないけど

    これはこれでおもしろいから好きだ☆

  • やっぱりこの二人いいわあv

  • 陛下がだいぶ能動的にゆーりんとイチャイチャしようと頑張ってるように見えなくもない七巻目。しかし、陛下はゆーりんとどうなりたいのか。そこがわからないから面白いんですけどね。で、ゆーりんは几鍔のばー様に気に入られそうな様子です。孫の嫁に!とか言い出した所を陛下がまたかっさらって退散!!みたいな落ちが待ってたりするのでしょうか(笑)…とか、色々続きを妄想しながら来春を待ちますか~。

  • 7巻まで来たけど、全然絵が上手くならないね……。まあ、話が面白いからいいのですが、たまに気になってたまらなくなる時がある。

全26件中 1 - 25件を表示

狼陛下の花嫁 7 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

狼陛下の花嫁 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 7 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする