いつでもお天気気分 第6巻 (花とゆめCOMICS)

  • 255人登録
  • 3.97評価
    • (21)
    • (34)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 羅川真里茂
  • 白泉社 (2013年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592192466

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

いつでもお天気気分 第6巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 赤馬さんの妹、霧子ちゃんと茶道部の新入部員が登場の第6巻。
    高校1年生…可愛いです。(あ、危ない人ではありません。たぶん)

    唐突に自分の浅はかさとか甘さとか馬鹿さとかに気付いて、恥ずかしさに悶え苦しむ時がある。
    今思い出しても息苦しい、消えてなくなりたい…そんな記憶がたくさんあるし、たぶんまだまだこれからもあるだろうと思う。
    霧子ちゃんの涙が、その気持ちが、他人事ではなく切実に分かってしまってちょっと苦しかった。
    でも、気付かずにそのままでいるよりも、気付いて直す機会を得られて本当に良かったなと思えた。
    そう思わせてくれた霧子ちゃんに感謝。
    もういきなり彼女のことが大好きになってしまった。今後の活躍に期待したい。

    あと茶道部の新入部員の芝山くんとお友達になりたいな。(最初の動機は不純ですが、ちゃんと人柄にも惹かれてます)

  • 羅川さん大好きです!
    キャラがそれぞれ良い味だしていて、面白い。

    3巻で完結なのか…?と思っていたら、続きが出たものの、面白いけれど、失速感を覚える。
    その後再び盛り返してきたけど、最終巻はまだ未読。

    出版日:1994年09月25日〜2014年06月20日(7巻)か

  • ましろのおとよりこっちの方が赤僕ぽくて好き。
    この人の描く家族愛に感動させられる。

  • このマンガとも長いお付き合いだなぁ。途中長期連載はさんでたからだけど。さすがにアラフォーでこれ読むと、むしろ親の立場で見てしまう;;特にくーちゃんと秀ちゃんとこは…^^;

  • もう素直に、赤馬さんの妹になりたい!
    かといって、霧子ちゃんになりたいわけではない。

  • いつ天好き。どのキャラも好き。何度でも繰り返し読んでしまう。

  • この作品は女性陣が楽しいなあと思う。
    今回は後輩ちゃんと妹ちゃんだけど、妹ちゃんかわいい。兄に対して反抗的だけど、結局兄が好きなんだなあと思った。意地っ張りだけど、可愛い妹でいいのう赤馬さん。

  • 新入生続々投入で、もうちょっと続くみたい「いつ天」。
    正直ここまでの話がかなり好きだったので、この先の展開は読みたいような読みたくないような…三人組の卒業まで行くんでしょうか。三年生は進路進学で下級生がかき回すよーな感じになるのかな。

  • 新キャラが続々登場!赤馬さんの妹と茶道部1年生。また個性的な子たちが入ってきましたね。話を面白くしてくれそう♪進之介と御堂さん、山下のエイプリールフール話と、秀ちゃん、栗子の合コン話もあり。6巻も楽しく読めた~(^^)

  • 進之介の彼女と親友、新入生、くーちゃん。

全21件中 1 - 10件を表示

いつでもお天気気分 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いつでもお天気気分 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いつでもお天気気分 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

いつでもお天気気分 第6巻 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

いつでもお天気気分 第6巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする