はちみつとバタフライ~職人工房シリーズ~ (花とゆめCOMICS 職人工房シリーズ)

  • 126人登録
  • 4.13評価
    • (16)
    • (23)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 幸村アルト
  • 白泉社 (2012年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592192855

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はちみつとバタフライ~職人工房シリーズ~ (花とゆめCOMICS 職人工房シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全部雑誌で読んでて単行本になるのを楽しみにしてた短編集。
    職人さんや職人さんの補佐をする女の子達が頑張るお話。イラストも可愛くてお話の世界観もとても良いですvv

  • それぞれのお話が同じ世界観のもとに構成されていてとても読みやすく、またとても素敵なお話でした。

  • 絵が特に上手いわけではなくて意外性もそんなに無いけれど、すごく引き込まれる、不思議な魅力を持った作品。
    異国風の街に流れる雰囲気と登場人物達の職と恋愛に対する純粋な想いには惹かれるものがあります。
    登場する小物も可愛い!
    表題作の「はちみつとバタフライ」は特に好きで、『女の子の憧れ』が形になったような素敵な香水ショップのお話ですが、小物が可愛いし、店主の男の子がイケメン(不思議系)で思わずきゅんとしてしまいました。

  • 「支える側」と「支えられる側」の信頼関係が美しい
    正直、羨ましくなったw
    個人的に、気に入った一編は「カフェ・コルベイユの恋」ですね
    ぜひ、第二弾も出していただきたい

  • すごくかわいい。ふわふわした気持ちになる。

  • 表紙もキラキラしていたけど、内容もかわいくてきらきらしていて思わず直視できないところもありましたが、読んでいて気持ちが優しくなる素敵な話ばかりでした。私は「ビタースイート」が一番好き。

    中世のとんがり屋根を残した田舎町の中の工房ばかりが集まる場所を舞台に職人と職人補佐の関係を描いた作品とそのほかカフェの話。街の設定や職人の仕事を主役としているところが好みの作品でした。

  • あまくてふわふわしたかわいい女の子の世界なのに、一途さというか、一本筋の通ったストイックさを感じるのは、職人の話だからだろうか
    はじめの話は恋愛未満な気はしたけどw
    すきな世界、すきな話でした^^

  • とっても素敵な作品でした。
    小物や洋服もかわいいし、職業も、人形、香水、指輪、ピアノと大好きなものがぎっしり詰まっていました。
    こんな素敵な工房に、私も行きたい。

  • 中世ヨーロッパ風のメルヒェンな架空の街を舞台にした工房の職人&職人補佐(プロップマン)のラブコメオムニバス。 

    とにかく可愛い。 
    女の子たちはもちろん衣装も♪ 
    モロ好みの世界観♪ 

    指輪工房のお話が好きかな。 
    香水工房の二人はなんか微妙にエロい(笑) 
    シリーズ外だけど『カフェ・コルベイユの恋』の採用試験のピアノシーンがグッと来た♪

全11件中 1 - 10件を表示

はちみつとバタフライ~職人工房シリーズ~ (花とゆめCOMICS 職人工房シリーズ)に関連する談話室の質問

はちみつとバタフライ~職人工房シリーズ~ (花とゆめCOMICS 職人工房シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はちみつとバタフライ~職人工房シリーズ~ (花とゆめCOMICS 職人工房シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はちみつとバタフライ~職人工房シリーズ~ (花とゆめCOMICS 職人工房シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

はちみつとバタフライ~職人工房シリーズ~ (花とゆめCOMICS 職人工房シリーズ)はこんなマンガです

はちみつとバタフライ~職人工房シリーズ~ (花とゆめCOMICS 職人工房シリーズ)のKindle版

ツイートする