月の輝く夜に (花とゆめCOMICS)

  • 138人登録
  • 3.62評価
    • (11)
    • (19)
    • (26)
    • (4)
    • (0)
  • 29レビュー
  • 白泉社 (2012年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592192909

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

月の輝く夜に (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 淡々と話が進む中で、それぞれの人の醜さや悲しさが暴かれて行きます。最初の空気からは思いも寄らなかった方向に行くので、ちょっと(;´Д`)えっ、あの待ってって感じで

    誰も幸せにならないのだなぁと思います。
    なれないのではなく、ならない。
    なりたくないわけではないのに。

    このころの恋愛は総じてそうかもしてませんね。一夫多妻しかも、飽きたら捨ててもよし。
    女性は悲しすぎます。悲しすぎて、悲しすぎて、人を素直に愛せないのだと思います。
    嫌いではないですが、読後感のやり切れなさに☆三つです。

  • 切ないのう、切ないのう・・・

  • 氷室冴子だ!。
    小品ではあるけれど、完成度は高い。
    文庫が出た時は分厚いし、再収録だ、とスルーしてたんだけど、この話は読んでなかったから、漫画なら…と古本屋で立ち読み。
    派手さも、氷室冴子の醍醐味である清濁を含んだパワフルさもないんだけど、静なる重みのある話で、引いた強さがある。報われないけど。
    確かに人生にはこんな一面があって、みんなそれを胸に秘めて、でもそれなりに生きてゆくんだよなあとしみじみしました。
    余談だけど、山内直美は本当に氷室冴子を尊敬してるんだと思った。できる限り足さない引かない、で氷室冴子のファンとして感謝する。

  • 読んでよかったです。
    モノローグ調の、コミックにするには難しい作風だと思いますが、
    よく表現されてるなぁ~と関心しました。
    「物語」って感じのハッピーはお話はいくつも見てきたけど、
    これはタイプが違いますね。
    こういう思いを抱えて生きていく人達もいるんだっていう
    ほろ苦く、しんみりとした気持ちを味わえました。
    心にズガーーンと感動が訪れるようなタイプではないんだけど、
    これはこれでとても良かったです!

  • 単行本

  • 氷室冴子原作との黄金コンビである著者。
    絵の綺麗さや原作の台詞を大切にした内容でとてもしっとりと仕上がっている。

  • 故・氷室冴子氏の文庫未収録だった『月の輝く夜に』が、『なんて素敵にジャパネスク』『ざ・ちぇんじ!』同様に山内直実によってコミック化されました。

    読んでしまうのがもったいなくて積読していたのだけど、そろそろ読むかと昨晩読んでしまいました。

    夏に読まなくて良かった。

    そういえば、氷室冴子って、ひとの陰の部分を書くのも巧かったよなぁと思い出しました。名作です。

    文庫の方も出版されたようなので読んでみようっと。

  • かつて学生の頃、氷室冴子さんの原作と合わせて『ざ・ちぇんじ』や『なんて素敵にジャパネスク』を夢中で読んだ。今でも数年に一度一気読みしてしまうのです。この原作は未読だったのでふと手にとってみました。コミックにしては珍しい厚さ。

    年上の恋人、有実に娘を預かって欲しいと頼まれた貴志子。その娘、自分と二つしか違わない。
    上記の2作品のようにドタバタコメディや世間を揺るがす大きな事件などはなく、しっとりと淡々と進んでいく。貴志子も物語によく出てくるような深窓の美女などではなく普通の姫で、ポヤ~っとしている印象だった。対して有実もそれほど出世欲はなくそこそこという感じ。ちょっとアレな娘の登場もそこまで影響を及ぼすほどでもない。

    現実はそんなもんだよね…と最後まで読み進めていくうちに、そんな穏やかさの中に実は秘めていた激情があった。読了後再度読んでみて、何気ない表情や行動の描写でそれが物足りないものであってもそこかしこに意味があったことに気付かされる。
    「思い合う二人が最後には結ばれる」お決まりのハッピーエンドではない。貴志子の恋は子供じみた憧れのようなものだったかもしれない。けれどそれぞれが「どうにもならない現実」を受入れて日々を過ごしているもんだ。
    原作も読んでみようかな。

  • (No.12-77) 氷室冴子さんの原作を山内直美さんがコミック化したもの。

    小説を読んでネット検索したら、このコミックスの評判がとても良い。
    だったら読みたいと購入。

    原作をとても大切にしていて、大満足。
    原作どおりだったらあえて漫画化することないじゃない?なんて思ったあなた、ちょっと待って。

    この漫画は原作そのままにそこに絵が付いているという雰囲気なのよ。
    現代だからコミックスなんだけど、これに一番近いのが平安時代なら絵巻物かな。

    これを絵にするのはかなり難しかったのではないかしら。それぞれの人の想いをこんなに上手く表現してることに感動しました。

    氷室さんの作品をこんなに素敵に描いてくれて、山内さんありがとう!

  • 静かに進んで行くお話だった。ざ・ちぇんじ!とかなんて素敵に〜が元気な姫君のお話だったから、意外。でも、貴志子はおとなしい姫君と思いきや、言うこと言うし、好きな人がいながらも父親ほどの年齢の男を通わせるし。みんな思い通りにはならない。「生きていく」のに政治的な思惑に動かされてしまったり、想いを隠さなければならなかったり。きっと有実と貴志子はそのまま続いていくんだろう、お互い隠していたことを知っても。

全29件中 1 - 10件を表示

月の輝く夜に (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の輝く夜に (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

月の輝く夜に (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする