ヒューマン システム (花とゆめCOMICS)

  • 33人登録
  • 3.27評価
    • (0)
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 響ワタル
  • 白泉社 (2014年7月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193159

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒューマン システム (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 絵がきれいだったので購入。短編集でしたけど、表題の「ヒューマン システム」よかったです。戦闘用人造人間の01が、自分が殺した王の娘のリリーナと出会い、名前を付けてもらい、今までにない気持ちを持って行くあたり、さすがだなって思いました。できれば、眠ったままの01が起きたあとの話も読んでみたいです。

    「月光ロマンス」は、悪評がある王へ王女の代わりに嫁いだら、実はとってもいい人だったという、TLによくある設定でした。こっちはとっても短いので、もうちょっと長くてもよかったかなぁって思いました。

    「緋い糸」は、ちょっと私的にはイマイチ。
    双子は心中者の生まれ変わりということですけど、あのラストはちょっとねぇ。

  • 表題作の戦闘用人造人間の話を読んでみたくなり
    思わず衝動買い。
    他に2編の時代も雰囲気もガラリと違う話が
    纏まっている面白い構成の短編集。

    どの話も絵がとても綺麗で、読みやすい話だった。
    気になっていた表題作の話は、人間を徐々に理解
    していく人造人間01(シェル)を、もう少し長く
    読んでみたいと思った作品。

    最後のホラー系の話は、ラストに持ってくる
    短編では、後味が悪いけれども、話しのが流れは
    面白いと思った。
    もう少しホラー色を強くしても良かったと
    思ったのですが、少女漫画的に無理なのかな・・・。

全2件中 1 - 2件を表示

ヒューマン システム (花とゆめCOMICS)の作品紹介

戦闘用人造人間・01は逃走中に盲目の少女・リリーナと出会う。
自分を機械として見ないリリーナに徐々に惹かれていくが、二人を狙うものが現れ…!?
さらにリリーナにも秘密があって…!!?
他、王と踊り子の砂漠のファンタジー『月光ロマンス』、姉弟を結ぶ禁断の愛『緋い糸』の2編収録!!
2014年7月刊。

ヒューマン システム (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする