図書館戦争 第10巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)

  • 978人登録
  • 4.26評価
    • (114)
    • (93)
    • (32)
    • (6)
    • (2)
  • 65レビュー
  • 白泉社 (2012年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193203

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館戦争 第10巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 原作からはみ出している小話?的なところがまた、萌えを誘う。お花見、思った以上に堂上教官がデレていてよい。

  • 茨城県展すたぁぁぁとっ!!

    表紙を開いた瞬間の扉絵に 思わずニヤニヤ(笑)
    この巻も堂上教官に ときめきすぎてつらかった・・・

    そして、そういえば笠原もエリートだったことを思い出す巻(笑)
    郁ちゃんきまってるぅ!
     
    やっぱり今回も次巻が楽しみ!

  • 相変わらず萌え殺される……そんな一冊(笑)
    有川さんの小説は大抵甘いですが、図書館戦争は巻を追うごとに砂糖とシロップが投入されてく感じ。
    そしてマンガは、それにさらに蜂蜜シロップを瓶ごと流し込んだような、そんな甘さ。
    やばい、これで外伝まで書かれたら死ぬ……(笑)

    郁と堂上は言わずもがなですが、今回は手塚と柴崎も良かった。手塚がさり気なく可愛い(笑)。いい笑顔も見れたしな!そして折口さん、原作ではそんなストレートな想いをだだ漏れしてましたっけ?(笑)

  • 「床屋」問題から「茨城県展」のはじまりまで。

    もう素敵すぎる堂上教官!
    原作でも大好きな郁が茨城の女子寮で嫌がらせを受けて堂上教官に助けを求める回。

    原作でもすっごい素敵な場面なのに弓先生の絵がつくともうたまりません!

    郁ちゃんの啖呵を切る場面もすっごい好き。

    今回も弓先生のおまけ漫画付。
    お花見のお話だけれど、これもすっごいかわいいお話。

    郁ちゃんが堂上教官の想いに気付くのはいつの日か!

  • 今回も糖度補給完了しました!(笑)

    堂上の前でどんどん女の子になっていく郁が可愛すぎ。
    と、同時に、女子寮のイジメで啖呵を切る郁がカッコイイ!!
    堂上&郁のやりとりもニヤニヤと読んでしまいました。

  • バスの車中にて、寄り添って寝てるところをニヤニヤしながら写真撮る隊員のみんなが好きだwww
    この辺りからまた郁ちゃんには辛いことが続くけど、教官がついてる!頑張れ!\(≧▽≦)/

  • 堂上教官のセリフがだんだん直球というか見てるこっちが恥ずかしくなるようなのが多いのって郁が気づかないからなんとでも言える!みたいな感じなのかしらw
    郁が寄りかかってる時の体勢が完全に身を預けてて萌えた…!
    そしてシリーズ本編の山場の茨城県展。展開わかってるけど早く続き読みたい!!
    読みたすぎて原作読もうか迷うくらい読みたいw
    お花見、ちょっとくらいお花見シーンあるかと思ったらそう来たかw

  • 茨城県展のお話。女子寮のいじめですね・・・。
    嫌な空気の中、相変わらず堂上教官がカッコよく決めてくれます。こういう上司いたら間違いなく落ちるわー。素敵です。
    郁も自分の気持ちを自覚するわけですし、これからも楽しみなコミック。

  • 原作で好きな二人でコインリンドリーに行くシーンが
    郁にすごく感情移入できました。

    やっぱり恋すると、誰でも嫉妬してしまうんですね。
    郁の女の子らしさが出たいい巻だと思います!

  • 郁がどんどん恋する乙女モードになっています!!郁と堂上教官が原作よりアマアマな感じがする(*^^*)特別編も毎回楽しみ♪カワイイ郁、カッコイイ堂上教官が大好き!

  • 実写映画化決定が話題沸騰中の有川浩さん大人気小説「図書館戦争」!弓きいろさん作画によるコミック『図書館戦争 LOVE&WAR』最新10巻が本日発売。本日から原画展も開催です!
    https://twitter.com/booklogjp/status/231177943295066113

  • 期待を裏切らない面白さ。
    原作もそうだけれど、ついラブコメ部分に目が行って、くすくす笑ってしまい、読んだ後に何だか気分がすっきりしているという…。そして外では絶対読めないなと思うのですが。

    描かれている事って結構怖いな、とふと思う。
    良化法という架空の法律だけれども…。一般人は言葉狩りにさほど興味が無い、って現実世界でも言えることで。
    嫌な事件が実際に起こって、犯人が猟奇的ゲームだの漫画だのを読んでいた、って言われると、咄嗟にそんなもの取り締まってしまえよ、って思ってしまう自分がいる。
    そんな論争が起こるたびに有名なニュースキャスターの方とかが、「表現の自由」についてコメントを出しているのも読んでいるのに。
    「表現の自由」を守りたいなら、表現のモラルを忘れちゃいけないな、と思いました。
    こうやってインターネットに素人文章さらす程度の事でも…。

  • 教官の存在があるから強くなれる郁と、言葉と行動で郁を守る教官の関係がどんどん強いものになってるのが魅力的。
    教官の優しさは罪笑

    特別編がたまらない。
    なんでさらっと激甘なこと言うんですか教官!
    郁の鈍さが楽しい。

    原作知ってるけど、早く続きが読みたいです^^

  • 郁のタンカがかっこいい。
    いつも読んで思うのは、弓さんは本当に図書館戦争が大好きで、丁寧に描かれるなぁということ。
    読んでるこちら側まで幸せになります。

    アニメ、小説、映画とすべて読んでる図書館戦争。最後まで楽しませてください♪

    そして堂上が大好きすぎて困る(笑)

  • 5月の発売から3ヶ月で発売、いつもなら半年なのに早いなぁ。
    「班長だからな。」は本誌でも噴いたところ。2人、隠してるようで当人以外には駄々漏れで良いです。
    茨城県立図書館での啖呵&柴崎の笑みの真似がかっこよかった!喧嘩の見本ばかりだからこそ。
    番外編の2人でほとんど散った花見、いいですね。読者は解釈間違ってませんよ!いくら郁が分からないからって、全開ですね。
    巻末オマケは無くとも、4コマが充実してました。情緒不安定な郁の無限ループににやにやした。

  • 茨城県展。
    陰湿なイジメだなぁ〜と、悲しくなる。
    郁の両親が出てきたところではホロっとしてしまいました。
    堂上教官は相変わらずイケメン。

  • イジメって陰湿なものはやっぱりいやだなぁ。

  • 原作読んだ時も思ったけど陰湿ないじめだなぁ。

  • 床屋問題から、笠原の田舎への出動の話。いいな~と思っていたのですが、やはり漫画で読んでもいいですね~。

  • 隊長の最強さが怖い。

  • 人の想いは伝えない限り届くことはないのだと教えてくれる巻でした。

  • 啖呵きるとこは絵でも文でもかっちょええなー!

  • 女子同士のいじめって怖いわぁ・・・って思った。
    あとは手塚くんの柴崎に対する思いとか。
    あれでまだ付き合ってないんだから・・・ある意味凄いわ^^;

    この巻に収録されてる特別編漫画もお気に入りです。

全65件中 1 - 25件を表示

図書館戦争 第10巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館戦争 第10巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館戦争 第10巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)に関連するサイト

図書館戦争 第10巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする