図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)

  • 848人登録
  • 4.28評価
    • (105)
    • (75)
    • (29)
    • (6)
    • (1)
  • 68レビュー
  • 白泉社 (2013年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193210

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 相変わらず甘甘だなぁ^^

    今回は戦闘シーンが多くてわりと血生臭いはず…なのに、
    何故か堂上と郁がただそこにいるだけで甘くなってしまうという。

    郁は昔はもっと精神的にも、強かった気がするんですけどね。
    堂上という支えができた事で、女らしくなってきました(笑)

    稲嶺司令の辞任、柴崎が手塚に見せた弱い姿…等々、
    原作ではスルーしてしまった部分が、漫画だと何故か泣けてしまう。
    勿論原作大好きですが、弓きいろさんの表現力は素晴らしいです!

  • 『危機』修羅場終了おつ!

    次巻はデートからだね~
    『堂上教官が1日中かまってくれる券』ほすいw

  • 茨城県展の攻防。目を覆いたくなるような出来事。
    玄田隊長と横田準司令が重体に。
    そして、稲嶺司令の勇退。
    思わず泣いてしまいました。

  • ぽん、は胸キュンだ・・

  • 茨城県展の終了と稲嶺指令勇退。

  • 甘いけどいいな~。堂上さんと笠原さん甘すぎです笑

    あのポンのビジュアルを見るといいですね~。
    そして、ちょっとだけうるっときたとこがありましたね~。稲嶺さんの最後の時はよかった。

  • お父さんがかっこいい。

  • 戦うことや守ること、正義の意味を考えさせられる巻でした。
    また、堂上教官と笠原の恋愛模様にますます目が離せなくなりました。

  • 今回も必殺堂上ばかりですよ!

    茨城美術展の攻防から始まるが郁の「堂上教官の伝令だからどんな光景でも最後まで一緒に見ます!」から人に銃を向けた教官が郁をかばうシーンやその後の「聞くな笠原。戯言だ」のシーン。

    そして極め付けは「ぽん」だなぁ。
    原作でももう甘々すぎてって感じだったけれど、これが大好きな絵でビジュアル化されるともう最強だ!

    稲嶺司令の勇退で終了ということは原作のもう3巻。
    漫画化もあと本編は原作1冊残すだけかぁ。

  • 歯を食いしばる郁の表情がなんとも...
    てか教官ボディタッチ多過ぎやしませんか^q^

  • 「危機」の内容終了。玄田隊長・・・貴方素敵すぎです☆

  • もう上官の域を軽く超えてるwめっちゃあからさまなのに郁と手塚は気付いてないんですねwww

  • 危機編、完結。県展攻防戦、どうやって描くのかと思っていたけど、想像以上にがんばってくれていた。目を背けたくなるような戦い。稲嶺司令の勇退・玄田隊長の二階級特進。組織も変わっていく。次巻は楽しみなカミツレデートから。

  • 茨城県立図書館での抗争が始まる。


    巻末には『緊急特別インタビュー』図書隊の仕事に迫る!!堂上篤
    収録。

  • ※1~11巻までの感想をまとめてこちらに。

    例によってアニメから入った作品で、小説は未読(>д<)”
    アニメで内容を把握しているので新鮮な感動はなかったけど、とりあえず初見のつもりで感想を述べると…

    もう!もうもぅっ///
    堂上教官がステキすぎて、軍服上司萌え(というジャンルはあんのか?)になりそう!!(〃∇〃)……背さえ高ければw

    まず設定が面白いし、各キャラクターも魅力的ィ-♥
    何より、どのカップリングも素敵でイイわぁ~(^∀^人)v
    ある意味もっとも安定している、郁×堂上教官はもちろんのこと
    10年越し(?)の恋を実らせた、小牧教官×毬江ちゃんも好きです(#^v^#)
    あと、稲嶺司令も好きですね。揺るぎない信念と、奥様への一途な愛が感じられて‥*
    しかーし!!
    映画『図書館戦争 革命のつばさ』見て以来、自分の中では(なぜか)柴崎×手塚が一番の推し☆カップリングになりましたっ(´∀`〃)ゞ
    多分、一番じれったいからかな?

    郁の憧れの王子様=堂上教官だった!‥って場面(第8巻)の盛り上がり方は、なんかイマイチだった気がするι
    むしろ、この一連の事件あたりから変わり始めた柴崎×手塚の方にやきもきさせられたわ~v(^ε^)

    各巻に(必ずと言っていいほど)収録されている特別編は、キュンvとなる話が多くてオススメd(^ヮ^)ノ
    空きスペースでは、足フェチゆえに郁を好きになった防衛員・あごひげモブ郎を主人公とした4コマ漫画「ある特殊部隊員の恋。」も楽しめます♪

    次巻から革命編スタート。
    郁×堂上教官はもう‥っていうか最初から心配なさそーなので、とにかく柴崎×手塚の関係発展に期待(^ω^)/〝

  • 泣けるシーンがくたくさん・・・。
    しかし戦闘シーンと恋愛のシーンでの温度差がすごい(笑)

  • 茨城県展編完結。甘かったけどキツかった…(>_<。)玄田隊長に横田準司令、めちゃカッコいい。稲嶺司令への敬礼シーンはマジ泣きでした。

  • 今回は衝撃的な出来事多数。茨城県展での銃撃戦。まさに図書館戦争だ!玄田隊長が射たれて重症。そして稲嶺司令の引責勇退。そうそう玄田隊長が二階級特進。死んだのかって思った。なんか折口とぐっと近づいた感じ。柴崎と手塚もそうだけど郁と堂上もいい感じ。最後の折口の堂上へのインタビューもオマケで良かった。

  • 大好きな図書館戦争シリーズ、漫画第11巻!

    茨城県展攻防戦、稲嶺司令の勇退、そして郁の妄想で染まる特別編。
    今回も存分に楽しませてもらいました。
    相変わらず郁と堂上教官はラブラブ。まだカップルではないのが不思議なくらいです。
    恐らく無意識の内に漂わせている二人の甘い雰囲気に毎度胸がやられております。これは一体何なんでしょうか。ウイルスなのか?
    そして柴崎と手塚は相変わらずじれったい。漫画でカップルになる話は描かれてるのかと疑問に思っておりますが、実際のところどうなのでしょう。

    第12巻ではいよいよ原作でいう図書館革命の本題に入るみたいなので、楽しみにしております。今後はどのように描写されるのか、期待期待。

  • おまけの話にキュン

  • 茨城県展攻防戦。
    後半はマンガオリジナルの話もあって、大満足。

全68件中 1 - 25件を表示

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)の作品紹介

ついに茨城美術県展攻防戦が開幕! 銃撃戦で仲間が次々と負傷していく中、郁は初めて人を撃ってしまう。動揺する郁に堂上が…!? 戦闘終了後、さらに新たな危機が図書隊を襲う!! 大人気特別編は、図書館の地下で郁の妄想が爆発? 待望の第11巻。 2013年4月刊。

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする