図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)

  • 852人登録
  • 4.28評価
    • (105)
    • (75)
    • (30)
    • (6)
    • (1)
  • 68レビュー
  • 白泉社 (2013年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193210

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相変わらず甘甘だなぁ^^

    今回は戦闘シーンが多くてわりと血生臭いはず…なのに、
    何故か堂上と郁がただそこにいるだけで甘くなってしまうという。

    郁は昔はもっと精神的にも、強かった気がするんですけどね。
    堂上という支えができた事で、女らしくなってきました(笑)

    稲嶺司令の辞任、柴崎が手塚に見せた弱い姿…等々、
    原作ではスルーしてしまった部分が、漫画だと何故か泣けてしまう。
    勿論原作大好きですが、弓きいろさんの表現力は素晴らしいです!

  • 『危機』修羅場終了おつ!

    次巻はデートからだね~
    『堂上教官が1日中かまってくれる券』ほすいw

  • 茨城県展の攻防。目を覆いたくなるような出来事。
    玄田隊長と横田準司令が重体に。
    そして、稲嶺司令の勇退。
    思わず泣いてしまいました。

  • ぽん、は胸キュンだ・・

  • 茨城県展の終了と稲嶺指令勇退。

  • 甘いけどいいな~。堂上さんと笠原さん甘すぎです笑

    あのポンのビジュアルを見るといいですね~。
    そして、ちょっとだけうるっときたとこがありましたね~。稲嶺さんの最後の時はよかった。

  • Thanks to H.R.

  • お父さんがかっこいい。

  • 戦うことや守ること、正義の意味を考えさせられる巻でした。
    また、堂上教官と笠原の恋愛模様にますます目が離せなくなりました。

  • 今回も必殺堂上ばかりですよ!

    茨城美術展の攻防から始まるが郁の「堂上教官の伝令だからどんな光景でも最後まで一緒に見ます!」から人に銃を向けた教官が郁をかばうシーンやその後の「聞くな笠原。戯言だ」のシーン。

    そして極め付けは「ぽん」だなぁ。
    原作でももう甘々すぎてって感じだったけれど、これが大好きな絵でビジュアル化されるともう最強だ!

    稲嶺司令の勇退で終了ということは原作のもう3巻。
    漫画化もあと本編は原作1冊残すだけかぁ。

全68件中 1 - 10件を表示

弓きいろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)の作品紹介

ついに茨城美術県展攻防戦が開幕! 銃撃戦で仲間が次々と負傷していく中、郁は初めて人を撃ってしまう。動揺する郁に堂上が…!? 戦闘終了後、さらに新たな危機が図書隊を襲う!! 大人気特別編は、図書館の地下で郁の妄想が爆発? 待望の第11巻。 2013年4月刊。

図書館戦争 第11巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする