図書館戦争 LOVE&WAR 15 (花とゆめCOMICS)

  • 417人登録
  • 4.32評価
    • (57)
    • (37)
    • (13)
    • (3)
    • (1)
  • 43レビュー
制作 : 有川浩  弓きいろ 
  • 白泉社 (2015年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193258

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館戦争 LOVE&WAR 15 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 作家・当麻の亡命作戦中に重傷を負った堂上から任務を託された郁。当麻とともに無事に大阪に到着し、総領事館への駆け込みを狙って最後の作戦を決行する! そして全てが終わり、郁のもとに堂上の安否の知らせが…!? 特別編も収録 、感動の最終巻!! 2015年6月刊。
    Amazonより

    いつもながら原作のイメージを全く損なわない弓さん。いやー、話しは非常に深刻なのに、甘いのが所々入っていて、この作品もキュンキュンしながら読みました^_^
    いくちゃんと一緒に乙女になってしまうわ。

  • 郁ちゃんともこれお別れ?
    続編があるみたいよ

  • 大団円。ラストは原作より好き。

  • 大団円(*ΦωΦ)最終回!病院のシーンの再現率は最高ですね!

  • ついに革命編ラスト、そして本編完結です!

    告白のシーン、すごい良かったぁ❤ー(≧v≦人)
    できれば言葉でも「答え」が欲しかった~って気もするけど、ここはあえて言葉じゃない方法がしっくりくる感じ。
    それにきっと見えないところで甘いこといっぱい言い合ってるよ、この二人はw

    さて、次は別冊編だそうで。
    私は例によってアニメ→コミックと辿ってきてるので(原作は未読)、別冊編は未知の領域。笑
    手塚×柴崎の関係や、小牧さん×毬江ちゃんカップルのその後は?…等々、続きが気になる♪

  • 感動の最終巻。もうほんとに良かったねの気持ちです。原作を読んで結末は知っているのに何度もきゅんする名作。コミカライズも弓先生のお力で大成功したんだなと思います。別冊編がいったいどんな甘々になるのか恐ろしいくらいですが楽しみ。

  • 実写映画から原作とばして、こちらへ。王子様バレ頃の郁の乙女ぶりにこちらが恥ずかしくなりつつ読んできましたが、ラストの成長ぶりに感動しました。
    いやー、コミックスの教官は思わせぶりな態度炸裂、だけどはっきりした言葉無い上に自白強要って、ナニこの鬼上司wとか思いましたが、そんだけ恋愛ベタということなのかしらんw。
    これより劇甘って⁉︎とビビりつつw、別冊も読みたいですー。

  • 最終巻!!
    小説を夢中になって読んだ日を思い出しました(((o(*゚▽゚*)o)))
    この作品に会えて、有川浩先生を知って、あたしは変わったと思うよ(≧∇≦)
    まだまだ別冊が続きますが、楽しみに読んでいきたい作品の一つ。
    メディアミックスされすぎてビビりますσ^_^;

  • 面白かったー!!!でも個人的には最後まで「堂上教官」って呼んでて欲しかったけど(笑)最後はニヤニヤしっぱなしでした。読んでる方が恥ずかしいっていう(笑)

  • 4コマがなくてちょっと残念ですが、ついに完結ー!
    絵にして読むとまたきゅんきゅんが具合変わりますね。郁が堂上教官の背中を追ってどんどん成長していくのが格好いい。こんな格好よくて尊敬できる上司がいたら憧れずにはいられませんね。

  • どう持っていくのかわかってはいたのですが、面白かったです。
    というか、なかなか男前な笠原に笑いました。あんなに乙女だったのに成長した笠原。王子さまじゃなくて現実を見て行動した彼女にニヤニヤしてしまうのは仕方がないでしょう。
    というか、年下、長身、王子様発言している女にここまでガンガン攻められている堂上ってどうなのだろうか。可愛いのは可愛いのだけれど、男として…。
    でも、これ面白い。小説もそうなのですが、映画もみたいなぁと思ってしまいました。

  • これで完結。読んでよかった。最後は甘々でにやにや。幸せな気分で読み終えて大満足です。郁のかわゆいこと! 登場人物みんな好き。もう一回初めから読み直してもいいなあ。

  • 泣ける。乙女心だから?がんばっている女子に共感するから?

  • 最後までこっぱずかしい感じで突っ走りましたな…!
    でもラストでは「堂上教官!」って郁が呼ばれたりしてて、飛んだなー!笑
    別編の続きもあるみたいだから、まだまだ楽しませて頂きます~。

  • コミカライズが無事革命まで続いてくれて嬉しかったです。別冊のほうも楽しみにしております。

  • 本編最終巻。感無量…!
    「革命」が始まったときには、とうとうここまで来たか、と感嘆していたのも今は昔。最後の最後まで素晴らしいコミカライズでした。
    ピーク時よりも熱が落ち着いたとはいえ、今でも読むとワクワクします。作者(※ここではコミカライズ担当の弓きいろ氏)が原作を尊重し、何より、本当に原作を愛しているからこそ、いい作品になったのかと思います。ああ、郁って1人護衛になったときに、こんな風に落ち着けていたのね、とか。ストンと納得できるんです。
    余談ですが、アニメの革命は、どーしてこうなった的な展開の連続でしたが(※実写は未視聴)、コミカライズだけはクオリティを維持してくれており、原作ファンにとっても抵抗なく読むことのできる作品です。アニメの唯一好きな点は、制服があったことくらいでしょうかw

  • 別冊あるんだー‼︎‼︎

  • 別冊読んでない人は最後まで読むとネタバレが!ご注意を!(>_<)

    完結して嬉しいよな、寂しいような(T-T)でもでも別冊もやってくれる!!!嬉しいー(*^^*)郁ちゃん&堂上のカップルラブラブっぷりも見たいし!柴崎と手塚のウェディング姿も見たいぃ~~~♪♪♪

    今から楽しみです!

  • やっと完結。原作を知っていたけれど十分に楽しめました。弓きいろさんが描く郁と堂上教官。表情が素敵なんですよね。もう読んでいて幸せな気分になりました。全15巻お疲れ様でした。
    別冊がとても楽しみです。

  • 大団円!別冊楽しみ!

  • ついに完結ですね!最後の山場も非常にドキドキにまにまして楽しませていただきました。よかった〜!別冊編も楽しみです。

  • 当麻先生を一人で護衛して無事亡命させた任務完了した郁。堂上ともラブラブでハッピーエンド。本編終了、別冊に続くようで楽しみです。

  • 迷わず買った!
    もうやったね!大阪のおばちゃん!(笑)
    原作に続き、コミックもキチンと終わってくれてホッ...としてたら外伝までやってくれるとは!お見それしました~( ノ;_ _)ノ
    楽しみが増えるっていいことだよ。

  • にゃわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーな最終刊。
    ちゅっちゅちゅっちゅ。
    いよいよ本編が終わって、本編が始まるんすね。
    イチャイチャ特別編、楽しみです。

全43件中 1 - 25件を表示

図書館戦争 LOVE&WAR 15 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館戦争 LOVE&WAR 15 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

作家・当麻の亡命作戦中に重傷を負った堂上から任務を託された郁。当麻とともに無事に大阪に到着し、総領事館への駆け込みを狙って最後の作戦を決行する! そして全てが終わり、郁のもとに堂上の安否の知らせが…!? 特別編も収録 、感動の最終巻!!
2015年6月刊。

図書館戦争 LOVE&WAR 15 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする