お伽もよう綾にしきふたたび 第3巻 (花とゆめCOMICS)

  • 174人登録
  • 3.71評価
    • (13)
    • (26)
    • (25)
    • (4)
    • (0)
  • 16レビュー
  • 白泉社 (2013年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193333

お伽もよう綾にしきふたたび 第3巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • んー、いったん終わった話をキャラだけで回してる感が拭えない。

  • ※感想は第4巻のレビューに。

  • 新九郎の過去編。ちいさい頃からまっすぐで素直だったのね~^^

  • 少女漫画版『ダイの大冒険』とも言うべき正統派ファンタジー冒険活劇。
    「~ふたたび」は第2章にあたるので、全5巻の第1章から読むことを超オススメ。

  • 点数はひかわきょうこ点です。ひかわきょうこの作品に星5つ以外をつけるのは本当に心苦しいんだけど、これは…

    話はもちろん面白いし、登場人物にも好感が持てるんだけど、ひかわきょうこだということを考慮すると、まだまだいいものができるのではないかと思います。番外編もよいのですが、このへんで作品を切り上げて別のシリーズを始めるのはどうでしょうか。また、ときどきあからさまに語られる宗教観とか人生観も、もう少しオブラードに包んでもらえると読みやすいです。

  • 新九郎と現八郎の過去話。師匠の正験がいい人だってよかったーっていうのと、ちっちゃいときの新九郎と現八郎がかわいいって思いましたけど、すずと出会ってからの話は本編とかぶってる感じがして、不要かなって思いました。

  • 本編が一区切りした?からの過去編なのだろうか。
    すでに読者が分かっている未来へと向かう話しは、ちょっと
    新鮮味にかけた。
    好きな話しだけに、新九郎とすずのその後の話しが
    実は一番読みたかったりする・・・。

  • 前も書いてるかな。下まつげバチバチ系はやっぱ苦手だな~。2次も3次も。

  • 前作から追いかけていますが、これ読んで今更気づいた事がある。
    何気に(私の愛する)青年+幼女じゃん!?!?
    驚愕でした。

  • 若かりし日の新九郎さま、透明感あってステキすぎる。
    あとがきマンガなくて残念~。
    ゆらぎの話おもしろかったのにな。

全16件中 1 - 10件を表示

お伽もよう綾にしきふたたび 第3巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

お伽もよう綾にしきふたたび 第3巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お伽もよう綾にしきふたたび 第3巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お伽もよう綾にしきふたたび 第3巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お伽もよう綾にしきふたたび 第3巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

お伽もよう綾にしきふたたび 第3巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする