お伽もよう綾にしき ふたたび 5 (花とゆめCOMICS)

  • 101人登録
  • 3.94評価
    • (10)
    • (14)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 白泉社 (2015年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193357

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

お伽もよう綾にしき ふたたび 5 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ※感想は第6巻のレビューに。

  • あとがきマンガがないとものたりないー(>_

  • この作者の本はほんと好き❗️

  • 茶釜タヌキが可愛かった。登場人物に真の悪人がいないのが、ひかわ作品の良いところです。読んだ後に癒される気がします。

  • やっぱりすずは新九郎様って呼ぶよりととさまって呼んでる時の方がかわいいなあ。

  • 相変わらずじんわり優しくてほっとするお話。好きだなあ(しみじみ)。安さんの前夫と安心した新九郎さんかわいすぎ問題

  • ファンタジー法力バトル、2ndシリーズ第5巻。

    少女マンガの体裁を取ってはいるものの、内容は「愛情、信頼、勝利」の三本柱から成る、いわば少女マンガ版『ダイの大冒険』的な作品。

    謎解き異能バトルでもあるので『ぬ~べ~』や『WILD HALF』などが好きな方にもオススメ。

  • 今回の騒動はこれにて終了。可愛いキャラが増えていくなぁ♪

  • 4巻後半から始まった、那王寺に保管していた名簿盗難事件の解決編。名簿を盗んだもののけ、異空間を移動する館、姿をくらます怪しい人影など、すべて上手く解決させ、さらに読後感の良い物語に仕上げる腕前。流石です。安が晴れやかな顔で旅立つ姿に感動しました。火車と戦う場面での、身体の動きの流れが綺麗。少年漫画でも中々見れないと思う。個人的に一番好きな場面は、新九郎の身体が透けてしまい、泣きべそになりかけのすずを新九郎が宥めるところ。本誌で充分にやけた筈なのに、今回もメロメロになった(笑)本当に格好良い。続き楽しみ。

  • すずと新九郎の関係が好きというだけで読んでるからどうも前回までの話を忘れてしまう。。 ひかわさんの描くいかにも少女マンガな男女って完全なるファンタジーだけど読みたくなるんだよねぇ。

全10件中 1 - 10件を表示

お伽もよう綾にしき ふたたび 5 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お伽もよう綾にしき ふたたび 5 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お伽もよう綾にしき ふたたび 5 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

お伽もよう綾にしき ふたたび 5 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

すずと新九郎がおじゃる様、現八郎とともに新たな事件の解決へと挑みます!!
2015年1月刊。

お伽もよう綾にしき ふたたび 5 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする