桃山キョーダイ 2 (花とゆめCOMICS)

  • 245人登録
  • 3.73評価
    • (15)
    • (30)
    • (25)
    • (2)
    • (2)
  • 13レビュー
著者 : ふじつか雪
  • 白泉社 (2011年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193470

桃山キョーダイ 2 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 桃山家の双子の兄産もうと・有馬と千尋は、16歳の誕生日にイトコ同士だという衝撃の事実を知らされる。
    お互いの距離にとまどう毎日を過ごす2人だが、有馬が突然「もっぺん双子に戻ろう」と言いだして、千尋は戸惑ってしまい…。

    千尋、自覚しましたね!
    意外にも早く自覚したので「よしよし」と(笑)
    何気にいい仕事したなぁ、新キャラの梅ケンくん!
    でもこれから梅ケンくん→千尋のフラグも立ちそうでちょっと心配でもありますが…。
    それにしても有馬は心配事がたえないなぁ(笑)

  • 【借り本】4巻に感想

  • そっか、いとこ同士って結婚できるんだよな。と思ったのでした(;・ω・)

  • 実は兄妹ではありませんでした。土台を失った二人のシーソーゲームを周りの人が両端からグイグイ押していく王道少女漫画の第2巻。

    ライバル男子登場。両思いなのに近すぎかつ関係が複雑ですれ違う二人…う〜ん王道だね。
    いやしかしギッタンバッタン揺らしてくれたなぁ彼。今のところは単なるトラブルメーカーに過ぎないけど、これからどんなポジションにも変われるからどうなることやら。そんで揺らし手が増えたことで奈々ちゃんと一緒にニヤニヤする機会が減ってしまったのが極めて残念。

  • 千尋…w有馬を上げて落として…って、もうやめたげて!wもう有馬がだんだん不憫w

  • 桃山家の双子の兄妹、有馬と千尋。16歳の誕生日に明かされた真実により、実は双子ではなくイトコであると知った二人はお互いの距離感に戸惑う日々。
    そんなある日、幼馴染だった梅田健二こと梅ケンが転校してきた事によって千尋の心境に変化が…。

    梅ケンの登場でとうやく千尋が有馬を意識しだした! けど兄妹なのにそんな感情おかしいって必死に蓋をするあたりが千尋らしいかも。
    有馬の方は最初から意識してるのに、中々うまくいかないあたりがもどかしくて面白い。
    でも千尋の葛藤も有馬の葛藤も、実にごもっともなんだよね。そのあたり読んでてすごく納得する。
    有馬の「ちゃんと双子に戻ろう」ってセリフがすごく重かったです。誤解解けてちゃんと上手くいくといいんだけどね。
    あ、個人的に千尋パパのさりげない有馬ヨケがすごく好き。子供に嘘を吹きこむな(笑)

  • 千尋が「好きかもしれない」と気付いてから有馬の「もっぺん双子に戻ろう」にもやもやとした気持ちが。双子として、家族として16年間過ごしてきたとしても別にいとこなんだし、恋愛になっても問題ないんじゃ…。幼馴染みが千尋や有馬をけしかけても逆効果になっちゃってるのが惜しい…。『悪魔とデュエット』の方が展開に動きがあるし、人物がハキハキしてるから好きだな

  • 可愛い少女漫画♪
    たまにこういう少女漫画としては王道の展開を読みたくなる。

    焦れったいというか…なんというか。

  • 11/08/06購入

    とんでも設定で、先が何となく読めるんだけれど、続きが気になる。

  • 千尋ちゃんが有馬への想いを自覚したけど
    有馬は千尋ちゃんへの想いを諦めるというか断とうとして
    なんだか複雑な感じになってきたけど
    二人が今後どうなるのか気になって次巻へ続くって感じでしょうかね。
    やっぱり二人がくっつくにはハル兄が大きな壁ですね。

    見どころは新キャラ梅ケンとの対決で本気出す有馬君。
    なんだかんだいって千尋ちゃん大好きなのが見ててわかるので
    早くくっついて欲しいなー^^

全13件中 1 - 13件を表示

桃山キョーダイ 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桃山キョーダイ 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

桃山キョーダイ 2 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする