今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)

  • 265人登録
  • 3.92評価
    • (18)
    • (40)
    • (25)
    • (0)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 草川為
  • 白泉社 (2014年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193524

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 最近ちょっとおねえさん向けの少女漫画にはまりつつあるあたしには姉ララ作品はいいレーベル。
    やっぱりいつまでも自分と同じ年代の少女漫画が読みたいのかな。
    最初が失恋だったので、4作品全部そうなのかなと思ったけどそんなことはなかった。
    どれが一番身につまされるかなと考えると、やっぱり一作目かな。

  • 4人の女性それぞれの恋を描く、オムニバス・コミックです。

    恋愛物はある程度ワンパターンになりがちだと思うのですが、
    オムニバスという形式であるのにそれを感じさせず、
    最後まで飽きさせない作りになっていると思います。
    全部で4話+3ページのおまけという構成ですが、楽しく読み切りました。

    私のおすすめは「002便 鈴懸の場合」。
    異性にスキを見せない鈴懸さんの恋物語ですが、
    主人公の外面と心理のギャップが魅力的に感じました。

    一冊で完結する上、一話ごとの区切りですので
    気軽に手にとって読めるのも良い点だと思います。
    反面、がっつり漫画を読みたい人には向きませんので一応ご注意を。

  • 2015/03/23購入・08/10読了。

    短編集って大体個々に話が展開されるけれども、こちらは人の連鎖というかなんというかその辺りがあったので、また一味違った面白さでした。女性は楡原か武士…もとい鈴懸、男性は一宮さんか蟹くんが好み。

  • 【中古】作者読み。短編連作。有川さんの阪急電車を彷彿とさせる構成。漫画で連作って新鮮で楽しかった。みんな格好よくて、元気と勇気が貰える作品。

  • 作者にしては珍しいファンタジー要素のない、空港で連鎖する大人の女性4人のオムニバス。個人的には最後のあやが好きだった。最初のさえこもかっこよくて素敵だけど、描き下ろしのあやと安城がツボったwこの2人の恋の続きというか、始まりを見たい^^

  • あんまり恋とか得意じゃない女の子たちの短編連作。ライトなタッチで笑顔になりました。

  • 誰かの勇気が私に、私の勇気が誰かに繋がっている。
    片想いの会社の先輩が姉と付き合い始め、諦めようとしてきた楡原。二人の結婚が決まり、式に出るために自分の気持ちを殺し空港へ向かうのだが…。
    空港を行き交う見知らぬ4人が前に進んでいくオムニバス。

    この作者さんが「現代日本を舞台に全く不思議な要素の出ない話」を描くのは初めてということでしたが、中々新鮮で面白かったです。
    ちょっと切ない片想いの話から始まって、思い続けた恋が成就する話、付き合っている彼氏と別れの危機を乗り越える話、そして最後に出会いから始まる恋の話で締めくくって、全てがどこかでつながっている、というのが見事でした。
    どの話も好きだけど、特に好きなのは鈴懸さんかな。

  • ああああ!
    遠距離の話とか、今読むと結構クルものがありますなぁ。嫌な人間がいないのがリアル。

  • ちょっと大人な話だ~と思ったら、「アネララ」でしたかぁ。
    さりげなく短編がクロスしていくのは、よくあるパターンだけど、そのクロスを最後のお話で全部つなげていくところは、お見事でした。

    ただ、1つだけ。「LAL1205!」あれは、男にとっては重いなぁと思った。
    どうなんだろう?わたしが、そう感じるだけかもしれないけれど。

  • 雑誌掲載時に2作ほど読んでいて、印象が良かったので購入。
    オムニバス形式で4話収録されています

    読んでみての感想としては「2話でとどめておかなくてよかった」です。
    4話ともが同じくらいの深さで繋がっていくのも良かったですが、4話からそれ以前の話への繋がりもあり、きれいに計画された4話であることがうかがえます。
    これは4話しっかり読むべき。

  • 「ガートルードのレシピ」描いた作家さん。最初の話は男の「言う気にならない?」にムカつき(ヒロインにはもっと良い男いるよ!)、2番めは同期の豊川さんの女子力に某別漫画を思い出し(こちらは男の見る目がなかなかだった)、美容師の遠恋は男の真ん中分け顔が好みで(そこだけ)、最後の話は家事能力はやっぱ高いに越したことはないよね、と思いました。書下ろし「ランチがお寿司の場合」も楽しかった。

  • 草川さんは作品の幅が広くて、しかもどれも魅力的でいいよね

  • あまり少女漫画は読まないのですが、気になって買った短編集。
    よくできています。ただ幸せなだけではない大人の女性の葛藤もあっていい。個人的には武士の話が好きです。

  • おススメされて★

    短編どうしがリンクしてる!
    なるほど、こういう話だったのね。

  • あとがきで初めて知ったが、この作者さん、現代日本舞台の不思議要素無し漫画って、これが初なんだそう。

    けど言われてみれば、読んだ時の微妙な違和感の正体はこういうことだったのか!

    4人の別の主人公が、それぞれの話に微妙に絡むオムニバス形式、面白かった!

  • 本誌では、一話目だけ読んでいなかったんだな。
    こんな感じでつながっていたんだなぁ。
    各話それぞれイイけれど、
    つながって、ひとつの物語がうまれているのがさらにイイ♪

  • 短編なので、キャラの掘り下げはあまりされていませんが、さらっと読める大人向け少女漫画。絵柄はどちらかといえばティーン向けなので、読みやすいかもしれません

  • 有川浩さんの阪急電車っぽい。

  • 羽田空港の話

  • 現代日本が舞台でびっくり。ちょっといつもよりオトナな感じのリレーオムニバス。「1人くらいは誰かあなたから特別に欲しいものを受け取った人がいそうじゃない?」本当にだったらいいな。臨時便、作中の主人公たちが一同に会しててにやり。豊川さん主人公の新作読切りも気になる。お寿司食べたい。

  • 草川さん初の現代日本が舞台。
    キャリアウーマンがふと見せる弱さや涙・・・って、きゅんとするなぁ。
    私の言葉やふとした行動が、知らない間に誰かを励ましているかも、っていうのもなんか元気が出るね。

全24件中 1 - 24件を表示

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)の作品紹介

誰かの勇気が私に、私の勇気が誰かに繋がっている。
片思いの会社の先輩が姉と付き合い始め、諦めようとしてきた楡原。
だが2人の結婚が決まり、式に出るため気持ちを殺し空港へ向かうが…。
意中の彼と恋のライバルの3人で出張中の鈴懸。
遠距離恋愛中の栃木。
卒業旅行中の菩提。
見知らぬ4人が空港を行き交う一瞬に影響を与え合い、前に進んでゆく連作オムニバス!!
001便:楡原の場合 苦い恋
002便:鈴懸の場合 恋の三角関係
003便:栃木の場合 遠距離恋愛
004便:菩提の場合 卒業旅行
今日の恋のダイヤは全便、乱れながらも運行中。 2014年6月刊。

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする