夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)

  • 2416人登録
  • 4.49評価
    • (353)
    • (170)
    • (59)
    • (3)
    • (1)
  • 128レビュー
著者 : 緑川ゆき
  • 白泉社 (2011年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (89ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193616

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • にゃんこ先生さいこー!!
    夏目のやさしさに毎回ジーンとしてしまいます。
    半年に1冊しか出ないのがちょっと残念・・・
    1さつだとちょっと物足りなさを感じてしまう。。
    次も楽しみです!

  • 今回は特に泣けてくるお話ばかりでした。読んでて涙が止まらない。第四十二、四十三話の優しい妖たちにホロッときて、後半の夏目の過去がもう…せつなくて;;両親との思い出も…。今本当に、ニャンコ先生や藤原夫妻、友人たちに出会えて良かったと心から思います。

  • 痛いのが嫌で触れないようにしてきた思い出に触れた夏目の重たいモノが、少しずつ解けていっています。
    自分も夏目みたいに解かしていこうと。

    世界観も言葉使いも綺麗で良い作品です。

  • 「遠き家路」はノスタルジーを感じさせてくれるエピソード。夏目の過去はおもしろい。そして切ない。

  •  未来に眼を向けるには、過去を昇華しておくべきだ。本巻は、まさにこれを地で行く趣きである。
     他方、別の観点から見るに、確かに貴志にとって田沼の存在は重要だが、負けず劣らず北本らの存在も大きいように思う。上手くいえないが、痛んだ心を癒す、あるいは立ち直れない程の苦しみが彼らによって支えられる。こういう関係が北本ら学友たちにあるのだろう。もちろん、相手に不安感を与えない振る舞いができるようになった貴志の人間的な成長も寄与しているのだろうが…。

  • 多軌が陣を使うのをためらうのはわかるのですが、それでも使ったのは祖父の血筋でしょうか。生兵法は怪我の元の系譜は祖父だったようで。

  • 前半-タキのおじいさんと妖怪の話。
    後半-夏目の実家と小さい頃の話。

    前半
    妖怪を見たがっていたタキのおじいさん。
    見えないことをいいことにからかっていたという妖怪。
    おじいさんには見えなくても妖怪たちはそばにいて、
    おじいさんも妖怪たちも
    「繋がり」たがっていたんではないかと思います。
    そしてその意思はタキがくんであげられたんだと思う。
    タキが嬉し泣きしたところは私も一緒に泣いてしまいました。
    こんな優しい話を描く緑川先生が好きです。

    後半
    切なさで心が痛くなります。けれどその分、
    冒頭で田沼・西村・北本とラムネ水を見に行くところ、
    ラストの藤原家族の写真がいっそう温かく感じられます。

  • 夏目の子供のころのエピソードを読むたびになきそうになります。

  • 多軌家のお話。
    見えないながらも絆を結んでいた多軌のおじいちゃんと妖たちに涙。
    そして夏目が昔両親と住んでいた家を訪ねに行くお話。昔の夏目の話はやっぱり悲しい。読んでいて辛い。女の子の気持ちもわかるが、でも気持ちが夏目に同調してしまい好きになれません…。
    最後の、藤原家と家族写真を撮るところもよかった。先生も家族だと夏目は思っている感じがしました。

  • タキの家の蔵の片付けで、妖怪が目覚めてしまう。
    田沼と、夏目は解決のため、タキの祖父に構っていた妖怪たちの力も借りながら、カクラが全身を集めるのを阻止しようとする。
    最後は陣の中に入って「さらば 慎一郎の孫 元気で」と言って去ってく。いいなぁ…優しいねぇ…

    あとは家が売られてしまう、ということで実家に帰る夏目。
    淋しい気持ちも思い出すけど、藤原夫妻のもとへ帰って、みんなで写真撮るところがいいなぁ。

  • 【祖母が妖と交わした契約書「友人帳」を受け継ぎ、名を返す日々の夏目。

    ある日、友人・多軌の家の蔵掃除を手伝ううち、多軌の祖父が封じた悪い妖を解放してしまう。
    強力化するのを阻止しようとする夏目達を妖達が協力してくれて…!?

    あやかし契約奇談第11巻!!

    あらすじより】

  • タキのおじいちゃんの話とか売却される事になった夏目の実家の話とか。妖怪よりも夏目と周りの人のお話しがメインだったかな。夏目の過去は辛すぎるヾ(*T∇T*)

  • 今回は怖かった。反面、タキのおじいさんが妖に好かれていてほのぼの。アニメで見た時よりも妖が助けてくれた感じがよくわかった。

  • 幼い頃に本当の両親と少しだけ過ごした本当の家。大切な忘れ物はないかな?黒くて悲しい思いに飲み込まれてく

  • 久々の11巻。だったけど。進展あり。
    話が広がってきてます。

  • 友人より借りて読破。

  • 第四十二・四十三話 封じてあるもの
    カクラ
    多岐ちゃんのお祖父様の友達の妖たち
    多岐ちゃんの家にお泊まりしたら、先生は確実に太る(笑)。

    「見えるということは、出会ってしまうということでもあるのね。」

    第四十四・四十五・四十六話 遠き家路
    ムシクイ

    夏目の里帰り

    喪失と一緒に生きていくことはできる。

    夏目の実家を買ったのが、的場さんだったら面白い。

    小さい頃の皆かわいい!
    的場さんて今何歳なんだろう。

  • 夏目の過去の話が好きだ。

  • 「よくなれ」
    「よくなれ慎一郎」
    「このままなんてつまらんぞ」
    「会いたいと言ったのはお前じゃないか」

    じーんとした。
    慎一郎のことがみんな好きだったんだなぁ、見てもらいたかったんだなぁと思いました。

  • 読み終わりました(〃ω〃)

    夏目の過去が分かったり、目がうるうるするお話ばかりでした(´;ω;`)

    44話…ネタバレになってしまうけど、田沼くんがぴしりと夏目に言って
    みんなで夏目の大切な〇〇を探すシーンとか!良かった♡友情だなと思いました。


    タキと田沼くんと夏目のお話も良かったです☆☆

    他にもいっぱい感想を語りたいけど…
    上手く言葉にできないです。。

    だんだん打ち解けていってるようで、
    読むたびに私もにやにやと嬉しくなりますp(*^-^*)q

  • 夏目の過去とか

全128件中 1 - 25件を表示

夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする