パレス・メイヂ 1 (花とゆめCOMICS)

  • 524人登録
  • 3.92評価
    • (44)
    • (83)
    • (39)
    • (8)
    • (1)
  • 52レビュー
著者 : 久世番子
  • 白泉社 (2013年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592194040

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

パレス・メイヂ 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 皇室好きにはたまらん作品!言葉の使い方や厳然たる身分の差など、これほど人をときめかすものはあるだろうか、いやない。っていう感動。

  • 男装の今上帝と宮殿に仕える子爵家次男の身分差恋物語。
    分を弁えた穏やかな御園にまさか最後にこうも侠気を見せられるとは思いませんでした。

  • 面白かった。立派な人物でありながらどこか可愛らしいところのある彰子陛下と、真面目なんだけど結構度胸のある御園の組み合わせはなかなか素敵。

  • 古きよき花とゆめ式少女漫画の匂いがします。

  • 主従物語。性別は少女マンガ風味とはいえ、この「仕」側の気持ちは(この作品に限らず)理解を超えるのですごい。隷属ではないが依存ではある。けど盲目じゃダメ。2巻もたのしみ。

  • 明治宮殿をモデルに架空の時代、架空の国にある
    パレス・メイジ。和洋ミックスなレトロで壮麗な世界にうっとり!

    パレスに侍従職出仕として、軍服を着た若く美しく聡明な
    彰子陛下の元で働くことになった公家の坊ちゃん御園。

    梅の花が香り初むる、八重桜が舞う宵。
    描かれた景色と言葉から想像を広げる景色。
    番子さんが用意してくれたうっとりする世界と
    甘い恋で、読み終わるのがほんとに寂しいっ!
    もう少しと言わず、長く長くこの世界の続きが見たいなぁ♡

    不自由はあっても、2人にとって心の結びつきが穏やかで幸せな
    籠の中の生活になるといいなぁ。

  • ※感想は第7巻のレビューに。

  • 女天皇とその侍従の少年の淡い恋がもどかしくて良い。14歳の少年期から、2年後の成長した姿に転換するのも良かった。世界かも含めて好き。

  • 昨日レビュー書いたエッセイマンガの作者による、エッセイじゃないマンガ。
    今まで新書館さんだったけど、この本は白泉社です。
    大正時代とおぼしき時代、まだ幼い東宮のかわりに帝位についた少女と、その少女にお仕えした少年のお話。このレビューを書いてる時点で6巻で、次巻で完結するみたいですが、とにかく少女にも少年にも、周りの人にも、みんな、幸せになってほしいなぁ。
    【効能】女帝論、賛成派なんですが、やっぱり大変だよなぁと思います。まぁ男でも女でも大変ですよね。
    【副作用】カバーをめくりたくなりますが、白泉社なんで何もないのが残念になります…

  • 6巻まで読了。

    2017.04.01

  • 2014年の「このマンガがすごい」6位に選ばれた少女マンガ。明治~大正時代の日本と、戦前の皇居内に存在した明治宮殿を舞台に描かれる、若くして崩御した父帝の後を継いで即位した少女帝と、少年侍従(本作では「侍従職出仕」→「仕人(つこうど」)との交流を描く物語である。地元書店のマンガコーナーに堂々と飾られており、以前から気になっていた作品だった。
    御園子爵家の次男・公頼は、実家の経済的な苦境を救うために、宮中に侍従職として出仕する。公頼はある事件をきっかけに少女帝と知り合い、やがて彼女に淡い恋心を抱くようになる。彼女は「今上帝」ではあるが、年少の弟が帝に即位するまでの中継ぎに過ぎない。そのため将来弟に譲位しても、結婚・出産はおろか恋愛も禁じられているという、極めて不条理な宿命を背負わされている。公頼はそんな彼女の信頼を得たい一心で、彼女に仕えるようになる。
    帝と公頼に流れる淡い恋心を静かに紡いでいく物語の進行は、どことなく切ない雰囲気が漂う。壁紙や調度品も、当時のものをできるだけ丁寧に再現されており、読者の評価が高いのも納得である。各話は公頼の回想の台詞で終わるところから、おそらく彼がその頃を懐かしく思って書き記した日記を、忠実に再現した物語とらえることもできる。この二人は、いったいどんな運命を辿るのだろうか?第1巻だというのに、私の頭の中には哀しい結末しか思い浮かばないのだが。

  • 身辺ネタ漫画が大好きな番子さんの、これはストーリーもの。こういう主従関係のラブストーリーって一つの定番だと思うけど、ちょっとひねってあるところが著者らしい。そういうシチュエーションにさほど興味がないので、続きは読まないかも。

  • 明治時代がモデルの架空の世界で、女帝と少年侍従が触れ合う話。女帝が凛としつつも茶目っ気のあるキャラで確かに魅力的ではあるな、侍従も少年らしくいい子だし、だが何かもうひと押し……と、思っていたところに鹿王院宮! 蠱惑的な口髭! 悪魔的な笑み! ノックアウト! 彼の登場で一気に物語も進み出したし、これはもう続きが楽しみでなりません。主に宮様の暗躍が!(笑)

  • 主従愛というか、彰子様カッコいいわ、御園君可愛いわでもう。……久世さんは「盛絵」で知ったのでそのイメージが強かったので繊細な絵柄も新鮮で素敵でした。

  • *


    深宮戀語01
    作者:久世番子
    譯者:郭名珊
    出版社:東立
    出版日:2014/3/21
    ISBN:9789863482802
    語言:中文繁體
    適讀年齡:全齡適讀
    定價:100 元

  • LINEマンガで読んでたけど続きが早く読みたくて買ってしまった。しかし買って損無し面白い! 身分違いはテッパン。

  • 2015.08.29
    面白かった(^^)

  • もっとガッツリ恋愛漫画なのかと思っていた。
    それよりも二人の絆が構築されていくまでの過程を
    丁寧に描いているので、ある意味新鮮。
    少年が青年へと成長していく上で二人の関係も
    また徐々に変わっていくので、もう少し
    続きが読みたくなる。

  • 興味津々な設定。

  • 本屋で試し読みが置いてあり、読んでみたら…2巻まで勢いで買ってしまいました。笑

    少女帝と少年侍従の恋(?)が巡り合う宮殿での物語。

    14歳も16歳も御園かわいいな〜!そして彰子様凛として素敵…!続きが気になります。

  • 彰子様と御園の関係が思っていたよりすごく良かった。
    少年従者といっても、3人もいると思わなかったし、脇役のキャラも面白かった。とくにお姉さま・・・。

  • 2巻まで読了。少女帝と少年侍従の、ラブには(今のところ)ならない、あくまでも主従愛な関係性がなかなかいいですね~。なんというか、品のある作品。
    …それにしても、なかなかしつこそうで強かそうな宮様は御年おいくつなんだろう…御園くんのような少年相手に対抗意識出してちょっと大人げないぞとか思ってしまう(笑)

  • 初めてのエッセイ以外の漫画でドキドキでしたが、面白かった!この雰囲気の完成っぷり!「なんて素敵な~」読んでて助かりました。
    今上陛下の登場にやられてしまいましたよ。

  • 少女帝と侍従職出仕(見習い)の少年の身分差宮廷浪漫。彰子様お可愛らしい。あらあら、素敵な籠ですこと。御園と宮様の確執はどうなるものか。

全52件中 1 - 25件を表示

パレス・メイヂ 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パレス・メイヂ 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パレス・メイヂ 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

パレス・メイヂ 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

貧乏貴族の実家を救うため、帝の暮らす宮殿「パレス・メイヂ」に仕えることになった14歳の御園公頼(みその きみより)。ある時、帝の画帖が破られる事件が起き、御園に嫌疑が…!? 2013年6月刊。

パレス・メイヂ 1 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする