はじまりのにいな 第2巻 (花とゆめCOMICS)

  • 382人登録
  • 4.03評価
    • (45)
    • (43)
    • (33)
    • (4)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 水森暦
  • 白泉社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592194217

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はじまりのにいな 第2巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は家族の話。大人になった弟の千晴と再会して、にいなの心が騒ぎまくる。突撃質問に突撃訪問(笑)前世の家族との会話は涙もんです。泣けます。

  • ※1~2巻の感想をまとめてこちらに。
    朝日新聞の「コミック・ブレーク」に紹介されてて興味を持った作品。“転生ラブ”とかいうから、平安か戦国か、はたまた明治・大正あたりの恋人同士が生まれかわって…とかいう話だと思ったら大ハズレでした。10年前に事故死した“千歳”が“新菜”として生まれかわり、その前世の記憶を持ったまま、かつての恋人である篤朗と再び恋に落ちる物語。
    篤朗が千歳を好きになった理由(1巻13頁)がなんとなく好きですね。1巻終盤で篤朗は新菜=千歳(?)に気付いたようですが、それが今後の展開にどう影響するのか…。
    2巻は、前世の弟との再会から始まる家族編。千歳の記憶を持つ自分が、新菜としてできることは…など、泣けるストーリーです。

  • 「生まれ変わってもあなたに恋をしている」
    のはいいんだけど、
    前世の家族はどうしてるんだ問題にちゃんと向かい合った編。
    この作品が他の「運命の恋人」系まんがと一線を画しているのはこのシリーズがすばらしいからです。
    前世の家族に、真実は隠したまま、それでも思いを伝えることができてよかった。

  • 好きな人の気持ち、自分の気持ち。
    大切にしたい。

  • 北海道にきてからのお話。
    篤朗と遠距離になって、連絡はもっぱらメールになり、前ならいろんな話をしていたけど、メールでは出来るだけネガティブなことを言いたくない新菜はいろんなことを溜め込んでいきます。
    そして北海道の地で出会ったのは、前世の家族。
    新菜と触れ合っていくうちに新菜の前世、千歳のことを思い出していく家族が切ないです。ここからまた、進んでいくのでしょうね、この家族も。
    篤朗さんの空気の読み方が神すぎて惚れます。カッコイイわ。

  • めっちゃやばかったやばかったやばかった!!!!!!!(;ω;)
    まじよかった…
    あ〜…にいなちゃん可愛い可愛い!!
    周りのキャラも素敵でした(≧▽≦)

  • にいな可愛いよ!にいな!
    真直ぐな娘は見ていて気持ちが良いものです。

  • 前世の時の家族に出会う巻!

    新菜はえらいなあ・・・前世の記憶があるのに
    自分は別の人間だってことをちゃんと思って
    行動できてるもんね。

    わたしだったら言ってしまいそう(>_<)

  • はじまりのにいな、待望の第2巻。

    前世の恋人に出会い前世の記憶を思い出した主人公・新菜は、晴れて篤朗と付き合うことになり遠距離恋愛へ。
    北海道に引っ越した新菜はそこで出来た新しい友達と楽しく過ごしつつ、今では教師になった前世の弟に再会します。

    今回の話は"前世の家族"と"現在の家族"が主なテーマであり、どちらも大切でかけがえのないモノだからこそ生まれた新菜の葛藤が描写されています。
    彼女が前世の家族と再会して最終的にどのような行動を起こすのか、どのような決断を下すのかが今回の見物かと。
    また、恋人となった篤朗は出番こそは少ないですが、電話越しでも分かった新菜の様子に思わず感嘆しました。彼氏はやはりそうでなくては。

    第3巻も楽しみにしています。

  • 「いつだって会いに行けると思ってた」
    前世の恋人・篤朗と付き合い始めた新菜。
    父親の都合で札幌へと引っ越すことになった新菜は、篤朗に会いたい気持ちを抑えつつ、新しい環境に慣れていく。
    そんな時、新菜に思いもよらぬ再会が訪れて――。

    あんなにキレイに終わったのに、どうやって続けるんだろうと思ってたら、全くの杞憂でしたね。
    今回は恋愛よりも家族の話でした。
    なので篤朗の出番は大幅に少なかったですが、物語は面白かったです。

    前世の自分が死んだ後の家族も色々あっただろうし、再会したらやっぱり気になるよねえ、と。
    何かあれば助けに行ってあげたいと思う気持ちも分かります。
    てっきりバレるか言うかすると思ったんですが、それ以上にいい形でまとめられたので、安心しました。
    また最後に篤朗が出てくるのもナイスタイミング。
    2巻もキレイにまとまってて良かったです。

全22件中 1 - 10件を表示

はじまりのにいな 第2巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はじまりのにいな 第2巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

はじまりのにいな 第2巻 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

前世の恋人・篤朗と想いを通じ合わせ、ようやくつき合い始めた青八木新菜。しかし、父親の仕事の都合で、札幌へ引っ越すことに!! 篤朗に会いたい気持ちを抑えつつ新しい環境に慣れていく新菜に、驚きの再会が待っていた――。年の差転生ロマンス☆涙あふれる家族の章!!

はじまりのにいな 第2巻 (花とゆめCOMICS)に関連するサイト

はじまりのにいな 第2巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする