赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)

  • 843人登録
  • 4.32評価
    • (110)
    • (76)
    • (38)
    • (0)
    • (0)
  • 53レビュー
  • 白泉社 (2012年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592194385

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • オビの心変わりというか成長というか、が、見れます!
    そして白雪の城での成長?というか立場の昇任も見れて、いろいろみんなの成長に胸がくすぐったくなります(^^*)

  • 相変わらずゼンと白雪の初々しすぎるカップルに「もっと先に進んじゃいなYO!!」と後ろから突き飛ばしたいぐらいです(笑)

    なにげに好きなオビの話があって俺得な巻でした。

  • 本編ではないけれど隣国の王子の凛々しい姿になぜか笑ってしまった。そして添えられた「フィクション」の文字が……。
    本編は大変よかったです。安定の善さ!
    オビのかっこよさがさらに上がったなー。やっぱり好きだなオビ。そしてゼンが白雪を自分の馬に乗せたがってる場面とか、とかっ
    あとはお兄さんの発言。
    異様にでかでかと出ていたハキさんが気になる……。

  •  オビ過去編、そしてイザナからゼンへの挑戦状は白雪を娶りたくば「兄を乗り越えてみせよ」というものだろう。
     アニメーション版ラストのあたりを経て、白雪・リュウ、そしてイザナは北へと向かう。

  • 8巻の表紙はオビ。順風満帆に見えるゼンと白雪の間に入るとしたらこのオビなのですが、ゼンはきっとオビの気持ちなんてお見通しで、それを承知でオビに白雪を守らせているのだと思うと、その辺お鷹揚さがほんと人の上に立つ人間だなぁ、と。もちろん嫉妬もしてるんだろうけど、有用だと思えば冷静に判断できるの王子っぽい。まあ、そんなゼンが好きだってだけの話なんだけど。その辺の手のひらで転がされてる感をわかっていながら、踊ってあげているオビも嫌いではない。

  • 兄王子と弟王子のやり取りを見ているのが楽しくて好きですね♪この兄弟、もっと一緒に行動して欲しい。
    白雪とリュウは出張へ。2人の出張先にお忍びで来る兄王子は、ゼンと血の繋がった実兄らしい行動ですね(笑)

  • 相変わらずオビが格好よすぎる! 今回スポット当たってウハウハしっぱなしだった。木々嬢とミツヒデの関係も素敵すぎる。巻末おまけもよかったー。だが、やっぱり表紙だろう! 作者もミツヒデも”服を着ろ!”と言ってるが、彼はこれでいい!目の保養w


  • 台灣最新刊~

    白雪的感覺有點像秀麗?
    (不過秀麗的後台超~級硬XDD)
    想用相同的視角與位置~但因為工作,就可能會分開@@
    是說戀情一定要有鏡展的嘛~不過白熱化後,歐畢就~@@;

    新篇章~?新角色不少哩~~~
    不過明明很多新角色,卻不會有臨時掰劇場的零散感
    是私心開太大還是秋月編劇的優秀XD!?

  • 目指す未来と、二人がどうなりたいのかを確認し合った白雪とゼン。
    タンバルンへ戻るサカキを見送った帰りに急遽外泊することになったのだが、夜中にオビが一人で抜け出して!?
    そして正式な宮廷薬剤師になった白雪は、リュウと北の地に赴くことに!

    白雪もゼンもすごくしっかりしてるなぁ。公私混合しない二人の関係が相変わらず好み。
    そのうえでいちゃつける時にはそれなりにいちゃついてるからいい感じ。
    今回はちょっとオビの過去が垣間見えました。
    飄々としてるけどオビも皆のことかなり好きだよね。逆もまたしかり。
    仲が良くて大変結構だけど、オビの白雪への想いはこのまま日の目を見そうになくてちょっと切ない。
    後半は正式に宮廷薬剤師になった白雪の初出張先である雪国リリアス編。
    まさかのイザナ王子でこの先どうなることやら…。
    しかしゼンとイザナ王子の兄弟関係は絶妙でツボだなぁ。

  • きました、オビ単独表紙ー!!!!!!

    しかも今回、オビの上半身裸を何度か目に出来たので幸せ過ぎました(*´ω`*)

    最近徐々にゼン兄の株が上がってきています、自分でも不思議なくらいに。

    あきづき空太先生はどんなキャラクターもそれぞれ魅力的に描かれるので尊敬しちゃいます♪

  • 久々にリュウが出てきたので、うれしい。
    次巻も楽しみ!

  • やっぱりオビの話がお気に入り。
    リリアスの話も面白い。

  • 白雪姫誘拐事件以降、過去を払拭し、新たな絆を築きあった白雪とラジ。タンバルンからの使いを見送った帰り、雨に降られた一行は、民宿で一晩宿をとることに。そこで偶然出会った美女は、オビとは過去に何かありそうで。そんな夜、オビが真夜中に姿を消してしまい…⁈
    クラリネスで再び平穏な日々を送っていた白雪は、薬室長から突如、調査の為リュウと共に北へ赴くよう指示が出る。その北の地で、二人は奇妙な伝染病と遭遇してしまい…⁈
    ついに表紙にオビがソロで登場…♡

  • イザナ王子の立ち位置と地理がいまいちわからんな…_(:3 ⌒゙)_
    ちょっとずつ絆されてくオビがイイネ。リリアスの描き方が美しくてすきだ~

  • また話が大きく動き始めました。イザナ殿下がからんでくるとドキドキします。
    オビの過去も来るかな、と思ったんですけど、またお預けですかね。

  • “「私もゼンも オビがいるとその装備とかれてるよね
    よくそんな気がするので ありがとう」
    「だそうだぞ オビ」
    「ゼンもそうでしょう」「俺はそんな装備はないぞ」「どうかな」
    「は ははっ あはははははは」
    「…笑うところだったか?」
    「いやそんなつもりは ははははなんでだろうねえ
    ほんと俺にもよくわかんないけどね
    あんたらといるとそんな事ばっかりだよ」”

    オビ回だー。
    オビみたいな立ち位置の登場人物ってなかなかいない気がするなぁ、好きだから言動が気になっちゃう。
    人から心配されたりして驚くとことか、二人とも大切で二人からも大切とか。

    “「——オビ いい機会だから言っておくけどな もう少し自覚しろ
    いるはずの場所におまえの姿がないと落ち着かん人間がいるってな
    俺はそうだ
    わからんようなら 次は捜しに来てやらんからな」”

  • この巻だけLaLa未読だったので新鮮でした!
    毎月小出しに読むのもいいけどまとめて読むのもいいなあ。
    木々さんにくらくらする白雪かわいかったです。
    伏線かな。

    このページはフィクションです。が面白かった。

  • 目指す未来と、二人が「どうなりたいのか」を確認し合った白雪とゼン。
    タンバルンへ戻るサカキを見送った帰りに、急遽外泊することになったのだが、夜中にオビが一人で抜け出して戻って来なくなってしまい…。

    この5人が一番好きだ!
    1人欠けても良くない!白雪・ゼン・ミツヒデ・木々・オビの5人がそろってワイワイしてるのが見ててすごく楽しいです。

    今回はオビの過去も少し垣間見れて良かったです。
    それにしてもオビが怪我してるのを白雪が手当てしてる時に、わざわざ手を握って謝るのは反則!!(笑)
    ゼンが居なかったら、この二人付き合ってても絶対おかしくないシュチュエーションですよ!!(笑)

    それにしてもミツヒデの入浴シーン見たかっ…いやいやいや、木々との結婚観会話に、無駄に悶々してしまいました。
    目の前に居るその人がまさに君の理想だよ!!とミツヒデの肩を掴んで言いたい(笑)
    木々もなぜそこでオビの名前を出す!?それじゃBLだよ!!(笑)
    コンビとしてはこの二人面白いとは思いますが…(笑)

    そして舞台は北へ。
    イザナ殿下の行動が謎過ぎて気になるところですが、なんか水面下でも色々ありそうですね…。

  • オビ…!「自分の一部を」ってうわあ…。もう完全に、あそこがオビの居場所で、今のオビがいいんだね。治療の時に白雪にいった台詞とか、はー。すみませんオビ好きです。あとやっぱリュウが可愛いです。寒さで鼻の頭あかくしてんのとかもかわいい…。ひっそり無自覚フラグが。かわいい。そして「この頁はフィクションです」にさりげなくツボったw

  • もうゼンと白雪の2人が好きで好きで!!なごみます~(^O^)

  • 2012/09/05購入・10/28読了。

    セクシー・オビ。

    オビ中心の部分が多かった。

    ゼンと白雪には幸せになってほしいという気持ちもあるけど今のままでも応援したくなる。

  • 今回入浴剤シーンがあったので、初めて木々が女性というのが明示された気がする…!
    相変わらずオビが白雪のこと気になってるのかなんなのかでウズウズします。今巻も特にオビからの動きはなかったしなぁ。
    白雪とリュウで今度は北の国へ。そして案の定後から行くことになるゼン達(笑)
    それにしても城の中でじっとしてないキャラクター達だなぁ。

  • ゼンが白雪に想いを伝え、ますます心が近づく二人。きゅんきゅんします。恥ずかしい(*^^*)

    昔のオビを知る人物も現れ…。オビも(良い意味で)変わったなぁと思う(^^)

    さらに物語は新章へ。舞台は雪の舞う北のウィラント領へ。新たな登場人物も増え、ますます盛り上がる王国ロマンス登場!

全53件中 1 - 25件を表示

赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする