赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)

  • 468人登録
  • 4.25評価
    • (49)
    • (37)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 27レビュー
  • 白泉社 (2015年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592194439

赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015.4.6

    白雪 転勤する…

    オビ…が、幸せになって、、

  • でてくるごはんが美味しそうだw^q^

    兄とか母の話も読んでみたいなぁ
    将来的には白雪とゼン、リリアスあたりに行くのかもな、と思った

  • リリアスへのつなぎの巻だけど、終始切なかった。オビ居なくならないでよかった。アニメも楽しみ。だけど、折り込みのイラストには少し不安も……。

  • イザナ殿下(もう殿下じゃなくて王か?)には自分のことは「俺」ではなく「わたし」と言ってほしいなぁ。白雪、国を離れるの巻。いや、実際は2回目なんだけどさ。リュウも一緒だし、薬の勉強も兼ねてなら寂しさ半分期待半分ってことにしても、それでもやっぱ寂しいか。オビいいなぁ。あの自由さ。今はゼンの下についてはいるけど、それでもミツヒデや木々とは違う自由度。そして、鈴の飄々としたとこも好き。リリアス薬室には新たな変人?もいるしね(笑)

  • "「多く出会いがあって良かったわね リュウ」
    「うん 薬室長に会ったからだ」
    「しっかりやりなさい 白雪君の事任せるわよリュウ!
    あと肉食べなさい肉
    よし 今日は久しぶりに師弟で語らって寝ましょうか」
    「え…薬室長寝返りで重いから別の寝台ならいいけど…」
    「あっはっは」"[p.46]

    今回はオビ回ですね良い……!!
    2年後リュウが楽しみです身長ぐっと伸びそう。

    "「オビ
    どうして白雪を好きになったんだ?」
    「そうですねえ
    お嬢さんが名前を呼ぶと 自分がちゃんとそこにいる気がするからですかね」
    「そうか…おまえと白雪らしいな」
    「ははは まあ理由なんて数えた事はないですよ」
    「……おまえ…底が知れんな……」"[p.101]

  • ゼン王子と白雪、2年の別離かー。まあ、たまには遠征でいく場所っぽいけど、数ヶ月に1回くらいしか会えない環境で、オビをついて行かせるとは。ゼン王子は考えが深いのか、生来の王子様気質なのか。しかし、せっかく部屋を王宮に整えて、王太子妃としての道に進めるかと思ったら、地方転勤で物理的に一歩後退。連載を長く続けるためかもしれないけど、じゃああのエピソード必要だったか?っていう。

  • たとえば笠地蔵
    56-60

  • 今の場所から動き始めた人達の行き着く未来はどんな場所なのだろう?
    大切な人の為に動き始めた、彼らの未来が楽しみですね。
    大切な物や大切な人が沢山あるって、良い事だと思います。
    読みきりの作品も、心温まる内容で素敵でした。

  • 前巻では離れ離れになるけど前だけを向いてる白雪を見て強いなぁと思ったけど、一人で泣いてる白雪に心が震えた。
    ゼンがオビの気持ちを確認しても、オビを白雪の元に送るなんてすごく爽やかだ・・・。
    すごい信頼関係。
    白雪の涙と、みんなとのお別れの抱擁シーンが好き。
    読みきり「雫の先に」すごく古い作品が同時収録されていてびっくりした。

  • アニメ化決定!!

全27件中 1 - 10件を表示

赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

あきづき空太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

ゼンのいる王城を離れ、リュウと共に2年間リリアスに赴任する事になった白雪。白雪が旅立った2日後、ゼンはオビにある問いかけを…!? 2015年4月刊。

ツイートする