リーゼロッテと魔女の森 1 (花とゆめCOMICS)

  • 638人登録
  • 3.57評価
    • (32)
    • (77)
    • (91)
    • (14)
    • (2)
  • 49レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592194613

リーゼロッテと魔女の森 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フルバまでの高屋さんの作品は全部読んでいたのですが前作を途中で挫折した上での今作。
    警戒しつつ読んだのですが、結構面白かったです。
    ファンタジーなのにフルバの今日子さんとかフルバ後半を思い出しました。
    最初から幸せな話ではない匂いがぷんぷんしますが、続きが凄く気になります。

  • これから跳ねるのかなぁ…

  • 5巻まで読了.

  • お世話係のアルト&アンナと辺境の地で暮らし始めたお嬢様・リーゼロッテ。東の東の果てのその地には魔女が住む人無理もあると言う。慣れない耕作や料理に奮闘するリーゼをある日、魔女が襲う! そこへ現れた青年・淵月は、リーゼのよく知る人に似ていて……?

  • 姪っ子(小6・読書好き)の誕生日プレゼントに購入した三冊目。

    かの傑作『フルーツ・バスケット』の、高屋奈月作品。

    これは、だいぶ僕の好みです。

    たまらず、2巻以降も買ってしまいました。

    1巻は、姪っ子のところに送られるわけですが。

    ドイツの寒村っぽいところで、メルヘンの住民たちがほんわかと出てきて、でもメインは淡々としたお嬢様たち家族の物語。

    なんというか、貫禄すら感じる良作。

    ヨミくん面白いし、リーゼロッテは言動も行動もたくましくて可愛いし。

    お気に入りです。

  • この人の描く人物って女が強くて、男が弱い(というには語弊があるが)傾向にありますね。

    雰囲気としては、フルバ好きな人は好きだろうなって思います。
    そしてエンゲツは、リーゼが白蛇なら、牛の彼のように見えたりします(フルバの)

  • 重い内容だなぁと思った。でも、久しぶりに面白い漫画棚と感じた。

  • フルーツバスケット、星は歌うに続いての高屋先生の新作。

    フルーツバスケットは由希君が好きだったので、途中透と由希は結ばれないんだ~と知り、先を読むのを止めた。

    が、思い直し一気に最終巻まで読むと感動(>_<)

    星は歌うは1,2巻までこの作品の良さが分からず戸惑っていたが、最後になるにつれてどんどん引き込まれて、切なくて愛おしい感じに涙、涙。

    前置きが長くなったが、新作のリーゼロッテと魔女の森。

    1巻を読んだ所、まだどうなるか分からないといった所が正直な感想。

    謎が色々散りばめられているし、その謎によってどんどん面白くなるかは今からでは予想できない。

    様子見といった感じがこの1巻。

    でも強く生きようとするリーゼロッテは好感が持てるし、双子のアルトとアンナは可愛いし、次巻も読んでみたいと思った。

  • 生きること。この世で一番単純で、重くて奥深くて、難しくて大変な現実へのチカラが詰まってます。

  • 魔女が絡む話。『フルーツバスケット』の作者だと後から知りました。

全49件中 1 - 10件を表示

高屋奈月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

リーゼロッテと魔女の森 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リーゼロッテと魔女の森 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リーゼロッテと魔女の森 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

東の東の東の果て。辺境の地で暮らし始めたお嬢様・リーゼロッテ。魔女が住む森があるという地で彼女を待つ運命とは!?

高屋奈月先生の最新作、1・2巻同時発売!

ツイートする