リーゼロッテと魔女の森 3 (花とゆめCOMICS)

  • 392人登録
  • 3.70評価
    • (20)
    • (40)
    • (37)
    • (7)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (2012年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592194637

リーゼロッテと魔女の森 3 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 本誌で読んでて、コミックスも買ってると思ってたら、1.2巻買ってなかった・・・

  • こうきたか。
    続きが気になる展開になりましたな。

  • 辺境の地で仲間たちと楽しく暮らすリーゼロッテ。だが、謎の資格に狙われ淵月が負傷。アイヒェの精霊に助けを求めて木の中に飛び込んだリーゼだったが、精霊はリーゼにあることを求めてきて!? 希望と絶望の波が絶え間なく押し寄せる。

  • 私の!って胸張って言うのが最高
    リーゼちゃん結構好きになってきました

  • 契約の代償は記憶喪失

  • 壊れてしまった淵月を救うため、アイヒェの木の精霊と取引をすることになったリーゼロッテ。けれど、その代償は大きくて・・・。

    アイヒェの木の妖精が中性的な感じでしかも人間に優しくなくて何だか良かった。だって、人間に友好的な妖精ばかりではないでしょう。魔女だっていろんな魔女がいるでしょうし。そういう風にいろんな性格・風貌の個性的なキャラクターがたくさん出てくるのは高屋さんの良さだと思う。あと、落とす所まで落として、でも希望は残しつつ、そこから這い上がる強さとかを描くとことかも。
    リーゼは強いですね。たくましい。淵月の見えないところでの優しさも良かったな。でも、彼は記憶を失い、ナイトタイプからドS気質に変わりましたが(笑)でもきっと本質は変わらないのでしょう。個人的にはドSな淵月にやられましたww

  • 流石高屋さんだと思う。表現とか相変わらず素敵。

    まさかの記憶喪失に読んでいて凹んだ。

  • 今まで騎士キャラだった淵月のSっ気ある表情にときめかずにおれない…。

  • フルバのあいつを思い出すシーンが、、(^_^;)ぞわわ、、
    リズの性格結構好きかも。

  • 展開してきたーーー面白くなってきたーーー山登り出したーーー
    妖精さんなかなかにうっとぉしい人でしたね^^性格悪いね^^人間なんかエゴのかたまりにきまっとろーが^^とか思ってすみません。わかって読んでてもイライラするキャラクターでさすが高屋先生だぜ…!って思いました。
    うーーーこれからどうなるのか。。。リーゼ好き。アンナ好き!v
    しっかし記憶なくなっただけでえらい性格変わるんだなあと…えんげつ…

  • 【NDC(9)】 726.1
    【請求記号】 726.1/タ-6/3
    【登録番号】 11616
    【資料ID】 0101011616

  • すごい状況なのに、よだれとか気にしてるところが可愛い(*´▽`*)

  • 精霊や妖精や人でないものが人に優しくないと感じるのは、人の甘えかもしれない

    笑顔が痛いね~もっと痛くなりそうな気配…

  • 面白くなってきましたが、どーしてもフルバ比べてしまって☆3
    なんだろう、もう一味欲しい…?

  • “「…私の名はリーゼロッテ・ベーレンク
    君が陥っている事態はすべて私のせい 私が原因だ
    そして私は君にここにいてほしいと 望む
    なぜならばっ
    なぜなら淵月 君はっ私の淵月だからだ!!」
    これは 罪であり 罰であり エゴであり
    「あんた 魔女みたいなこと言うんだね
    …魔女なの?リーゼロッテさん?」
    再起試練という名の 始まりだ!!”

    ショートヘアくっそ可愛いな。
    展開に容赦なくてでも主人公が真っ直ぐなのが好き。
    含みが多いなー続き気になる。

    “「おはよう淵月!!昨夜はよく眠れただろうか!!」
    「それなりに」
    「それは良かった ところで何故ここに君はいるのだろうか!!」
    「?別に寝首かこうとしてた訳じゃないよ」
    「なんとそれは良かった!!
    良かったがいや 割と物騒な事を言ったな!!」
    「観察してただけ」
    「……観察?」
    「深い意味は無い」
    「…よだれ…たらしていなかっただろうか」
    「?別に」
    「そうかそれはよかった いや よくはないな!!」
    「寝起きのわりに元気だね」”

  • アルトがリーゼロッテを根暗姫と言っていましたが、想像がつき難いです。
    リーゼロッテの兄の容姿が判明。
    判明はもっと後半になってからと思っていました。
    意外と早く登場して驚きました。

    淵月の記憶喪失や刺客等問題が山積していますが、
    一先ずは一安心、という感じでした。

  • リズは本当に前向きですね!捉え方が。すごいなと思います。
    これからまた思い出を作って行けばいい知ってもらえばいいというのはよくある話だけど、与えられたチャンスだとすぐに思い直すのは新鮮でした。奪った人間に対して恨みかけて、感謝するのも。すぐさま考え方を反転させるのがすごいです。違う方向から考えるって中々難しいですよね。しかもあんな状況で。めげないなぁ。見てて気持ちが良いです。
    それでも本当に傷ついたり哀しくないわけじゃなくて、頑張ってるんですよね。生きる事を。自分で自分の命を生きる事を。自分の人生を。そして自分の行いに責任を自覚してる。だから髪の色の話のところとか、ぐっときました。泣くんじゃなく、本当に嬉しそうに笑うのがリズらしいなと。
    ありのままのエンリッヒは怖いというか、闇に近い人間だったんですね。別人のようだって、エンリッヒ自身が違和感を持つ程。何がきっかけで変わったんだろう。そのうち描いてくれるだろうなと思ってます。
    最後のリヒャルトは何を決断したんだろうなぁ。
    途中ちょとグロかったです。
    エンリッヒの見た目が本当に好みです…好きだ。そして悪い方も好きだ…。乙女のツボですよね…。

  • 相変わらず読みやすいし、見やすい。
    物語のトラウマ率と、頑張り屋さんぱねえっす具合がすごいので、苦手な人は注意かも。

  • 記憶喪失パターン来た(b゚д゚)。このコンテンツくると、「記憶なんて無くても…!!」といいつつ、過去と同じ台詞聞いて上がる↑展開が来そうと思ったら、まんまそうだったので、ナンダカな~…な。続き、どうするかな…。

全20件中 1 - 20件を表示

リーゼロッテと魔女の森 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リーゼロッテと魔女の森 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リーゼロッテと魔女の森 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする