それでも世界は美しい 2 (花とゆめCOMICS)

  • 345人登録
  • 3.66評価
    • (16)
    • (39)
    • (43)
    • (2)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 椎名橙
  • 白泉社 (2012年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592194729

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

それでも世界は美しい 2 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正式な婚約の大典を執り行うことになったリヴィウス一世とニケ。
    しかしリヴィウスを快く思わない神官庁から婚約の承認を得るために、ニケは「闇返りの儀」の試練を受けることになる。

    1巻より2巻の方がより面白くなったように感じます。
    しかし指輪がキレイに真っ二つに斬れられちゃいましたが…。
    あと、「闇返りの儀」で受け取るはずだった指輪はどこいっちゃんたんでしょう。結局ないままで終わりましたけど。
    でも割れた指輪でいいまとめ方されたので、そんなに気にしなくてもいいのかなぁとも思います。

    そして、おじさんはニケの心を確かめたかったのかなぁと思ったんですが、リヴィウスがものの見事に誤解したまま今回は終わりましたね。
    割とリヴィウスって感情的になりやすい子よね、と思ったりも。

  • リビとニケの距離が縮まり過ぎだろ?ってくらい縮まってる…
    もう、リビはニケを失ったら生きていけないのか…
    ニケが大切過ぎて、その他の事が見えないって、王としては大問題だぞ…

  • 私の大好きな、年下男の子が年上女の子を好きな話だー!
    花ゆめ好きなのに、なぜ今まで読まずに来たんだろうかと疑問に思っている(≧∇≦)巻数も結構多いのに。
    2巻は浮気?的な不穏なところで終わっているので、早く続き読み進めたいものです。

  • 4-2
    ---
    婚約式と叔父の帰還

  • 爽やかで気持ち良い、悪意のない作品

  • 自分の命を狙ってきたものを利用して自分たちのことを承認させる。策士だなぁ。

    バルド登場。

  • 2014 7/5読了。
    1-7巻まで一気読み。

  • 内の敵の多さが、リヴィウスがいろいろと力でねじ伏せた感じがしていいなぁ。

  • いつの間にやら相思相愛になってる!
    しかし最後の展開はちょっとビックリ・・・。

  • ほのぼのして可愛かったのに「姦通罪」に驚きました。
    これ読んでたティーンズは辞書引いただろうなぁ(笑)。

全21件中 1 - 10件を表示

それでも世界は美しい 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それでも世界は美しい 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

それでも世界は美しい 2 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする