それでも世界は美しい 3 (花とゆめCOMICS)

  • 315人登録
  • 3.76評価
    • (15)
    • (41)
    • (29)
    • (2)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 椎名橙
  • 白泉社 (2012年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592194736

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

それでも世界は美しい 3 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この巻で、本当に両想いになったリビとニケだね。
    無意識(自然と)で、キスして、互いに真っ赤になるとか、初心(ウブ)過ぎで見ている方が照れるわ(笑)
    ニケが自覚したおかげで、リビの一方的っぽい想いが報われたみたいで良かった。(やっぱり、年下男の子って不利だよね…)
    しかし、ニケの公式ではないけど、決まっていた結婚相手ってどんな人だったんだろうね…

  • 9-14

  • バルドが好きです。

    これからも苦労は絶えないだろうけど頑張ってほしい。

    そして、ニケの国へ行った二人はどうなることやら。

  • 20140826
    とりあえず3巻まで。
    典型的花ゆめ系ファンタジーっぽいのが読みたくて、店頭で見かけて気になりまして。
    絵柄も内容も花ゆめって感じでそれなりに満足。
    正直、アニメ化するほど?と思ってしまったけど、歌う場面があるのがいいのかな、と思ったりした。

  • 2014 7/5読了。
    1-7巻まで一気読み。

  • 婆さんが世界を案じているとことか、風呂敷の広げ方いい。
    リヴィウスとニケ2人だけの世界に閉じこもるには二人とも権力が大きすぎるし。

  • 次は雨の公国でリビの試練。
    1~2巻から面白さが増した!

  • 面白いお話だけれど、ちょっとスパイスが効かない感じが…。

  • リビとバルドを仲直りさせたいと考えるニケは彼らをそれぞれ呼び出し、お互いの気持ちを伝え合う場を用意することにした。一方、その頃、王宮にはニケの故郷・雨の公国からニケの婆様が危篤だという報せが届いて……。

    雨の公国を訪れることになったニケとリビ。姉ちゃんズが色んな意味で強い(笑)でも最強なのは婆様wwすごい所で終わってるから続きが気になる。ニケがこのまま黙っているわけはないとは思うけれど(笑)リビの「俺の女」宣言にキュンとした♪

全13件中 1 - 10件を表示

それでも世界は美しい 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それでも世界は美しい 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

それでも世界は美しい 3 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする