それでも世界は美しい 6 (花とゆめCOMICS)

  • 261人登録
  • 3.86評価
    • (15)
    • (26)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 椎名橙
  • 白泉社 (2014年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592194767

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

それでも世界は美しい 6 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「砂の皇国編」甘い、甘いぞ、太陽王… 残酷無慈悲な世界王じゃ、なかったのか…
    ニケも、未来の世界王妃として、そんなに甘くていいのか?とも思ってしまう…
    新章「湖の王国編」に突入。
    相変わらず、ルナ姫は可愛いね。
    ニケに懐いてしまったのは、残念だけどね…(ニケに喧嘩売っていた勝気なルナも可愛くて好きだったから…)
    それにしても、太陽王が自国を留守にし過ぎなのでは?と思ったりもするのだが、バルド殿下が国に戻って来て宰相を頑張っているから、王様であるリビが自由に動ける様になったって事かな?(バルド殿下が戻って来るまで、宰相の席って空席だったのかな…と、ちょっと疑問…)
    「概ね、世界は美しい」現代版の場合だと、リビ太の最大のライバルって、ニケと同じ学校の生徒では?と思うのだが…
    そこそこ可愛い巨乳の女子高生って、同校にしろ他校にしろ、男子高生にモテるだろうなぁ…と思うんだけど…(現代版の場合は身分差もないしなぁ…)

  • 砂の皇国編は胸が暖かくなるお話でした。

    妹さんの願いが叶ってよかった。ファラハがかわいい。

    可愛いといえば、ルナも。婚約話はどうなるのやら。

  • 砂の皇国編クライマックス、すごく良かった。
    リビのやきもちもかわいい。
    次は湖の王国、フォルティスはいいやつなのか気になる。

  • 2014 7/5読了。
    1-7巻まで一気読み。

  • アニメが面白くて読んでみた。
    久々の少女マンガ。

    最近はめっきり読むことが減った花とゆめ系漫画。
    もともと作者自体はザ花とゆめでよく見てて好きだったので、読んでみてやっぱり好きだなあ~って思った。
    テンポよくて読みやすくてまた読みたい漫画。

  • 前から気になってたので一気購入
    予想以上に面白かった!
    こういった当たり作品に出会えると堪らなく嬉しいですね

  • あぁ、これ面白い。
    そう思わせるお話でにやにやしておりました。
    女性の男装、好物です!

  • 砂漠の国編完。

  • ニケは確かにちょっと無防備だよね…。リビ、ファイトー。

  • 砂の皇国編クライマックスと新章・湖の国編開幕。
    砂の皇国編のラストは予想通り。砂漠の潮は満開になると思いましたよ(笑) あと「おためごかし」が何か分からなかったからググったよ (笑)
    ニケを心配して追いかけてきたリビにニケが抱き寄るシーンが良かったです。あと、部屋に拉致されるとこww
    湖の国ではニケが男装してます!違和感ないww新キャラのフォルティス公、ヒゲ剃ったら結構若いんじゃないの!?(笑)

    アニメ化に驚いたけど6巻ぐらいだと話的には短いんじゃないのかなぁ?ニケとリビの声優は誰が演じるのか気になる。ニケの歌声とかもね。

全16件中 1 - 10件を表示

それでも世界は美しい 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

それでも世界は美しい 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それでも世界は美しい 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

それでも世界は美しい 6 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

砂の皇国でニケが目にした、人々の悲しみ、そして微かな希望。
すべてを胸に、ニケはふたたび歌い、雨を呼ぶ。
この雨が伝えるものは…。
2014年1月刊。

それでも世界は美しい 6 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする