スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)

  • 337人登録
  • 3.89評価
    • (21)
    • (38)
    • (25)
    • (3)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 仲村佳樹
  • 白泉社 (2015年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592194972

スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何故、裏表紙でこの巻のほぼ一部始終をネタバレするのか。

  • 困り顔の敦賀さんかわいい。
    いつまで読み続ければいいんだ、と新刊を読むたびに思っている気がするが好きなんだからしょうがない。

  • 母娘編
    ついにキョーコの過去の部分に触れる内容に突入!!
    続きが気になります!

    カバーイラストがどれもいいですね〜

  • お母さん登場によってキョーコの心がさらに・・・といったところ。

    そして弱ったところに登場する敦賀さんかっこよすぎ。コーンだとバレるまでは行かなかったけど、あと少しな気がする。

  • キョーコと母の関係については分かったが、それ以外の部分がほとんど進まないのがもどかしい。最後のヒキは面白そうなので、次巻に期待。

  • ちょっと展開がダラダラしてしまってはいるけど、母親の言葉に傷ついたキョーコがコーンと間違えて蓮に泣きつくシーンがよかった。キョーコが落ち着いた後の蓮の気まずそうな、困ったような、でも優しい表情が好き。

  • トラマ編もほぼ終了。ありえん。とツッコミながらもカインとセツを演じてる二人はドツボだったのはここだけの話。カインさんは敵に回したくは無いが、彼氏にはほしい…かも。は、さておき。帰国後の京子を待ち受けていた現実は中々しょっぱい。「自分は不幸だと哀れんだ事は一度も無い」といいつつも、寂しさはあるわけで。なんでそんななのか、冴子の襟首つかんでガクガクいわせたい。最上川怖いけど。「今回のこの状況をあの娘がどう受け止めるかで決まる。ただの"傷"にするのか。それとも宝にするのかー」社長ももどかしいよねー。

  • ついにキョーコ側の事情が動く…!

    早くらぶらぶになってくださいお願いします。

  • 37巻読了。
    全巻までの話をすっかり忘れていたというか、兄妹の茶番がどうなったのかあんまり覚えていないのだけれど、やっと京子本来の流れに戻ったと思っていいのか?
    久々の不破翔の登場なのに、めっちゃ不憫…

  • 母が強烈すぎて、キョーコが可哀想だった(泣)そんな彼女の前に現れたのはやっぱり彼でしたね〜。でも、恋愛面は進んだような戻ったような感じでもどかしい(笑)

全19件中 1 - 10件を表示

仲村佳樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

千織の付き添いで訪れたTV局でキョーコが鉢合わせてしまったのは、幼い日からキョーコの胸に暗い影を落とし続ける人物…母・冴菜!キョーコを一瞥し、言葉を交わすこともなく眉を顰めただけで去った母が、後日、弁護士として出演したTV番組で「私に子供はいない」と発言。存在すら否定されたキョーコは?
2015年9月刊。

スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする