恋だの愛だの 9 (花とゆめCOMICS)

  • 124人登録
  • 4.33評価
    • (15)
    • (11)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 辻田りり子
  • 白泉社 (2015年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592195092

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

恋だの愛だの 9 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 今迄で一番の心理戦。
    会長が真顔で「ごねるだろう」と言ってるところは何度見ても吹き出してしまいます。

  • まさに表紙の三角関係の内容です!!
    恋愛に対し強気な矢吹会長、それに対し弱気で敗北感を味わう椿くん。(うっわ〜、 凄い貴重なシーンです。)
    しかし、今回一番印象残ったのは桃ちゃんだわぁ。中学校時代はホンワカ癒し天然系かと思ったけど、高校になってからはあの椿くんに意見できちゃうくらい「強い子」に!大人になったよねぇ〜。

  • 予想以上の展開。
    まさか1冊で2人から告白されるとは。
    でも2人とも素敵だなぁ。
    帯の「俺がついに土俵入りする話」ってなんのことかと思った(笑)
    桃ちゃんと椿君の出会いの番外編も面白かった。

  • "適材適所 これに限る 専門外には関わらないでおこう
    恋だの愛だのには一切関わらない
    そう思っていたのに"

    次巻話動くかな。

  • 面白かった!!
    これまでのかのこと椿くんの関係も好きだったけど、やっと主人公であるかのこ自身が恋愛に巻き込まれていく様ににやにやが止まらない。
    会長はかのこが好きというよりも、興味があるから側に置きたいっていう感情のもとに動いている気がする。だからこそ、これから会長のかのこに対する気持ちが揺れ動いていったらいいなあと。
    あの、王子様だった椿くんが自分を省みるようになったことに感動。椿くんってカリスマ性はあっても人として好きになれない部分あったから、この巻ですごく好感度が上がった。

    最期の告白で終わるっていう引き方が…!!!
    コミックス派なので次巻まで待つのが辛すぎる。

全5件中 1 - 5件を表示

恋だの愛だの 9 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋だの愛だの 9 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋だの愛だの 9 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋だの愛だの 9 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

16歳の誕生日をかのこと過ごせて幸せ一杯の椿。だが翌日、かのこと生徒会長の矢吹が一緒にお昼を食べると言い出して奇妙なランチタイムに!?そんな中、突然矢吹に呼び出されたかのこに想定外の事態が… 椿と桃香の出会いを描いた特別編も収録!
2015年8月刊。

恋だの愛だの 9 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする