エスケープ・シープ (花とゆめCOMICS)

  • 48人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 梓弥ちとせ
  • 白泉社 (2015年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592195405

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

エスケープ・シープ (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 2017/03/25購入・09/16読了。

    シーナの純粋さ。ロミオのどやっぷりとの組み合わせが興味深かった。

  • 赤い瞳と白い髪を忌避され、修道院でひっそり過ごしていたシーナ。
    そこへ現れたのは、俺様ちびっこ魔法使いのロミオ。
    研究機関に狙われている彼の魔力回復はシーナの甘いキス!?
    さらにロミオの真の姿は…。

    人とは違う赤い瞳と白い髪のせいで修道院生活を余儀なくされたシーナが、俺様な魔法使いロミオと逃避行するお話。
    絵が可愛いし、話も一巻完結でちゃんと終われているのでよいのだけど、一応追われている身なのだから、もう少し危機感というか、変装くらいはすべきではないかと気になってしょうがなかった。
    ただでさえ目立つ容姿なんだし。ロミオが気にしないと言ってくれる、というのは重要だとは思うけど、だからって逃亡中に対策をまったく立てないのが不自然で仕方ない。
    生い立ちのせいで自己犠牲精神強いのは仕方ないけど、毎度助けるロミオは大変だ。
    最後は平和に終わったのでよい…んだけど、なら最初からすれば良かったのでは? と思ったり。

  • 可愛いんだけど、ちょっと都合よく話が進みすぎな気がする。

  • 2人の逃亡劇、もっと色々な場所まで逃げ回って欲しかった。
    省エネモードの俺様ちびっこ魔法使いが可愛いくせに紳士とか、色々な意味でイケメンでした。

  • ちびっこ魔法使いと、修道女の逃避行。ロミオがとても紳士だった。

  • 白い髪と赤い瞳の修道女シーナが出会ったのは、研究機関に追われている今では珍しい魔法使いの少年ロミオ。
    可愛い絵に可愛い物語でお気に入りになった。花ゆめコミックスらしい少女漫画。
    ロミオが本当にいい男。個人的には小さい方が好き。シーナにベタ惚れなのが可愛い。
    シーナは人に忌避されてきたからこそ自己犠牲的な考えの持ち主だけど、芯が強いので好感持てる。そして何気にシーナの方が口説き文句言ってて、天然ヒロインとしての可愛さと破壊力がすごい。
    最終話での告白シーンも良かったし、ラストページはいちゃいちゃが甘すぎる。
    おまけ漫画は、シーナの髪に関する話でそうだったのかと分かる話。

  • 白泉社の作品らしい作品。
    魔法使いと、わけあり修道女と逃避行ファンタジーロマンス
    このまま、連載をして続巻がでてもいいような作品。
    作者もこの作品が初コミックスらしいのですが、惣司先生の作品を思わせるような夢のあるかわいいファンタジーです。
    表紙の男の子は子供ですけど、実はキスすると変身もしちゃいまーす。
    そんな大人になったロミオの姿もお楽しみに!

全7件中 1 - 7件を表示

エスケープ・シープ (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エスケープ・シープ (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エスケープ・シープ (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

エスケープ・シープ (花とゆめCOMICS)の作品紹介

紅い瞳と白い髪を忌避され、修道院でひっそり過ごしていたシーナ。そこへ現れたのは、お菓子が大好きな俺様ちびっこ魔法使いロミオ。研究機関に狙われている彼の魔力回復は、シーナの甘いキス!?さらにロミオの真の姿は…!?スイート&キュートな逃亡ロマンス!
2015年1月刊。

エスケープ・シープ (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする