狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)

  • 246人登録
  • 3.80評価
    • (8)
    • (33)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 可歌まと
  • 白泉社 (2015年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592195474

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 8、9巻あたりで、おもしろくなかったら次で読むのをやめようと思っていたのが、ここにきて本当におもしろくなってきました。
    兎花嫁ちゃん、覚悟が決まったおかげでかっこよくなってきて。狼陛下とはしばらく離れ離れなのかもしれないけど、ここは少女マンガの定番で再会したら一気に甘くなることを期待して、花嫁の活躍を見守りたいと思います。

  • 愛だね、愛!
    陛下がこの巻は出番がほぼ無くて、少し残念。と思っていたけど、
    夕鈴の行動力でプラマイ0、いやちょいプラス。

    水月と方淵のタッグが、
    この王宮の未来を語っているようで、嬉しくなった。

    早く次出ないかなー。

  • 本誌既読。
    去年1年のうち半分ほど夫婦が一緒にいなかった期間丸々な12巻。潜入して陛下の異母弟に会いに行ったり、王都に戻ったり。
    本編の合間に挟まれる夫婦いちゃいちゃワンシーンや4コマににやにやが止まらない。ワンカットだけでも、離れ離れな夫婦が仲睦まじいのを眺めてると、ほのぼのしていて幸せ。
    幼少の陛下の色んなパターンに悶えた。
    番外編読んで思ったことは、着て分かるんだ夕鈴!?彼シャツならぬ夫マント?寝ぼけて混乱中な嫁可愛い。でも常習犯な陛下がさらに可愛かった!
    次は秋なの?本誌追っかけてるけど、そう思うと長いなぁ。

  • バイト后ではなく、一介の下町の娘として王宮の皆の強力を得て、陛下を守ろうとする夕鈴。健気でいい子じゃないかーーー。陛下と親しくなっても自分の立場をちゃんとわきまえてて、好きになってはいけない相手として踏ん切りをつけようとする姿勢に胸を打たれる。
    夕鈴と紅珠の友情スキなので、彼女に本当のことを伝えられて良かった。

  • ※感想は第14巻のレビューに。

  • 花嫁バイトの終了が宣告され、下町で過ごす夕鈴の下へ現れた周宰相。
    彼は王都を離れるようにという陛下からの意向を告げる。
    王宮の勢力争いが激化する中、夕鈴が避難先に選んだ場所は?
    一方夕鈴不在の王宮では、狼陛下の様子がおかしくて…。

    勢力争いの巻き添えを回避するべく夕鈴を遠ざけた狼陛下…だったんだけど、まぁ夕鈴がはいそうですかと頷くわけがないよね。
    凛としてるシーンはかっこいいので好きなのだけど、割と周囲を巻き込んで無茶をする夕鈴がハラハラする。
    陛下の弟君は幼さもあって普通にいい子だったけど、こういうのは大抵母親が腹黒いよねーと思ったら予想通りで笑う。
    陛下のためにも水面下で阻止しようと奔走する夕鈴はとても良かった。
    何だかんだ、信頼できる仲間達も出来ていたことを実感できる。
    最後のノリはさすが夕鈴だといっそ感心した。

  • 狼陛下の元花嫁は、後宮の外でも逞しい。
    バイト花嫁の期間の長さは判らないけど、その限られた期間で得た物は大きいね。
    後宮の外に出されても、元妃に味方がいるって、今後の事を考えたら本当に心強い。
    敵に負けず怯まず立ち向かえ、狼陛下のお嫁さん♪

  • 60-65
    特別編


    疎開?、晏流公屋敷潜入

  • この作品が好きなのはやっぱり夕鈴の魅力に限る、そう思わせてくれる本巻。
    妃ではないけれど、陛下の事を思って頑張る夕鈴の姿がけなげ。
    そして久々に王都へと戻り懐かしい人々との再会に胸熱くなる。。
    陛下との再会はきっと次巻に。
    気になるところで終わっているので、早く続きを読みたい。

  • 花嫁のバイト終了を狼陛下から宣告された夕鈴だが、陛下と同じ目線に立ちたいと、陛下の弟君・晏流公の邸に潜入することを決意。そこで陰謀的なことを目撃してしまうわけですけれども、夕鈴、たくましすぎる(笑)彼女はどこででもやっていけそうな気がするwwけれど、狼陛下は回想シーンでぐらいしか登場せず、甘い展開はちっともありません。早く再会して欲しいけれど、2人が再会したらラストまで一気に進んでいきそうな予感。そして、夕鈴が狼陛下の知らない所で起こったあれやそれなことを陛下が知った時の反応が楽しみだ(笑)

全15件中 1 - 10件を表示

狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

花嫁バイトの終了が宣告され、下町で過ごす夕鈴の下へ現れた周宰相。彼は、王都を離れるようにという陛下からの意向を告げる。王宮の勢力争が激化する中、夕鈴が避難先に選んだ場所とは? 一方、夕鈴不在の王宮では、狼陛下の様子がおかしくて…。
2015年3月刊。

狼陛下の花嫁 12 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする