ウラカタ!! 1 (花とゆめCOMICS)

  • 332人登録
  • 3.66評価
    • (12)
    • (36)
    • (33)
    • (4)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 葉鳥ビスコ
  • 白泉社 (2015年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592195610

ウラカタ!! 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 楽しい!!
    大学のサークルもので、ものづくりありで、部員は皆可愛くてって、ツボです。
    また美班の設定が、大学で演劇サークルの裏方やってた身としては(簡単なものしか作れなかったけど)懐かしくもありワクワクもします。
    いいな、いいな♪

    特に好きな同時人物は瑠佳さん。
    ネチネチ陰湿なイヤミを言ってくる監督に対してよくぞここまで誠実に…(涙)
    仕事の姿勢とか見習わなきゃなと思いました(反省)

    2巻も楽しみ♪

  • ビスコ先生といえばホスト部の!と作者に釣られて読み始めましたが、頭を使いながら読んでいる感。読後に少々の疲れが出ます。
    大学のサークル活動をテーマに物語が進み、キャラは主人公・サークルメンバー・他サークルメンバーと多岐に渡る。
    話を読み進めるうえで、個人的にはゴチャッとした印象があるので、それが読んでいて疲れる要因のひとつとなっているかもしれないです。

  • 電子書籍で一話読んで、続きは立ち読み。
    じつはすごい系主人公好きー。恋愛ものでないの少女漫画でやる勇気すごい。
    相変わらずさらっとイケメン描いちゃうこの画力はなんなんだろうな。
    あと引き出しの多さ。作者さん絶対趣味多いよね、親しみ感じる。負けない←
    話のテンポはホスト部から進歩なし。トラブル起きて実力で解決か、平和な日常の二通りしかない。血界戦線の話の途中から入る感じとか見習うといいと思うよ。
    取材できるのいいなー。

  • ビスコ先生最新作(((o(*゚▽゚*)o)))
    絵柄的にファンタジーかなぁと思ったら、大学サークルものだった。
    南マキ先生の声優かっ!といい、他ジャンル化しての漫画制作多いねぇ\(^o^)/
    裏方の仕事が漫画経由でも知れるのは、サブカル好きとしては嬉しい限りです。
    モルタルとコンクリって砂利かどうかの違いなのか…。

  • 大学サークル「美班」の彼らの仕事は、最早プロレベル。
    仕事の質も想いもプロと変わらない。
    映研の制作を陰ながら支える「美班」の物語。
    俺様な部長の活躍をもっと見たい。部長の活躍を見守り続けたいと思います♪

  • 登場人物が多くて覚えきれない。
    2巻を買うか迷い中。

  • 『桜蘭高校ホスト部』途中で読むの放ったらかしにしてるんだけど……こんな面白い漫画描く人だったのか!内容はありきたりと言っちゃありきたりだが,ありきたりで済まさないのが,面白い漫画,読ませる漫画,上手い漫画なわけで。しっかし,蘭丸の突き抜けたネガティブさときたら。よくある皆キラキラネームやと思ったら,映画監督の名前もじったものだったんやね。

  • 騒がしくてゴチャゴチャしてるなーっていうのが第一印象。見てて少し疲れた。
    でも、舞台美術や衣装など、裏方部門に特化した部活っていう設定に惹かれた。今後に期待。

  • むちゃくちゃ面白かった(≧∇≦)限られた時間と予算で最大限のクオリティを目指す「美班」こと大学生美術制作サークルに、超ネガ思考だけどそちら方面に絶大なセンスのある蘭丸が運命のごとく入部する様がフルスピードで展開。楽しみな連載が始動した予感。物作りに関してはプロな漫画家さんの醍醐味を見せて欲しい。期待大。

  • カバー買いしたら面白かった!ホスト部はあんまり…だったんだけどこれは好き。鯖味噌が美味しそう…

  • 2015.2.8

    大学映像系サークルの裏方を一手に引き受ける美術班の話

    つり目超ネガティブ主人公くんは実は超器用で勘の良い子だった。
    それは使わねば‼
    で、一癖も二癖もある美班であれやこれや

    楽しいよ

    つり目はなかなか良い!
    困っててもつり目!かわいい!

  • 桜蘭高校ホスト部の葉鳥さんの新作。大学の映画サークルの裏方を一手に引き受けるサークルの話。主人公はウジウジ系?とも言い難い微妙な1年生。ホスト部の開始の時もあんなに面白くなるとは思ってなかったので、今後に期待。画面がややうじゃうじゃしている。

  • 表に立つ人ばかりが注目されがちだけども、本当にすごいのはそれを支えてくれる人だったりする。限られた時間を遊んで終わるか、「活かして」終わるかでその後が変わるんだよなあ。

  • 合わない環境にいたために真価が発揮できず、ネガティブになっていた主人公が、大学で偶然才能を見出されて活躍するお話。美術班という世界が新鮮でした。楽しそうでいいんですが、主人公の主体性が弱く、あんまりぐっと来るものがなかったというのが正直な感想です。

  • やっぱ葉鳥さんのテンション好きやー!

  • 20150113
    電子書籍にて

  • おどおどしていてすぐ謝ったり泣いたりする男子は好きじゃないけど郷田に引っ張られてだんだんと変わっていく主人公は魅力的。

  • 青春もの。
    主人公が自信がなくて、ネガティブ気味。
    ハチャメチャな人ばかりのサークルで
    これからどう変わっていくのか楽しみ。

  • 面白かった! 直角萌え(笑)、良いですね!

  • 大学の美術班というサークルでのドタバタスクールライフ。
    生まれも育ちも違う人々が集い、それぞれが持ち合わせた能力をうまく発揮しながら、楽しい大学のスクールライフをエンジョイ。
    いろいろな困難、無理難題を面白おかしく解決していきます。
    楽しく読めればそれでokです。
    蘭丸くんは、恋しちゃったのかしら?
    2巻お楽しみです。

全22件中 1 - 22件を表示

ウラカタ!! 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウラカタ!! 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウラカタ!! 1 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

超ネガティブ思考の七石大学一年生・蘭丸は大学構内でなんと映研が撮影中のゾンビに遭遇!血糊に驚いて気絶した蘭丸が目を覚ましたのは「美班」こと映研の美術制作班の部室。部長・郷田をはじめとする個性的なメンバーに出会い、蘭丸の日陰生活が一変することに!?とびっきりのハイパー☆青春DAYS、待望の第1巻登場!!
2015年1月刊。

ウラカタ!! 1 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする