かわいいひと 2 (花とゆめCOMICS)

  • 171人登録
  • 4.00評価
    • (14)
    • (9)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 斎藤けん
  • 白泉社 (2016年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592195870

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かわいいひと 2 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • ペーパー2種類入りで、どちらもかわいかった。
    夢の国デートはしもべ妖精が不意打ちすぎて笑った。
    花園くんの友達・原っちが登場する直前のシーンはもうたまらない。原っちは花園くんを心配するあまり日和に当たるけど、花園くんのためにああいう展開になるとは。日和のライバル的存在か。
    海に行く話は、お兄ちゃんと花園くんがなんだかんだ距離が縮んできて、お兄ちゃんは日和に嫌われる始末。
    母の代わりにフラワーアレンジメント教室の講師を務める話は、誤解解けてよかったね、って微笑ましくなる。
    夏祭りデートの引きはどういうことなんだろう?

  • 花園くん、相変わらず恐がられてるんだけど、笑うとかわいいんだよねぇ(笑) それが分かってる日和ちゃんはさすがです。
    今回は花園くんの唯一の親友が!(失礼) 花園くん愛されてるなぁ。花園くんを巡って日和ちゃんとの間で水面下バトルが起こりましたが(笑)、でも花園くんのために歩み寄ったのはすごいですね。花園くんパワー、恐るべし。
    そして日和ちゃんのお兄さん再登場! わーいわーい! 相変わらずフリーダムだわぁ(笑) 
    お兄さん出るとコメディ色が強くなるので大好きです(笑)
    でも無駄に貫録(?)があるせいか、花園くんより年下だって忘れちゃう…(笑)
    そして日和ちゃんと付き合ってなければ、たぶんこの二人はすごく仲良くなれるんじゃないかと思いました(日和ちゃんが怒るくらい話が合ってる・笑)

  • タイトル通り、彼氏目線でも彼女目線でもとにかくかわいいひとたちだ…!
    ランドにいく話も好きだし、原くんの話も、海にいく話も好き。
    海でお兄さんと花園さんが仲良くなって日和さんが怒る話は笑えて楽しかった。
    「これからもずっと一緒にいたいからちゃんとしたい…」には胸きゅん。
    続きも楽しみ。

  • 斉藤先生は、私ら、ファンの心臓を破裂させる気なのか!?
    大歓迎だがなっっ
    ギャップの大きさって表現は少し的を外してしまっているかも知れないが、通常時、人を呪い殺しそうなほどおっかない顔の青年・森也が、ふと見せる可愛い素、そこに悶えちゃう日和、結構、マニアックとも言えるが、誰も知らない好きな人のかわいい顔を知っているのは自分だけって優越感に浸れるってのは、女の子なら誰でも経験があるだろう
    フォローのしようがないほど、森也は悪人面な訳だが、彼は自分の内面をしっかりと見てくれる女性に出逢えた。そんな幸せに驕る事なく、彼は他人と積極的に関わりだす。まだまだ、怖がられてばかりだが、中には見た目のイメージに囚われず、向き合おうとしてくれる人も。やっぱ、好きな人の為に自分から動ける男はカッコいい
    ある意味、森也ほどじゃないにしろ、自分の凶悪な貌にコンプレックスを抱いている男性に勇気を与えてくれる少女漫画じゃあるまいか、この『かわいいひと』は
    また、ストーリーが、少女漫画らしさとリアリティのバランスが取れているモノってのも、ファンを着実に増やしている理由だな
    デートの行き先が某有名テーマパークだったり、海や夏祭り。ベッタリな男友達と彼氏を巡って衝突したかと思えば、彼氏といつの間にか仲良くなっちゃっている自分の兄に嫉妬しちゃったり、と。恋をしているなら、誰にでもあるようなイベントもといトラブルをストーリーの主軸にして、森也と日和の恋人としての仲を進展させていく、上手いなぁ、斉藤先生
    『日々蝶々』にしろ、『ハル×キヨ』にしろ、ホントに質が高く、壁をブチ抜いている少女漫画ってのは、男も女もなく、読み手を魅了できる
    良くも悪くも優しい気性から、男らしくガンガン行けない森也に対し、呆れつつも、そこが可愛いな、と思う読み手も多いだろう。キスでここまで赤くなっちゃうとなると、しばらくは、次の一線を越えられなさそうだ・・・・・・まぁ、男らしい日和に襲われちゃうパターンがあるけど、それはそれで少女漫画としてアリだろう
    2巻の締め方が、これまた、上手い。確実に3巻を買おうって気にさせる。別段、あざといとは思わない。この手のテクを駆使している漫画は山ほどある訳だから、この『かわいいひと』だけに苛立つってのは筋違いだ。読み手の気を逸らさない技術があってこそ、一流の漫画家だ
    彼女の家族から悪く思われたくないからこそ、彼女が振り絞った勇気を無碍にしてしまう、間違っているとは言い難い、森也のこの選択が一体、どんな波乱を巻き起こしてしまったのか・・・・・・いやぁ、今から感想を書くのが楽しみでしょうがない
    どの話も胸が痛くなるほど甘酸っぱいのだが、個人的には特別編がお勧めだ。『かわいいひと』がどんな話なのか、森也と日和がどんな恋人なのか、を判り易く纏めてくれてある
    この台詞を引用に選んだのは、森也が特に可愛いからだ。好きになればなるほど、好きになって貰えるほど、相手を知りたくなるし、触れたくなるし、一緒に居たくなる。自分が、とんでもない欲しがりだった、と気付いてからが恋愛なのかも知れん

  • 特別編+第5〜8話収録。
    花園くんの幼馴染の原くん(あだ名は原っち)登場、ランドと海のデート、セミナー講師の話。7話(海デート)がいちばん好き。死神やしもべ妖精(笑)と怖がられる花園くんも、遂に目つきの有効活用できました。そして「拗ねててかわいい」発言の花園くん、そんな彼を見て日和が和馬の視線を無視してでも抱きつきたくなるの分かる。原っちはきつい口調がネックになって友だち少ないのかも、だから執拗に日和に攻撃したんだろうね。8話ラストの花園くんは紳士で素敵、こういうの大切。日和の両親と出会う話はいつですか。

  • いやー、ニヤニヤしたwほんとに、かわいいカップルだなあ(´ω`*)夢の国、海水浴、花火大会デート。鈴木兄が認識改めてくれたのは良かったけど、仲良くなりすぎて笑った。空気読めないというか、妹心がわかってないシスコンだなwていうか、原っち回もそうだけど、(和馬は不本意だろうけど)森也を挟んだ三角関係になるんだね…w森也マジヒロインw

  • 相変わらず花園くんが不憫でした。

全8件中 1 - 8件を表示

かわいいひと 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かわいいひと 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かわいいひと 2 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

「死神」と怖がられる見た目だけど、笑顔がとびきり可愛い花屋の花園君。そんな彼の魅力を知った美少女・日和とピュアなお付き合い。夢の国、ビーチ、花火大会…2人だけの思い出が増えてゆく♪
2016年1月刊。

かわいいひと 2 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする