BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)

  • 195人登録
  • 4.37評価
    • (39)
    • (22)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 池ジュン子
  • 白泉社 (2012年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592195993

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 男性が苦手な子が、クマの着ぐるみに恋をした!

    んー、クマさんが可愛いわぁ(///∇//)
    犬飼くん、かっこ可愛いわぁ(///∇//)

    ほのぼのとしたギャグもありつつな恋愛ストーリー!
    ほんわかしたいときにお読みください♪

  • 熊さん脱いだ犬飼くんがとてもとても好み。春佳のペースに合わせてあげられる優しいところも本当はただ臆病なだけのところも良い。春佳は終始可愛くて犬飼くん…わかるよ…!というきもち。

  • 全2巻。
    恋した相手はデパートの屋上でクマの着ぐるみを着てバイトしていた男の子。

    設定が今までになく面白そうで購入。女の子が男性恐怖症なので基本的に男の子はいつもクマの被り物を付けているのですが、それがまたいろんな場面で笑いを誘う(笑)
    しかし、設定は面白いのですが、……なんか惜しい。物語の波がいつも一緒で大きな事件も起きずにつまらなく感じる。変動があるかと思えばやっぱり変わりなくて、絵も綺麗だし、所々好きなシーンがあったりするので本当に惜しいです…!!
    ☆4つはつけられなかった。

  • 高校一年生の渕中春佳が今夢中なもの――それはローカルデパートにいるクマさん!
    可愛いものが大好きな春佳は、クマの着ぐるみに恋をしてしまう。
    しかしある日、友人にその着ぐるみの中は「おっさんだよ」とからかれて、泣きながら確かめに行くが…。

    おお、これは癒される少女恋愛漫画。読んでるとほのぼのします。
    ってか着ぐるみ男子イイ!!(笑)
    中身がおっさんでもマッチョでもなくて良かったね春佳…(笑)

    クマ着ぐるみに恋する女子高生と聞くとなんかちょっと変な感じがしますが、中身はちゃんと同年代の男の子で、着ぐるみを脱いでも好きですからね! いや着ぐるみ込みで好きですからね!……と言った方がいいのかしら(笑)
    限りなく相手の犬飼くんが色々と不憫なのですが、少しずつ春佳の男性恐怖症も緩和されている気がするので、あたたかく見守りたいです。
    犬飼くん耐えて頑張れ!

    あと何気に一話終わるごとに挟まれる4コマが面白くて好きです(笑)

  • 渕中春佳、高校一年生。彼女が今夢中なもの…それはローカルデパートの屋上にいるクマの着ぐるみ!
    男の人が大の苦手で、可愛いものが大好きな春佳は“彼”にどんどん惹かれて行き…?

    レビュー遅くなったけど、昨年一番面白かったと断言できる作品。
    もう本当に何もかもがツボに入った。絵柄も可愛いし、キャラクターも可愛いし、それでいてギャグのセンスもいいし、本当におすすめ。
    男の人が本当に苦手な春佳がクマさん、もといその中身の犬飼君と初々しくもつき合っていく姿が本当に微笑ましい。
    春佳の為にほとんどクマ被ってるせいで、犬飼君の素顔はほとんど出てこないけど(笑)
    あの犬飼君がクマさんの時は異様にテンション高いから笑える。そんで割といつも冷静な犬飼君が、実は結構春佳にぞっこんな事がまたいい。早く素顔でいちゃつけるようになるといいね…殴られそうだけど。
    同時収録の読み切り作品も好き。ファンタジーも雰囲気出てて好きだけど、See You againが特に好きだなぁ。切ないけど暖かくて。

  • 第1〜4話+読切「砂漠の鎮魂歌」「See you again.」収録。男性が大の苦手である淵中春佳が、いま最も好きなものはデパートの着ぐるみのクマさん。友だちから、きっと中身はおっさんと言われショックを受けていたら、実は若い男性と知り──。
    犬飼くんが不憫(笑)読切からの連載の本作、2話からはお付き合いしている二人。それなのに犬飼くんの出番の半分は頭だけクマwだから素顔が出た時はとびっきり嬉しくなっちゃいます。二人の初々しい関係が可愛い(*^^*)一方、読切2作品とも切ないお話。「砂漠の〜」は『黒LaLa』、「See〜」は『白LaLa』掲載。どちらも良作で、特に「See〜」はよく16頁にまとめることができたな〜と驚かされました。『LaLa』本誌で5話を読み、発売を楽しみにしていた作品。期待以上に面白かったのでとても嬉しかったです。2巻早く読みたい!

  • 可愛い&面白いがミックスされた、読み心地の良いマンガでした。

  • くまさんのクネクネ具合がw いいwww

  • 大好きなクマさん(着ぐるみ)の中身は「40代のおっさん」という友人の言葉にショックを受けた143cmの女子高校生とクマさんのドタバタギャグ漫画です。
    個人的には、所々に出てくるクマさんの、セクシーポーズに笑いが漏れます。

  • 以前に買ったLALAにてこの作品が読みきりであって、とても可愛くて面白かったので気になって買いました^^
    めっちゃ可愛い!!そして面白い!!!!
    主人公ちゃんがとっても可愛いです!
    犬飼君が着ぐるみの頭をかぶりながらポーズするのがすごいうけました(笑)

    読み切り取っても素敵だった!池さんの絵すごく綺麗で可愛いです>∀<

  • 王道と異色の、丁度、真ん中を慎重な足取りで進んでいるような、ラブコメディかな、端的に説明すると・・・
    表紙が割とファンシーでポップな感じなので、購入を迷ってしまうかもしれないが、私は買うのが正解じゃないかな、と思う
    結構、話の造りがしっかりしている、そんな印象を一話目から受けた
    微妙な距離感を保ちつつも、ちょっとずつ、それぞれのペースで相手に近づこう、と健気に頑張っているトコを見ると、読み手としては「頑張れ!!」と素直な気持ちで応援したくなる、ここは王道と言える(だが、いかんせ、主人公(♂)の頭が熊なのを見ると、やっぱり「ん?」と思ってしまうから、異色か?)
    兎にも角にも、これは今後も押さえておくべき少女マンガにしておく、私の中の
    あと、本編のレベルに負けず、読みきり二本の質もやけに高いので、これも楽しみにして買ってもイイ

  • 主人公が男嫌いで、犬飼くんが可哀想だけど、少しずつ二人で前進してるところが良い。
    同時収録の読みきりは2つとも切ない〜。

  • 話と設定とキャラがめちゃめちゃかわいいです。おすすめです。

  • 収録:
    BEAR BEAR 第1話~第4話
    砂漠の鎮魂歌
    See you again.

  • 悪い魔女に魔法をかけられ熊の頭になってしまった犬飼くんを救うために主人公の春佳さんが奮闘する話です。(帯の解説一部改変)



    なかなか可愛くておもしろかった(´ω`)

  • やばい、面白い…wクマの着ぐるみを被った彼氏…新しいwていうか犬飼くんの扱いが酷すぎる^^ 付き合って半年以上経ってもクマの頭被ってるわ、抱き締めれば突き飛ばされ、手が触れればビンタ…付き合うってなんだっけ(^q^)ていうか、これ本当に付き合ってんの?w

  • 中の人が顔出すまでがかなりドキドキして楽しかったんですが、
    出してからは普通の恋愛漫画になっちゃってるな。

  • かわいいお話で大好きv
    まあ、ちょっと春佳ちゃんがイライラしたが、くまがステキ☆

  • “「い 犬飼君と手が繋ぎたい…っ
    犬飼君の事好きなのにまた突き飛ばしちゃうかもしれないし叩いちゃうかもしれないって…
    簡単なことが言えなくてごめんなさい 簡単なことが出来なくて」
    「簡単じゃ ないです 好きだから難しいこともあります
    俺こそ冷静に話を聞かなくてすみません
    春佳さんがそんな風に考えてくれてるなんて…すごく嬉しいです」”

    読切
    「砂漠の鎮魂歌<レクイエム>」
    「See you again.」

    あるサイトでレビュー見て衝動的に。
    春佳ちゃんも犬飼君も可愛い。可愛い!
    1と番打ってあるのが嬉しい。長く続いてほしいな。
    四コマも面白いよ。
    次巻はもっと犬飼君の素顔出るかな。出ようよ。
    それにしても頭だけ着ぐるみだなんて考えれば考える程シュール。

    “『本気で言ってんのか?』
    冷静でいられないのも格好悪いのもじたばたもがくのも
    それだけ好きってことだろう”

  • 男の人が苦手な女の子と熊の着ぐるみを着ている男の子との恋愛模様を描いている本 読んでるとひよ恋を思い出した 読んでて可愛くてほんわかする感じの漫画でした

  • 久々にLaLaで一目惚れ。犬飼君かっこいい。

  • DXは読んでなく、先月号の本誌への出張読切を読まなければ買わなかったであろう作品。
    もう、可愛いすぎ!の一言。背が低くて自分より大きい男の人が苦手な春佳。可愛いもの好きな彼女が好きなのはクマの着ぐるみ。まさかクマの被り物を被るヒーローだとは。
    お互い色んな意味で初めてのことだらけで、じわじわ歩み寄っていくのが可愛らしい!丁寧語ヒーローの不器用っぷりにも破壊力が。何この可愛いカップルは!ニヤニヤしまくり。
    DXは買ってないので、今から続きが楽しみ。

    黒LaLa読切:夜を連れて歌う葬歌手の彼と理想通りの死を望む彼女。好きな世界観。

    白LaLa読切:最後まで読み膝を打った。切ないけれど悲しくない読後感。

  • 12/05/2012 読了。

    祝!池さん初単行本!
    本作は読んでないのですが、
    読み切りを何作か読んでいて、好きな雰囲気だったので、
    嬉しいなぁ・・・。

    くまさんこと犬飼君の素顔のコマはかなり少ないです笑。
    が、その分、出たときの表情がわぁぁって、かわいいです。
    春佳ちゃんもちっちゃくて・・・かわいい。
    そして、言動がツボでした。
    ってか、この2人が和むし、によによです。
    コマ的には、くまの着ぐるみ(顔)と小さい子の
    絵面なので、傍目シュールですが・・・。

    ゆっくりゆっくりな話で、
    白泉社っぽい物語かと思います。
    (私はそれが好きなのですが。)
    長く続いて欲しいですね。

    併録の読み切りも好きなほうだなぁ。

全25件中 1 - 25件を表示

BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする