王子と魔女と姫君と 12 (花とゆめCOMICS)

  • 118人登録
  • 3.24評価
    • (3)
    • (5)
    • (13)
    • (3)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 松月滉
  • 白泉社 (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196266

王子と魔女と姫君と 12 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うおおおおわったあああ、うおおおおおおおおこういうことかあ!!!

  • タイトルで気になって読んでいたお話。
    全然先に進まないキャラクターたちと、描き分けを見つけれない私とで困っておりました。慣れてきたら結構読めるのですが、勢いが必要な作品でどのキャラクター化が途中で分からなくなっていたのが正直な感想です。
    そして、よく考えれば結構設定がしっかりしているのですが、最後の最後でいろんなキャラクターにごめんなさいをしている場面でやっつけのような気がして好きくなかったです。そして黒森とのラブシーンを持ってみていたかったです。というか、恋愛要素が少ないな…と。
    でもまぁ、すっきりした作品で納得がいったので満足です。

  • 元姫達の気持ちに決着をつけ、ついに仁(めぐみ)に想いを告げた昴(すばる)。
    しかし切ない返事を残し、目の前にいた筈の仁の姿が忽然と消え…昴以外、誰もが仁を忘れてしまった。
    それこそが、前世からの「呪い」だった…。
    さかさまフェアリーテイル、最終巻!

  • 【中古】購入してたことを忘れてた。ドナるために慌てて読了。この終わり方がとても好きだ。米子さんの物語に続く感じが。前世話も切なかった。理事長美味しい。

  • うん・・・なんというか
    こうなるだろうと思っていたカップルにはなった。
    主人公カップルがいい性格してたのが良かった。

  • 【借り本】

  • 最終巻。

    キレイに終わった感じですね。

    …続きのお伽話はあるのかな?

  • 赤ずきんちゃんと狼さん?の話も気になるw
    ほんでもってみんな出てくる↑での続編あればいいな~
    ラストでひっくり返すために詰め込んだのか引き延ばしたのかあれだったけどまぁ一応ハッピーエンドということで
    仁の情緒が育って救いがあってこそのラストだろうけどそのあたりすっ飛ばしてあわてて畳んだ感がもったいない

全9件中 1 - 9件を表示

松月滉の作品

王子と魔女と姫君と 12 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

王子と魔女と姫君と 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王子と魔女と姫君と 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王子と魔女と姫君と 12 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

王子と魔女と姫君と 12 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

元姫達の気持ちに決着をつけ、ついに仁(めぐみ)に想いを告げた昴(すばる)。
しかし切ない返事を残し、目の前にいた筈の仁の姿が忽然と消え…昴以外、誰もが仁を忘れてしまった。
それこそが、前世からの「呪い」だった…。
さかさまフェアリーテイル、最終巻! 2014年6月刊。

王子と魔女と姫君と 12 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする